2019.03.22 Friday

渡辺篤史の建もの探訪「隙間で遊ぶ! アスレチックハウス」東京都世田谷区・長倉邸

2019年3月23日(土) 4:30〜4:55 テレビ朝日

 

吹き抜けや床の段差に手すり代わりにアスレチック用ネットを張った家。3つの箱の間に様々な高さの床が挿入された間取りは、旗竿地にありながら屋外への広がりを感じさせる


デザイナーズ家具のことならばアートチェアへ
http://www.art-chair.com/

 

2019.03.21 Thursday

「木のものづくり探訪 20人の仕事」展

書籍「木のものづくり探訪 関東の木工家20人の仕事」(創元社刊/2017年発⾏)で紹介された木工家11名に加え、北海道、新潟、⻑野、関⻄などの作り手たちを加えた20名の作品を展示します。昨年の展覧会に続き、今年は日本全国から木工作家が集まります。
オリジナリティ溢れる家具作家や、器や小箱などを制作する木工作家、漆を用いた盆や鉢などの作品を⽣み出す木漆工芸家、様々な樹種の材を用いて作品を作り上げる木象嵌作家や寄木細工技能師、木を削り出して独特の感性で表現する木彫家など、20代の若手から60代のベテランまで多彩な作り手が集結。会期中は出展作家による実演やワークショップ、セミナーも開催します。

五⼗嵐 誠(指物〔箱〕)、泉 健太郎(木漆工芸、卵殻貼)、伊藤 洋平(家具)、狐崎 ゆうこ(家具、小箱)
京都炭山朝倉木工(家具)、小島 優(ウィンザーチェア)、坂本 茂(椅⼦)、杉村 徹(器、台、スツール)
傍島 浩美(家具)、田澤 祐介(器、盆、箱)、露木 清⾼(寄木細工)、⼗時 啓悦(木漆工芸)
中澤 亮⼦(家具、彫刻小物)、⻄山 ⼤基(木彫)、野崎 健一(家具)、蓮尾 知⼦(木象嵌)
平井 健太(吉野杉の曲木家具)、福田 亨(⽴体木象嵌)、吉野 崇裕(椅⼦)、+veve(家具、クラフト小物)

 

会期2018年4月25日(木)〜5月20日(月)10:30〜19:00
※水曜日(祝日を除く)休館

連動企画

■ワークショップ
開催日:4/28(日)、29(月・祝)、5/2(木)、5(日・祝)、6(月・祝)、11(土)、12(日)
会場:3F OZONE ウェルカムプラザ、5F セミナールーム
詳細:
https://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/detail/767#workshop

■セミナー

開催日:5/18(土)、19(日)

会場:5F セミナールーム

詳細:https://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/detail/767#semi

■販売会

開催日:4/30(火)、5/1(水・祝)、4(土・祝)10:30〜19:00

会場:3F OZONE ウェルカムプラザ

会場リビングデザインセンターOZONE 3F OZONE ウェルカムプラザ(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー)

入場料無料

問合せリビングデザインセンターOZONE
TEL:03-5322-6500(代)(10:30〜19:00 水曜日休館)

詳細URLhttps://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/760


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.03.20 Wednesday

杉のDIY デザイン展

2019年3月にグラフィック社から出版された書籍『杉でつくる家具』の出版記念イベントとして、戦後黎明期の工業デザイン事務所 KAK デザイングループ(秋岡芳夫 / 河潤之介 / 金子至)が考案した杉のDIY家具と関連資料を展示します。
新刊『杉でつくる家具』、持ち帰り可能な杉のスツールキットなどを5F 暮らしのかたちで販売する他、同フロアの特設会場で杉を使った家具を展示販売します。
また、東京の杉スツールを作るワークショップや、針葉樹の家具デザインに関するトークイベントも開催予定です。
少ない材料や予算で制作するDIY 家具は、作り上げる悦びや愛着、そして暮らしの豊かさをもたらします。日本人に最も⾝近な木材・杉を使って、あなたも家具づくりにトライしてみませんか。

 

会期2019年4月25日(木)〜5月7日(火)10:30〜19:00

会場リビングデザインセンターOZONE 5F 暮らしのかたち、特設会場

入場料無料

問合せ暮らしのかたち
TEL:03-5322-6565(10:30〜19:00 水曜日休館)

詳細URLhttps://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/762


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.03.19 Tuesday

意匠法の改正とデザイン活用セミナー〈大阪〉

今般、意匠法において画像デザイン、空間(不動産の外観、内装)デザイン、複数意匠一括出願等、様々な改正が実施される予定です。この改正は、不動産・建築分野にも与える影響は大きいものとなります。
そこで今回のPBS(パトラビジネスセミナー)第吃瑤蓮現在日本弁理士会意匠委員会委員長を務める弁理士野村慎一が、現行法と比較して、現時点で予定されている意匠法の改正と審査基準改訂について解説致します。
第局瑤蓮元特許庁意匠課長で、現在も多岐にわたりご活躍中の大阪工業大学大学院特任教授山田繁和氏を講師にお迎えし、ビジネスへのデザインの活用や保護について等、企業におけるブランド戦略について、具体例を交えながら分かりやすく解説していただきます。知財関係者はもちろん、デザイナーや製品開発者、事業企画者等の多数のご参加をお待ちしております。

 

日時2019年3月26日(火)14:00〜16:45 受付13:30〜 質疑応答16:30〜

第吃堯悵嫋∨_正及び意匠審査基準改訂に向けて』
講師:特許業務法人藤本パートナーズ 意匠・商標部門 統括パートナー 副所長 弁理士 野村慎一氏

第局堯悒咼献優垢悗離妊競ぅ鵑粒萢僂噺果、デザインの保護と管理』

講師:大阪工業大学 大学院知的財産研究科 特任教授 山田繁和氏

会場IP CITY HOTEL Osaka(旧ハートンホテル南船場)(大阪市中央区南船場2-12-22)

申込方法詳細PDFをダウンロードし、FAXにてお申し込みください。
FAX:06-6271-7910

問合せ株式会社パトラ セミナー担当
TEL:06-6271-2383

●詳細PDF:https://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/evt20190227-6.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.03.18 Monday

クリスト&ガンテンバイン『The Last Act of Design - スイス建築の表現手法』

この度、日瑞建築文化協会(JSAA)とスイス大使館は、スイスの建築家クリスト&ガンテンバインの「The Last Act of Design」展を開催いたします。
スイス国立博物館・バーゼル州立美術館など近年のスイスにおいて重要なプロジェクトを手がけるクリスト&ガンテンバインは、いまやスイスを代表する若手建築家の一組と言えるでしょう。
本展では、クリスト&ガンテンバインが「The Last Act of Design」と呼んでいる建築におけるデザイン行為に着目し、彼らのつくりだす建築が持つ意味の多様性の表出を試みます。建築は竣工後も写真・図面・模型といった様々な媒体で表現され、鑑賞者はそれらの媒体を通じて建築を知覚し、空間を想像します。写真家ステファノ・グラツィアーニの解釈から撮られた写真、配色・線にアレンジを加えたドローイングや3Dプリンタによる模型といった様々な媒体によって、クリスト&ガンテンバインの建築の多様な側面に迫ります。
日本・スイスの建築文化交流のプラットフォームとして2018年に設立した日瑞建築文化協会(JSAA)の最初のイベントとして、クリスト&ガンテンバインの探究の集大成を日本で初公開いたします。

 

展覧会

[東京展]
会期:2019年3月20日(水)〜31日(日)会期中無休
会場:ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラム(東京都渋谷区猿楽町18-8)
開廊:11:00〜19:00(3月20日のみ内覧会開催のため16:00まで)
入場:無料

[京都展]

会期:2019年4月4日(木)- 20日(土)

会場:京都工芸繊維大学 美術工芸資料館(京都市左京区松ヶ崎橋上町)

開廊:10:00〜17:00(入館は16:30まで)

閉廊:日曜入場:一般200円/大学生150円/高校生以下無料

講演会

[東京 講演会1]
「ル・コルビュジエの遺産」
エマニュエル・クリスト レクチャー
編集者・長田年伸氏との対談
*同時通訳つき
日時:2019年3月17日(日)14:00〜15:30
会場:国立西洋美術館 講堂(東京都台東区上野公園7-7)
定員:130名
入場:当日12:00より、館内インフォメーションにて本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。会場へは開演の30分前からご入場いただけます。

[東京 講演会2]

「The Last Act of Design」

エマニュエル・クリスト、クリストフ・ガンテンバイン レクチャー

建築家・長谷川豪氏との対談

*英語のみのレクチャーとなります。

*開演時間が若干変更になる可能性がございます。

日時:2019年3月19日(火) 開場 18:00 開演 18:30〜20:30

会場:建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)

定員:350名

入場:1000円

申込:下記ホームページからお申し込みください。

[京都 講演会]

「The Last Act of Design」

エマニュエル・クリスト、クリストフ・ガンテンバイン レクチャー

日時:2019年3月22日(金)18:00〜20:00

会場:京都工芸繊維大学60周年記念館1階記念ホール(京都市左京区松ヶ崎橋上町)

定員:150名

入場:無料、申込不要

問合せ一般社団法人 日瑞建築文化協会(JSAA)

TEL:03-6277-5756

詳細URLhttp://js-aa.org/event001.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.03.18 Monday

ル・コルビュジエ 絵と家具と

会期2019年3月29日(金)〜5月18日(土)12:00〜19:00(火〜土)

休館日は日曜、月曜、祝日
会場MA2 Gallery(東京都渋谷区恵比寿3-3-8)

詳細URLhttp://www.ma2gallery.com/next.html 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.03.17 Sunday

宮脇檀 手が考える 建築家・宮脇檀のドローイング展 巡回展in京都

本展覧会は、一昨年の夏に東京都内で開催された「宮脇檀・手が考える」ドローイング展の巡回展です。京都展では、新たに、東京藝術大学卒業設計(1959年)とデザイン・サーベイで最初に手がけた倉敷の町並み調査(1966年)の原図を加え、代表的な住宅作品5点を模型にして展示します。宮脇檀の幅広い活動を通して、建築と町づくりに込めたその思いを伝えたいと思います。

 

会期2019年3月18日(月)〜5月11日(土)10:00〜17:00(入館は16:30まで)

休館日は日曜日、祝日、4月28日(日)〜5月6日(月)
会場京都工芸繊維大学美術工芸資料館 2階展示室(京都市左京区松ヶ崎橋上町)

入館料無料

詳細URLhttp://www.museum.kit.ac.jp/20190318m.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM