2019.04.14 Sunday

ある編集者のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校

編集者にしてウィリアム・モリス研究家の小野二郎(1929-1982)が生涯を通して追い求めたテーマがユートピアの思想でした。弘文堂の編集者を経て、1960年には仲間と晶文社を設立、平野甲賀の装幀による本が出版社の顔となります。一方では明治大学教授として英文学を講じる教育者でもありました。晩年には飛騨高山の高山建築学校でモリスの思想を説き、そこに集った石山修武ら建築家に大きな影響を与えました。W・モリス、晶文社、高山建築学校の3部構成で小野二郎の“ユートピア”を探ります。

 

 会期2019年4月27日(土)〜6月23日(日)10:00〜18:00(入場は17:30まで)

休館日は毎週月曜日
※ただし4月29日(月・祝)から5月6日(月・振替休日)までは開館。翌5月7日(火)は休館。

会場世田谷美術館 1階展示室(世田谷区砧公園1-2)

観覧料一般 1000円/65歳以上 800円/大高生 800円/中小生 500円

詳細URLhttps://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00193  


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.10 Wednesday

大竹伸朗 ビル景 1978ー2019

大竹伸朗は1980年代初めにデビュー以降、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開し、その活動は現代美術の世界だけでなく、文学やデザインなど、幅広いジャンルに影響を与えてきました。その中で、本展では、1970年代から現在までの約40年間にわたり、大竹が制作し続けてきた「ビル景」シリーズに焦点をあてます。
「ビル景」とは、現実の風景をそのまま描いたものではなく、大竹の中に記憶された香港やロンドン、東京といった様々な都市の湿度や、熱、騒音、匂いなどがランダムにミックスされ、「ビル」という形を伴って描き出される仮想の風景です。
今回、多数の未発表作品から最新作まで800点以上を調査し、ビルシリーズ全作品集の発行とあわせて、可能な限り展示することで、「ビル景」シリーズの全貌を明らかにします。
デジタル技術全盛の現代において、一人のアーティストが数十年に渡り、自らの手で絵を描き、作り続けることの意味とは何か。本展を通じて、それを感じていただければ幸いです。

 

 会期2019年4月13日(土)〜 6月16日(日)10:00〜20:00(展覧会入場は19:30まで)、休館日は火曜日(ただし4/30は開館)

会場熊本市現代美術館 ギャラリー機Ν供雰本市中央区上通町2番3号)

観覧料一般 1,000円 、シニア(65歳以上)800円、学生(高校生以上)500円 、中学生以下 無料

詳細URLhttps://www.camk.jp/exhibition/ohtakeshinro/  


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.06 Saturday

宮本隆司 いまだ見えざるところ

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は、建築空間を題材にした都市の変容、崩壊の光景を独自の視点で撮影した〈建築の黙示録〉〈九龍城砦〉作品によって広く知られる存在となりました。近年は、両親の故郷である奄美群島・徳之島でアートプロジェクトを企画、運営するなど、その活動は新たな展開を見せています。本展覧会では初期の作品から、アジアの辺境や都市を旅して撮影した写真や、徳之島で取り組んだピンホール作品を展示します。確かにそこで見たはずなのに、どこまで見えているのかわからない、そんな、いまだ見えざる人とその場所について宮本隆司が展観いたします。

 

会期2019年5月14日(火)〜7月15日(月・祝)、休館日は毎週月曜日(ただし、7月15日(月・祝)は開館)

会場東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

料金一般 700円/学生 600円/中高生・65歳以上 500円

詳細URLhttp://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3408.html 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.04 Thursday

清春芸術村ゲストハウス「和心」落成記念展──『杉本博司』

この春、清春芸術村に新たな建築作品が加わります。「和心」と命名されたゲストハウスの建築設計は、新素材研究所/杉本博司+榊田倫之が手がけました。その落成を記念いたしまして、杉本博司展を特別開催いたします。
本展覧会では、今迄見る機会の少なかった版画作品「陰翳礼讃」や「松林図」、版画を掛け軸に仕立てた「華厳の滝」「海景」などを一堂に展示いたします。人工照明を排した安藤忠雄設計による光の美術館にて、春の光が柔らかに射し込むなか、杉本博司の作品をご覧いただけます。

 

会期2019年4月6日(土)〜6月30日(日)10:00〜17:00(入館は16:30まで)、休館日は月曜日(祝日の場合は翌平日休み)

会場清春芸術村 光の美術館(山梨県北杜市長坂町中丸2072)

入場料一般 1500円、大高生 1000円、小中学生 入場無料

詳細URLhttp://www.kiyoharu-art.com/?p=770 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.03 Wednesday

「うつろひ、たゆたひといとなみ」 湊 茉莉展

銀座メゾンエルメス フォーラムは、パリを拠点に制作するアーティスト、湊 茉莉の日本における初の個展を開催いたします。鮮やかな色彩を用いた抽象的なモチーフを建築物に直接描くスタイルの作品を手がけてきた湊は、2006年の渡仏以降、主にフランスを中心に個展やグループ展にて作品を発表してきました。また近年は、ネッケル小児病院(2014年、パリ)やパリ国際大学都市のカフェテリア(2018年)などに常設の壁画も手がけています。
展覧会『うつろひ、たゆたひといとなみ』は、「うつろいゆく世界と人々の営み」を意味するタイトルで、通常のギャラリー展示に加え、メゾンエルメスのガラスブロックのファサードにも絵画を描き、建物の内外で変化する時間や光の流れを描き出す初めての試みとなります。

 

会期2019年3月28日(木)〜6月23日(日)

月〜土 11:00〜20:00(最終入場19:30)
日 11:00〜19:00(最終入場18:30)4月12日(金)休館

会場銀座メゾンエルメス フォーラム(東京都中央区銀座5‐4‐1 8階)

入場料:無料

詳細URLhttp://www.maisonhermes.jp/ginza/le-forum/archives/904356/ 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.01 Monday

Flab展 388のプロジェクトを通して見る

1994年から始まる古谷誠章研究室の25年間、388プロジェクトをアーカイブし再編集した展覧会「Flab展 388のプロジェクトを通して見る」を開催します。
本展では古谷誠章研究室の25年間のこれまでの歩みに加え、388プロジェクトを10ジャンル、19のつながりを見出すことで本研究室の活動を整理しています。また会期中に4回のトークイベントを、古谷教授、歴代助手、OBOG、早稲田で研究室をもち建築家でもある先生と開催することで、古谷研究室の25年間の歩みとこれからをこの展覧会を通して見ていきたいと思います。ぜひ皆さんのご来場をお待ちしております。

 

会期2019年3月16日(土)〜2019年4月20日(土)10:00〜18:00(月〜金)、12:00〜18:00(土祝日)、日曜休館

会場Gallery TEN(東京都港区 新橋2丁目20−15 新橋駅前ビル1号館8階)

詳細URLhttp://www.furuya.arch.waseda.ac.jp/2019/03/11/flab-ten-388pj/ 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.03.30 Saturday

第2回「こども環境サミット」

今回は「こどもの未来のために、この国だからできること。」をテーマに、世界的に活躍をされているデザイナー・建築家・教育者の方々などさまざまな分野の専門家を迎え、12講演のセミナー・トークショーを開催いたします。
また、こども環境づくりに100年以上向き合ってきた当社の、最新の教具・遊具・保育用品・設計実績などを展示し、ご覧いただきます。子どもたちの未来を拓くために、子どもに関わるすべてのことを考えてみませんか。

 

会期2019年5月15日(水)〜5月17日(金)3日間 10:00〜19:00

5月15日(水)
11:00-12:00「心地よさのデザイン 見て、使って気持ちいいプロダクトの魅力」
橋田 規子(プロダクトデザイナー/芝浦工業大学 教授)
13:00-14:30「教育に科学的根拠を」※要予約/定員制/有料セミナー
中室 牧子(教育経済学者/慶應義塾大学 総合政策学部 准教授)
15:30-16:30「体力や運動能力を伸ばすには」
前橋 明(早稲田大学 人間科学学術院 教授/医学博士)
17:00-18:00「子どもの傷害予防に取り組む」
山中 龍宏(特定非営利活動法人 Safe Kids Japan理事長/緑園こどもクリニック 院長)
5月16日(木)
11:00-12:00「子どもの味覚を育て、からだをつくるメニュー 一生続けられる食事、マクロビオテック」
西邨 マユミ(マクロビオティック・ヘルス・コーチ/パーソナル・シェフ/日本パーソナルシェフ協会 顧問/一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ) アドバイザー )
13:00-14:30「YUUGUのデザイン」※要予約/定員制/有料セミナー
深澤 直人(プロダクトデザイナー/多摩美術大学 教授)
15:30-16:30「よりよい日本文化をこどもたちへ このまちには便利なものは無いが、豊かなものはある」
松場 大吉(石見銀山生活文化研究所 会長)
松場 登美(石見銀山生活文化研究所 所長)
17:00-18:00「子どもの傷害予防に取り組む」
山中 龍宏(特定非営利活動法人 Safe Kids Japan理事長/緑園こどもクリニック 院長)
5月17日(金)11:00-12:00
「リファイニング建築、再生建築 歴史ある『蔵』で過ごす幼稚園」
青木 茂(建築家/株式会社青木茂建築工房 代表取締役/大連理工大学 客員教授/椙山女学園大学 客員教授/日本文理大学 客員教授)
脇 幸典(学校法人脇学園 認定こども園 松崎幼稚園 園長)
13:00-14:30「子どもの可能性を引き出す あそび空間のデザインとは」※要予約/定員制/有料セミナー
佐藤 卓(グラフィックデザイナー)
15:30-16:30「アートで繋ぐ歴史、太宰府天満宮の取組み 参拝客1000万人の秘密」
西高辻 信宏(太宰府天満宮 権宮司)
17:00-18:00「地域で育む子どものあそび力 夢中になれるあそびの空間づくり」
呉屋 彦四郎(建築家/株式会社アトリエ9建築研究所 代表取締役)

会場大田区産業プラザPiO (東京都大田区南蒲田1丁目20-20)

参加費入場については無料です。(事前申し込み制)
トークショーにつきましては、無料でご参加いただけます。(事前申し込み制)
セミナーにつきましては、有料(参加費:一般¥5,000税込、学生¥1,000税込)となります。
申込方法イベント会場への入場及び、セミナー・トークショーのご参加にはお申込が必要です。問合せこども環境サミット事務局(株式会社ジャクエツ環境事業 内)
TEL:03-3445-3755 FAX:03-3445-3766 E-mail:
summit@jakuetsu.co.jp

参加をご希望の方は下記ホームページからお申込みください。

詳細URLhttps://www.jakuets.co.jp/summit2019/ 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.03.27 Wednesday

新宿プリンスホテル+G アートのある「間」。

新宿・歌舞伎町。東洋一の歓楽街は、小説家・画家・映画監督・音楽家等々多くの芸術家のリトリートとして次代の文化を醸成してきました。その場所を背景にスタートした『アートのある「間」。』は当ホテルに訪れた方々を「現代アート」でお出迎えし、思いがけない驚きや感動と共に、いつまでも記憶に残る場となることを目指します。新宿プリンスホテルは新たなクリエイティブを受容し育む歌舞伎町の伝統と文化を継承し、日本の「今」の感性をここから発信してまいります。

 

会期2019年3月1日(金)〜2021年2月28日(日)

‖莪豌 佐藤好彦氏 作品 2019年3月1日(金)〜2019年9月1日(日)
第二回 保井智貴氏 作品 2019年9月2日(月)〜2020年3月31日(火)予定
B荵芦 中村哲也氏 作品 2020年4月1日(水)〜2020年8月31日(月)予定
ぢ荵猷 東恩納裕一氏 作品 2020年9月1日(火)〜2021年2月28日(日)予定

会場新宿プリンスホテル ロビー(東京都新宿区歌舞伎町1-30-1 B1)

詳細URLhttps://www.princehotels.co.jp/shinjuku/informations/artnoaruma/ 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.03.26 Tuesday

GA gallery 世界の住宅プロジェクト展 GA HOUSES PROJECT 2019

毎年恒例、世界の住宅デザインの潮流を探る展覧会。
新進の若手から最前線のベテランまで、国内外の建築家50組(国内:24組、海外:26組)による、現在進行中の住宅プロジェクトを、模型と図面、映像でご紹介します。

 

会期2019年3月23日(土)〜6月2日(日)12:00〜18:30(会期中無休)

会場GA gallery(東京都渋谷区千駄ヶ谷3-12-14)
入場料600円(前売券、団体10名以上500円)
問合せGA gallery
TEL 03-3403-1581 EMAIL
info@ga-ada.co.jp

詳細URLhttps://www.ga-ada.co.jp/japanese/ga_gallery/2019/1903-06_GAH2019/gallery_gah2019.html 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.03.21 Thursday

「木のものづくり探訪 20人の仕事」展

書籍「木のものづくり探訪 関東の木工家20人の仕事」(創元社刊/2017年発⾏)で紹介された木工家11名に加え、北海道、新潟、⻑野、関⻄などの作り手たちを加えた20名の作品を展示します。昨年の展覧会に続き、今年は日本全国から木工作家が集まります。
オリジナリティ溢れる家具作家や、器や小箱などを制作する木工作家、漆を用いた盆や鉢などの作品を⽣み出す木漆工芸家、様々な樹種の材を用いて作品を作り上げる木象嵌作家や寄木細工技能師、木を削り出して独特の感性で表現する木彫家など、20代の若手から60代のベテランまで多彩な作り手が集結。会期中は出展作家による実演やワークショップ、セミナーも開催します。

五⼗嵐 誠(指物〔箱〕)、泉 健太郎(木漆工芸、卵殻貼)、伊藤 洋平(家具)、狐崎 ゆうこ(家具、小箱)
京都炭山朝倉木工(家具)、小島 優(ウィンザーチェア)、坂本 茂(椅⼦)、杉村 徹(器、台、スツール)
傍島 浩美(家具)、田澤 祐介(器、盆、箱)、露木 清⾼(寄木細工)、⼗時 啓悦(木漆工芸)
中澤 亮⼦(家具、彫刻小物)、⻄山 ⼤基(木彫)、野崎 健一(家具)、蓮尾 知⼦(木象嵌)
平井 健太(吉野杉の曲木家具)、福田 亨(⽴体木象嵌)、吉野 崇裕(椅⼦)、+veve(家具、クラフト小物)

 

会期2018年4月25日(木)〜5月20日(月)10:30〜19:00
※水曜日(祝日を除く)休館

連動企画

■ワークショップ
開催日:4/28(日)、29(月・祝)、5/2(木)、5(日・祝)、6(月・祝)、11(土)、12(日)
会場:3F OZONE ウェルカムプラザ、5F セミナールーム
詳細:
https://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/detail/767#workshop

■セミナー

開催日:5/18(土)、19(日)

会場:5F セミナールーム

詳細:https://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/detail/767#semi

■販売会

開催日:4/30(火)、5/1(水・祝)、4(土・祝)10:30〜19:00

会場:3F OZONE ウェルカムプラザ

会場リビングデザインセンターOZONE 3F OZONE ウェルカムプラザ(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー)

入場料無料

問合せリビングデザインセンターOZONE
TEL:03-5322-6500(代)(10:30〜19:00 水曜日休館)

詳細URLhttps://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/760


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM