2018.06.18 Monday

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

21_21 DESIGN SIGHTでは2018年6月29日より、企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」を開催します。展覧会ディレクター21_21 DESIGN SIGHTでは2018年6月29日より、企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」を開催します。展覧会ディレクターには、独自の表現により、ウェブ、インターフェース、映像の分野で高く評価されている中村勇吾を迎えます。
私たちが普段なにげなく親しんでいる音楽は、音色や音域、音量、リズムといった様々な要素によって緻密にデザインされた構造物(アーキテクチャ)であると言えます。しかし、日常の中でその成り立ちや構造について特別に意識する機会は少ないのではないでしょうか。
本展では、ミュージシャンの小山田圭吾(Cornelius)が音楽の構造に着目して書き下ろした新曲『AUDIO ARCHITECTURE』を、気鋭の作家たちがそれぞれの視点から解釈し、映像作品を制作します。参加作家は、映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなどの領域を横断しながら、多彩な感性をもって新しい表現に取り組む9組です。
Wonderwall 片山正通が会場構成を担当したダイナミックな空間に、ひとつの楽曲と複数の映像作品を繰り返し再生することで、「音楽建築空間」の構築を試みます。
音楽、映像、空間が一体となった会場で、音楽への新鮮な視点を発見してください。

 

●会期:2018年6月29日(金)〜10月14日(日)10:00〜19:00(入場は18:30まで)、休館日は火曜日

●会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内)

●問合せ:東京都港区赤坂9-7-6
tel: 03-3475-2121

info@2121designsight.jp

●詳細URL:http://www.2121designsight.jp/program/audio_architecture/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.06.17 Sunday

TOTOギャラリー・間 北九州巡回展「トラフ展 インサイド・アウト」

TOTOギャラリー・間は、北九州市にあるTOTOミュージアムにて巡回展を開催します。今回は2016年に反響の高かった、鈴野浩一氏と禿(かむろ) 真哉氏による建築家ユニット、トラフ建築設計事務所の展覧会「トラフ展 インサイド・アウト」です。

 

●会期:2018年8月21日(火)〜12月23日(日)10:00〜17:00、休館日は月曜(入館時間は16:30まで)

●会場:TOTOミュージアム(福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1)

●入場料:無料

●詳細URL:https://jp.toto.com/gallerma/ex180821/index.htm


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.06.16 Saturday

美の巨人たち まるで古代遺跡!?公共建築のイメージを覆した『名護市庁舎』の斬新

2018年6月16日(土) 22:00〜22:30 テレビ東京

 

番組では初めて取り上げる沖縄の建築。“陸のサンゴ礁”と評された驚異の名建築『名護市庁舎』は、独特のフォルムとピンク色のブロックが多用された美しき色彩、役所とは思えぬ佇まいをしています。完成は昭和56年。コンペを勝ち抜いた象設計集団とアトリエ・モビルが「外に向かって沖縄を表明する市民の為の市庁舎」という要求に、沖縄中を歩き回り見つけ出した驚きの美の造形とは?建築家集団が貫いた情熱と企みに迫ります。


デザイナーズ家具のことならばアートチェアへ
http://www.art-chair.com/

 

2018.06.15 Friday

AGC Studio Exhibition No.23 ミラノデザインウィーク2018 帰国展「Soundscape」

AGC旭硝子は、2018年4月に開催された「ミラノデザインウィーク2018」に体験型インスタレーション作品”Soundscape”を出展しました。音( 聴覚)をテーマに、気鋭の日本人建築家、萬代基介氏をクリエーションパートナーに迎え、当社の「音を生む」ガラスによって新しい「音の風景」を提案しました。
本展ではその帰国展として、ミラノでの展示をAGC Studioの環境に合わせ、再構築してご紹介します。透明なガラスが生み出すクリアな音を通して、日常に存在する「音」を、これまでとは違った感覚でお楽しみください。

 

●会期:2018年6月5日(火)〜7月20日(金)10:00〜18:00(日曜・月曜・祝祭日休み)

●会場:AGC Studio(東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館1・2階)

●入場料:無料

●詳細URL:https://www.agcstudio.jp/event/2664


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.06.14 Thursday

戦後モダニズム建築の魅力 和歌山大学松下会館 見学会・講演会

和歌山大学松下会館は、関西の名手と呼ばれた渡辺節晩年の作品で、松下幸之助の寄附により、学生会館として昭和36年(1961)に建設されました。すでに建設から50年を経過し、登録文化財の可能性もある松下会館を見学し、近代建築を研究されている京都工芸繊維大学の笠原先生に松下会館の特徴をご紹介いただき、松下会館の建築的価値を再発見します。講師:笠原一人(京都工芸繊維大学)

 

●日時:2018年7月1日(日)13:40〜16:40

●プログラム:

13:15 見学受付

13:40 開会 松下会館1階ホール

13:45-14:30 建物見学 笠原一人(京都工芸繊維大学)、中西重裕(和歌山県建築士会) 

14:30-14:40 休憩 隣接の県立図書館に移動

14:40-16:10 講演 建築家渡辺節と松下会館の建築 笠原一人

16:10-16:40 意見交換

●受付:歌山大学松下会館1Fホール(和歌山市西高松1丁目7-20)
●講演:和歌山県立図書館2階講義研修室(和歌山市西高松l丁目7-38)

●参加費:無料

●定員:100名(申込不要)

●問合せ:(一社)和歌山県建築士会
TEL:073-423-2562

●詳細URL:http://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/06/evt20180612-4.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.06.13 Wednesday

ユニヴァーサル・プリンシプルズ:環境的課題をリセットするオーストラリア建築の試み

オーストラリアは気候や地質学などの観点から見て、両極端の要素が共存する広大な大陸です。
現代オーストラリアの文化・ライフスタイル、そして斬新なイノベーションを紹介する目玉の企画として、六本木ヒルズ展望台の一角にて、7月7日(土)から8月26日(日)まで、「ユニヴァーサル・プリンシプルズ:環境的課題をリセットするオーストラリア建築の試み」と題した展覧会を開催します。
「建築界のノーベル賞」と呼ばれるプリツカ―賞を受賞した建築家などを含む著名な建築物にまつわる作品も展示されます。建築がこれからの私たちの未来に、国境を越えてどのようにアプローチしていくことができるのか、というテーマについて触れ、考えていただく展覧会です。合計12の建築を、ドローイング、模型、映像で紹介します。
本イベントでは、オーストラリアの南北4千キロ近くにわたる国土で繰り広げられている「建築の旅」を体験できます。コンテクストと自然とに対応し、責任を持った形で、これからの建築がいかに開発されていくべきなのか–この差し迫った課題への答えを探っていく旅でもあります。異なる環境が混在するオーストラリアでは、様々な様式の建築が進化を遂げており、この展覧会では、オーストラリアの最先端の建築にも触れていただくことができます。

 

●会期:2018年7月7日(土)〜8月26日(日)

●会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー3(東京都港区六本木6-10-1)

●詳細URL:https://australianow2018.com/program/universal-principles


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.06.12 Tuesday

塚田眞樹子「ウルグアイのこと 日本のこと -つなぐ建築の旅-」可喜くらし連続講演企画 第4期『ありものいかしの旅』特別編

<可喜くらし>は芸術・建築を中心に、暮らし、地域や場所の記憶を未来に引き継ぐことを目的としたサロン。住いの素形のような空間で無心に喜びや発見を分け合い「可喜(かき)」の輪を繋げる場を目指しています。シリーズ 第4期のテーマは『ありものいかしの旅』。連続企画の特別編として建築家の塚田 眞樹子(つかだ まきこ)氏を講師に迎えます。

 

●日時:2018年7月7日(土)開場13:30〜 講演14:00〜16:00
●会場:可喜庵〈鈴木工務店敷地内〉(東京都町田市能ヶ谷3丁目6-22)

●参加費:一般2,000円 学生500円(ワンドリンク付)

●定員:40名(申込制)

●申込方法:,名前 一般/学生の区別(学生は学校名記入) E日連絡先(携帯・メールなど) 
〜をご記入の上、メールに送信してください。

kakian@suzuki-koumuten.co.jp(担当:畑野)

●詳細URL:https://www.suzuki-koumuten.co.jp/kakian/4503


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM