2019.08.18 Sunday

横山 宏のマシーネンクリーガー展 立体造形でみせる空想世界

八王子市夢美術館では、立体造形やイラストレーションをはじめ多方面で活躍するクリエイター・横山 宏の展覧会「横山 宏のマシーネンクリーガー展 立体造形でみせる空想世界」を開催します。
本展では、代表作「マシーネンクリーガー」を中心に立体作品、イラストレーション、制作過程でのスケッチ、オリジナルの道具などを一堂に集めて紹介し、氏の創作活動の全貌に迫る初の試みです。これまで氏がファンと共に培ってきた空想世界を通じ「つくる楽しさ」を改めて感じて頂ければ幸いです。

 

会期2019年7月13日(土)〜 9月1日(日)開館時間:10:00〜19:00(※入館は閉館の30分前まで/8月2日、8月2日は午後8時まで開館)
休館日:月曜日(※祝日の場合は開館し翌日休館)

会場八王子市夢美術館(東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F)
観覧料一般:700円学生(高校生以上)/65歳以上:350円
※15名以上は団体割引料金(2割引)
※未就学児無料
※会期中は小・中学生無料


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.08.17 Saturday

開館記念特別展「清らかな意匠」― 金沢が育んだ建築家・谷口吉郎の世界 ―

このたび開館する「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」では、建築や都市をテーマとする展示を行い、市民や金沢を訪れる人の建築文化やまちづくりに対する関心に応えます。
その開館を記念する特別展として、金沢が生んだ近代日本を代表する建築家であり、金沢市名誉市民第一号となった谷口吉郎氏の作品を紹介します。

 

会期2019年7月26日(金)〜2020年1月19日(日)開館時間:9:30-17:00 [入館は16:30まで]

休館日は月曜日(月曜日が休日の場合はその直後の平日)年未年始(12月29日から1月3日)
会場谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館 〒921-8033 石川県金沢市寺町5-1-18
観覧料一般300円[250円]、65歳まで以上200円[200円]、高校生以下無料
*[]は20名以上の団体料金
*開館記念特別展は、上記の料金のみで観覧頂けます。
問合せ谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館
Tel:076-247-3031 Fax:076-247-3032
E-Mail:
kenchikukan@kanazawa-museum.jp


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.08.10 Saturday

Duality ふたつの世界 ミラノサローネ出展を終えて

2019年4月に出展した、ミラノデザインウィークでの作品と記録を展示。

 

会期2019年8月21日(水)〜8月27日(火)
各日10:00〜18:30まで(最終日は17時まで)
※日曜日はお休みです

会場オリエ アート・ギャラリー  〒107-0061 東京都 渋谷区東京都港区北青山2丁目9番16号AAビル1階


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.08.07 Wednesday

“KOBE”を語る GHQと神戸のまち

戦前から戦後、そして現在へと続く神戸の暮らしの中で、まだ知られていないことが多いGHQ(General Headquarters=連合国占領軍)占領期。
当時のまちを知り、そこでの暮らしに想像をめぐらせるための記録史料や体験者の記憶を紹介した、神戸スタディーズ#6「”KOBE”を語る GHQと神戸のまち」展示(2018年11月〜2019年1月開催)が、このたび、神戸市立中央図書館に一部巡回展示されることになりました。
第2次世界大戦後、GHQ占領下の神戸がどんな様子だったのか。歴史の事実としては知っていても、具体的な状況を知る機会は少ないのではないでしょうか。
“戦争”というものを考える機会の多い夏、ひとりでも多くの方にご覧いただき、神戸の戦後の歴史について改めて考えるきっかけとしていただければと思います。

 

日時2019年8月14日(水)〜8月31日(土) ※最終日16時まで 月曜休
開館時間:火-土=9:15〜20:00、日=9:15〜18:00

会場神戸市立中央図書館 1階ロビー(神戸市中央区楠町7-2-1)
参加費無料
問合せ神戸市立中央図書館(Tel: 078-371-3351)


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.08.05 Monday

第313回企画展 紙の上の建築展

建築家であるフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー、ル・コルビュジエ、マイケル・グレイヴス、磯崎新、安藤忠雄、六角鬼丈のドローイングや版画を展示します。

 

会期2019年7月26日(金)―8月10日(土) 11:00-19:00 ※日・月・祝日休廊

会場ときの忘れもの  〒113-0021 東京都文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS

問合せときの忘れもの
TEL: 03-6902-9530 FAX: 03-6902-9531

詳細http://www.tokinowasuremono.com/tenrankag/izen/tk1907/313.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.08.04 Sunday

第3回 人と建築展「非日常的住まい」藤原・室 建築設計事務所

会期2019年8月16日(金)、17日(土)、18日(日)10:00〜16:00

会場ギャラリー魚水堂(北区上十条1-9-21)

入場料無料

問い合わせ有限会社 建栄
TEL:03-3576-1571


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.08.01 Thursday

きょうと椅子2019

「きょうと椅子」は、世代や地域の枠組みを越えた木工家が一つ一つ丁寧に製作した様々な椅子に自由に座り、感じることのできる体感型の展覧会です。

第2回目となる今回は、臨済宗建仁寺派の塔頭寺院両足院にて開催致します。

日々の喧騒を離れた静寂の中で、ただただ、そこにある椅子に座り、椅子を楽しむ、庭を楽しむ、時間を楽しむという行為は、心の束縛から自らを解放させるという禅の精神と通ずるのではないでしょうか。

「座ること」を再認識することで、椅子と体、椅子と心、椅子と暮らしの関わりを改めて感じることのできる時間をこの場所で作りたいと思っています。

また、次世代まで使い継げる椅子を、歴史ある文化財の中で皆様に体感して頂くことで、「椅子の文化」のさらなる普及、発展、ひいては、個人個人の日々の暮らしの彩りへと繋がると確信しています。

 

会期10月19日(土)・20(日)・21(月)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)

会場建仁寺塔頭 両足院(京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591)

料金¥400(拝観志納料)

問い合わせきょうと椅子事務局
kyotoisu@gmail.com
TEL:090-4270-2525(田路)


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.07.31 Wednesday

東京ミッドタウン・デザインハブ第81回企画展「ゼミ展2019」

本展では、様々な領域のデザインを教育・研究している教育機関9校の協力の下、各校で実際に行われている課題の内容と学生作品の一部を紹介します。課題や作品を通じ、学校ごとのデザイン教育のアプローチや与えられた課題に対して学生がどのような視点を持ち答えを導いているのかを比較しながら知ることができる、貴重な機会です。学生たち一人ひとりがデザインを学び研究し、その成果がやがて「知」として社会に広く還元、活用されていくそのプロセスの端緒を展示します。

 

会期2019年9月2日(月)〜9月28日(土)11:00〜19:00

会場東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

詳細https://designhub.jp/exhibitions/5239/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.07.30 Tuesday

「ちひろさんの子どもたち」谷川俊太郎×トラフ建築設計事務所

詩人として長年第一線で活躍している谷川俊太郎は、その幅広い詩作のなかで、子どもに向けた詩や、子どもの目線で書いた詩も数多く手がけてきました。谷川俊太郎の詩が、いわさきちひろの絵のなかの子どもたちに、新たないのちを吹き込みます。また、トラフ建築設計事務所が、ちひろが描く夏の子どもの麦わら帽子から発想し、帽子型の「子どものへや」をつくります。ここでは、ちひろと谷川俊太郎の世界を体験できるさまざまな催しも開催します。子どもはもちろん、大人も楽しい展示空間が広がります。

 

会期2019年8月2日(金)〜 10月27日(日)

会場ちひろ美術館・東京(東京都練馬区下石神井4-7-2)

問合せテレホンガイド:03-3995-3001


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.07.29 Monday

クリエイションの未来展 第19回 more than Reason 隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)+森永邦彦(ANREALAGE)展

「クリエイションの未来展」の第19回目となる今回は、「more than Reason 隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)+森永邦彦(ANREALAGE)展」を開催します。意味や解釈、理屈を超えた体験を作ることを目指した展示を行います。
本展覧会は今後も展開予定(会場は未定)の3者のコラボレーションのプロローグ、vol.0という位置づけです。

 

会期2019年7月20日(土)〜9月24日(火)10:00〜18:00
休館日は水曜日、8月10日(土)〜15日(木)、25日(日)

会場LIXILギャラリー(東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F)

入場料無料


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM