2017.10.21 Saturday

吉岡徳仁 光とガラス

詩的で実験的な独自の表現で、国際的に活動するデザイナー吉岡徳仁。
光の表現に最も近い素材としてガラスに着目し、創作の本質に迫ります。
代表作である「Water Block - ガラスのベンチ」から最新作の「Glass Watch」まで、吉岡徳仁による光の世界をご覧下さい。

 

●会期:2017年11月2日(木)〜11月13日(月)10:00〜19:00(入場は18:30まで)。休館日は火曜日。
●会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3(東京都港区赤坂9-7-6)

●入場料:無料


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.16 Monday

アジールフロッタン再生展- 浮かぶ避難所 ル・コルビュジエが見た争乱・難民・抵抗 -〈大阪〉

ル・コルビュジエが世界救世軍の依頼により、浮かぶ建築とも言える『アジール・フロッタン』(浮かぶ避難所)を設計したことを知る人は少ない。『アジール・フロッタン』は第 1 次世界大戦の混乱により、パリ市内にいた女性難民の収容を目的として1929年に完成したものである。ル・コルビュジエはコンクリートの箱型の船体だけの状態に柱と屋根・水平窓の増築を行い、近代建築としての理想的内部空間を実現している。そして、今もノートルダム大聖堂から上流1キロのセーヌ川左岸に浮かんでいる。今世紀に入り、老朽化により建築としての機能を失っていたが、2005年からミシェル・カンタル=デュパール氏ら5名の有志によって補修工事が行われ、今秋に日本から寄贈される桟橋が設置され、2018年から再び機能ある建築として蘇る。この再生を期にル・コルビュジエ財団から提供された完成当時の資料や現在の写真・映像などにより、アジール・フロッタンを紹介する。また、来春アジール・フロッタン内部で行なわれる現代日本建築家を紹介する『アジール・フロッタン JAPAN ARCHITECT展』(仮)とも連携している。

 

●会期:2017年10月26日(木)〜11月1日(水)11:00〜18:00
●会場:ASJ UMEDA CELL(大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビル オフィスタワー 24階)

●入場料:無料

●詳細URL:http://asileflottant.net/index.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.15 Sunday

CMF TOKYO 2017 – SENSE

日本で唯一のCMF®デザイン展示会「CMF DESIGN EXHIBITION 青フェス」が、本年より名称改め「CMF TOKYO SENSE」として開催いたします。

CMF®とは、Color(色)、Material(素材)、Finish(仕上げ)の頭文字で、様々な製品の“表面材”を構成する3つの要素です。優れたCMF®デザインは、私たちに直感的に「いいな」と思わせる、まさに私たちの心を動かすデザインといえます。本展は、優れた技術とデザインの融合により、ものづくりの可能性を広げる取り組みであり、日本の産業を活性化することを目的としています。

さらに本年は、「RESPONSIVE」というテーマを掲げ、色や質感に対する繊細な違いで大きく感性に反応するCMF®の性質を表現します。日本の素晴らしい産業技術とデザインの力で新たなる感性価値が生まれる場、「CMF TOKYO SENSE」に是非ご来場ください。

 

●会期:10月26日(木)・27日(金)・28日(土) 11:00〜20:00
●会場:LIGHT BOX STUDIO AOYAMA(東京都港区南青山5丁目16-7)

●入場料:無料

●問合せ:CMF TOKYO SENSE 事務局
info@feelgood-c.com

●詳細URL:http://sense-cmf.tokyo/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.13 Friday

クリエイションの未来展 第13回 清水敏男監修 「鈴木基真展 MOD」

「クリエイションの未来展」第13回目となる今回は、美術評論家の清水敏男氏監修のもと現代美術の作品展
「鈴木基真展 MOD」を開催します。

 

●会期:2017年10月12日(木)〜12月24日(日)10:00〜18:00、休館日:水曜日、11月26日(日)
●会場:LIXILギャラリー2(東京都中央区京橋 3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F)

●入場料:無料

●詳細URL:http://www1.lixil.co.jp/gallery/contemporary/detail/d_003863.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.12 Thursday

RED ROOM #2

「RED ROOM」は、二ヶ月に一度、二日間限定で、1929年建造のYCCヨコハマ創造都市センターの石造エントランス部分に「赤い部屋」が現れ、開催されるアート・ラウンジです。「RED ROOM」という名前が表すように、照明やインテリアなどのすべてが「レッド」をテーマに構成され、バーカウンターからは酒類を含むドリンク(有料)も提供されます。「RED ROOM」を形作る照明や赤い部屋そのものは、毎年横浜で開催されているスマートイルミネーションにおける光の作品で知られるアーティスト高橋匡太・川口怜子が制作したアート作品であり、歴史的建築、アート、音楽、パフォーマンスなどが融合したラウンジ・イベントです。

 

●会期:2017年10月31日(火)19:00〜23:00、2017年11月1日(水)19:00〜23:00
●会場:YCC ヨコハマ創造都市センター 1929年石造エントランス(横浜市中区本町6-50-1 YCC ヨコハマ創造都市センター 1F)

●入場料:無料(1ドリンクオーダー制)

●問合せ:YCC ヨコハマ創造都市センター
TEL:045-307-5305

●詳細URL:http://yokohamacc.org/redroom/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.11 Wednesday

建築家のしごと4 岡山の建築家13組による展覧会

モダニズム建築の巨匠・前川國男が設計した天神山文化プラザは、未だ体験する人々を刺激する魅力に満ちています。本展ではこうした天神山文化プラザの建築がもつ特質を岡山で活動する建築家たちが独自の視点で掘り下げ「前川キーワード」として展示。さらにキーワードを取り入れたプロジェクト案の展示を試みることで、前川建築と参加建築家の個性が重なり合った新しい建築の可能性を建築家ならではの空間体験を意識して展示します。

 

●会期:2017年11月1日(水)〜12日(日)9:30〜18:00(11月4日(土)は20:00、最終日は16:00まで)、休館日:11月6日(月)
●会場:天神山文化プラザ 2階第4展示室(岡山県岡山市北区天神町8-54)

●入場料:無料

●問合せ:岡山県天神山文化プラザ
TEL:086-226-5005(月曜休館)

EMAIL:tenplaza@o-bunren.jp

●詳細URL:http://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/10/evt20171003-4.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.07 Saturday

Architects of the Year 2017「越境プロジェクト」展

若手建築家らによる企画展「Architects of the Year 2017」を開催します。2015年からスタートした本展では、「その年の建築家」とも呼ぶべき新進気鋭の若手らが、毎年異なるコミッショナーによって投げかけられたテーマに応え、展示を行います。3回目となる今回は、遠藤秀平が「越境プロジェクト」をテーマに出展者を公募。選ばれた10組の「越境」は、建築界の既存の枠組みを越えようとする挑戦的な試みです。素材や表現、時間や記録方法、コラボレーションのあり方といった各々の視点から、必ずしも建築家の活動領域にはなかった行為によって、建築の可能性を示してくれるでしょう。

 

●会期:2017年10月27日(金)〜11月12日(日)10:00〜16:00/会期中無休
●会場:日本橋の家(大阪市中央区日本橋2丁目5−15)

●入場料:27日〜29日は無料(生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2017 連携期間)
30日以降は 500円(大学生以上)
※建物の入場料であり、展覧会自体は無料です。

●定員:20名程度で随時入場制限します(入れ替え制)

●詳細URL:http://www.adan.or.jp/news/event/1832


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.06 Friday

2017 AGCリノベーション展「+DESIGN」

日常を変えていく新しい価値へ

デザインは限られた人々のものではありません。
あなたがふと、「今」を豊かにする名案を思いついたのならば、
それはもう「デザインしている」のです。

今年のテーマは「+Design」。私たちの毎日にデザインという考え方をトッピン
グすることで、日常の空間をどのようにリノベーションすることができるのか、
AGCと来場者の皆さんで体験し、検証する展覧会です。
人と「人」、人と「価値観」、人と「自然」、そして人と「未来」−−。

素材とデザインの出会いを、ヒト、モノ、コトを有機的につなぐ入口として、
新たなアクションの起点になる場づくりを探っていきます。

 

●会期:2017年10月17日(火)〜12月22日(金)10:00〜18:00。休館日は日曜日、月曜日、祝祭日
●会場:AGC Studio(東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館1・2階)

●入場料:無料

●詳細URL:http://www.agcstudio.jp/2017agc_renovation/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.05 Thursday

紙のかたち展2 ふわふわ、ごろごろ、じわじわ

今回も3組の若手建築家たちが「紙のかたち」をテーマに作品を制作。「ふわふわ」「ごろごろ」「じわじわ」という言葉が浮かぶそれぞれの表現を通して、新しい紙の可能性をどうぞお楽しみください。

 

●会期:2017年10月6日(金)〜12月1日(金)
10:00〜19:00 土日祝休
※10月6日(金)は17:00まで、10月20日(金)は13:00まで、11月24日(金)は17:30まで
※11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)は特別営業いたします
(見本帖本店ショップも営業 11:00〜19:00)
●会場:竹尾見本帖本店(東京都千代田区神田錦町3-18-3)

●詳細URL:https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20171006.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.09.28 Thursday

PIECE OF PEACE−「レゴ®ブロック」で作った世界遺産展 PART-3 −

●会期:2017年10月28日(土)〜11月9日(木)10:00〜20:00(最終入場は閉場の30分前まで / 最終日は16:00閉場)
●会場:▼メイン会場
松坂屋上野店 本館6階 催事場(東京都台東区上野3-29-5)

https://www.pofp.jp/exhibition/exhibition_matuzaka/
▼サテライト会場[11月4日(土)〜(無料)]
PARCO_ya / 2F特設スペース(東京都台東区上野3-24-6 )

http://www.parco.co.jp/parcoya-ueno/pc/

●入場料:大人(中学生以上)600円(500円) 小学生300円(200円) 小学生未満無料
※( )内は大丸松坂屋のクレジットカード等やパルコカードをお持ちの方のご優待料金

●問合せ:松坂屋上野店:TEL 03-3832-1111(代表)
PIECE OF PEACE実行委員会:TEL 03-5652-1330

●詳細URL:https://www.pofp.jp/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM