2017.10.21 Saturday

第2回 think++ human & technology「火星の暮らしから、ぼくらの日常を考える。」

極地とよばれる場所にも、人の営みは確かに存在しています。2030年頃には、最初の人類の代表が火星の地を踏む、そんな現実がやって来ます。「命を預かる」そんな建築の原点が、生身の人間の存在を拒否する場所で試されるのです。
これまでぼくは「地球の三極」とよばれる、南極、北極、エベレストから、地球にある火星まで、極地の暮らしをめぐり、踏査してきました。剥き出しの極地で人間が普段着の営みを続けていくためには、ていねいでしなやかで、ときにしたたかな、暮らしの所作が必要です。ぼくが越冬隊員として暮らした南極の昭和基地では、冒険家のような生き延びるためというよりも、生きている喜びを実感する日常がありました。極地は、ぼくらが日常を生きる為のヒントに溢れています。
そんな極限の環境のもとで浮彫りとなる『人と住まいの係わりかた』の本質を、ご紹介したいと思います。


●日時:2017年11月28日(火)16:00開場 16:30開演 18:50終了

●会場:国立新美術館 3階講堂(東京都港区六本木7-22-2

●定員:250名

●参加費:無料

●申込み:下記応募フォームよりお申し込みください。
https://www.nihonsekkei.co.jp/event/

●問合せ:日本設計コーポレートサイト:https://www.nihonsekkei.co.jp/contact/
日本設計広報室:kouhou@nihonsekkei.co.jp

●詳細URL:https://www.nihonsekkei.co.jp/news/detail_7227/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.21 Saturday

吉岡徳仁 光とガラス

詩的で実験的な独自の表現で、国際的に活動するデザイナー吉岡徳仁。
光の表現に最も近い素材としてガラスに着目し、創作の本質に迫ります。
代表作である「Water Block - ガラスのベンチ」から最新作の「Glass Watch」まで、吉岡徳仁による光の世界をご覧下さい。

 

●会期:2017年11月2日(木)〜11月13日(月)10:00〜19:00(入場は18:30まで)。休館日は火曜日。
●会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3(東京都港区赤坂9-7-6)

●入場料:無料


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.20 Friday

渡辺篤史の建もの探訪「2つの吹き抜けを持つ8坪の家」東京都世田谷区・池田邸

2017年10月21日() 5:00〜5:25 テレビ朝日

 

建坪8坪ながら2つの吹き抜けが奥行きを演出。公園脇の立地を生かす開放的空間とプライバシー重視の閉じた空間が交互に重なる建物。6層のスキップ床が多彩な居場所を提供


デザイナーズ家具のことならばアートチェアへ
http://www.art-chair.com/

 

2017.10.19 Thursday

名作「たためる椅子」の誕生と吉村順三の家具デザイン

本セミナーでは、「たためる椅子」を作り続けてきたデザイナー:丸谷芳正氏を講師に迎え、名作椅子の誕生の背景をはじめ、設計や製作に込めたそれぞれの建築家の思い、椅子から受けた影響などを語ります。「座るほどに馴染んで、その良さを実感する」と多くの人に支持される椅子は、座の後端近くを支点として座の枠を持ち上げ、脚にあたる左右の四角いフレームを内側に交互に折りたたむことで収納を可能にし、座り心地の良さとコンパクトに畳める機能性、美しさを実現しています。設計者として、職人として名作椅子と向き合う姿勢とものづくりの哲学を紐解きます。


●日時:2017年12月8日(金)17:00〜19:00 ※19:15〜交流会

●会場:リビングデザインセンターOZONE 5Fセミナールーム(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー)

●定員:60名

●参加費:4,000円(税込)
※CLUB OZONE[プロ・ユース・法人]会員の方は2,000円(税込)となります。
※事前申込制(先着順)

●問合せ:リビングデザインセンターOZONE
TEL:03-5322-6500(代) 10:30〜19:00/水曜日休館(祝日除く)

●申し込み・詳細URL:https://www.ozone.co.jp/pro/seminar/detail/391


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.18 Wednesday

分離派100年研究会 連続シンポジウム 第3回「メディアと建築家──博覧会と商業主義のただ中で」

分離派建築会はなぜ結成され、なぜメディアに掲載されて「分離派式」と呼ばれるほどに有名になったのか。これまで指摘されてきた自己の創作の称揚、また帝大内の主流「構造派」への対抗ばかりでなく、商業との繋がりを考えられないか。──この見地から、分離派と博覧会、とくに1922年平和記念東京博覧会における分離派メンバーが設計したパヴィリオンとこれまでの博覧会パヴィリオンの比較を行い、また同博覧会に出展された「文化村」住宅、さらには博覧会場を飛び出して都市の享楽の場へ与えた影響を、建築史、美学芸術学、日本美術史などの立場から考察を交わし、分離派建築会が当時ブームとなった原動力を探りたい。


●日時:2017年11月5日(日)13:30〜17:00

●会場:東京大学 本郷キャンパス 工学部1号館15号講義室

●参加費:無料(申込不要)

●詳細URL:http://bunriha.com/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.17 Tuesday

集まれ!けんちく女子WORLD Cafe'「建築女子がきずく未来とは」プレイベント「建築女子がきずく未来に向けて」

(公社)大阪府建築士会女性分科会が活動を始めて30年が経過したのを機に、「建築女子がきずく未来」というテーマで、建築業界にかかわる女性たちに広く声をかけ「ワールド・カフェ」形式のワークショップを10月28日(土)に行います。10月23日(月)は、そのプレイベントとして「建築女子がきずく未来に向けて」と題し、二人の建築女子、建築家の井上久実氏とライティングデザイナーの長町志穂氏によるトークセッションを行います。建築設計と照明デザインというそれぞれの分野から、これまで手掛けられた作品を通して建築に対する思いや未来について、興味深いお話が伺えると期待しています。 


●日時:2017年10月23日(月)14:00〜16:00

●会場:【U-35展本会場内】グランフロント大阪 うめきたシップホール(大阪市北区大深町4-1)

●入場料:無料

●定員:30名

●問い合わせ:公益社団法人 大阪府建築士会 事務局|http://www.aba-osakafu.or.jp/
担当: 山本茂樹(やまもと・しげき) Eメール. shige@aba-osakafu.or.jp

●申し込み・詳細URL:http://u35.aaf.ac/event/form23.htm


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.16 Monday

アジールフロッタン再生展- 浮かぶ避難所 ル・コルビュジエが見た争乱・難民・抵抗 -〈大阪〉

ル・コルビュジエが世界救世軍の依頼により、浮かぶ建築とも言える『アジール・フロッタン』(浮かぶ避難所)を設計したことを知る人は少ない。『アジール・フロッタン』は第 1 次世界大戦の混乱により、パリ市内にいた女性難民の収容を目的として1929年に完成したものである。ル・コルビュジエはコンクリートの箱型の船体だけの状態に柱と屋根・水平窓の増築を行い、近代建築としての理想的内部空間を実現している。そして、今もノートルダム大聖堂から上流1キロのセーヌ川左岸に浮かんでいる。今世紀に入り、老朽化により建築としての機能を失っていたが、2005年からミシェル・カンタル=デュパール氏ら5名の有志によって補修工事が行われ、今秋に日本から寄贈される桟橋が設置され、2018年から再び機能ある建築として蘇る。この再生を期にル・コルビュジエ財団から提供された完成当時の資料や現在の写真・映像などにより、アジール・フロッタンを紹介する。また、来春アジール・フロッタン内部で行なわれる現代日本建築家を紹介する『アジール・フロッタン JAPAN ARCHITECT展』(仮)とも連携している。

 

●会期:2017年10月26日(木)〜11月1日(水)11:00〜18:00
●会場:ASJ UMEDA CELL(大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビル オフィスタワー 24階)

●入場料:無料

●詳細URL:http://asileflottant.net/index.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM