2018.02.15 Thursday

Mathias pfeiffer "Mysterious White Light"

Mathias Pfeiffer氏作品の展示会を開催致します。ぜひご来場ください。

 

●開催日時:2018年2月16日(金)〜2月25日(日)12:00〜19:00
●開催場所:新建築社 青山ハウス(東京都港区南青山2-9-14)
TEL:03-6455-5596

●詳細URL:http://www.japan-architect.co.jp/jp/information/2018-02-25-18-59.php


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.02.13 Tuesday

BRIDGE−大野美代子の人と人、街と町を繋ぐデザイン−

プロダクトデザイナーであり、世界的に評価された橋の環境デザイナーである大野美代子。数々の経験を経て日本でデザイン事務所を立ち上げたのち、日本の暮らしや食生活に適したダイニングテーブルや椅子を発表し、世界で注目される存在となりました。
また、橋という巨大な土木構造物に挑戦するデザイナーが珍しい時代の中で、公共空間も生活環境の一部であると考え、高齢者や子ども、妊婦にも優しい空間を提案しました。美しい橋を架けて、人と人、街と町を繋ぎ、新しい交流を生み出してきた彼女の仕事は、デザインが重要視されてこなかった土木の世界に風穴を開け、ヒューマナイズさせることへの挑戦でもありました。女性デザイナーの心意気が切り拓いた道を、若い世代への架け橋として紹介します。

 

●日時:2018年3月9日(金)〜2018年4月25日(水)10:00〜18:00(最終日は17:00まで)、休館日は日曜・祝日
●会場:GALLERY A4(東京都江東区新砂1-1-1)

●入場料:無料

●問合せ:ギャラリーエークワッド事務局
TEL:03-6660-6011 E-mail:
gallery@a-quad.jp

●詳細URL:http://www.a-quad.jp/exhibition/exhibition.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.02.08 Thursday

for Good 津山展 Tsuyama.area × icon

岡山県は「檜(ヒノキ)の生産量日本一」として知られるように全国有数の木材産地です。なかでも県北部に位置する津山地域は西日本有数の木材集積・加工地として発展してきました。また、城下町としての歴史的背景が木工技術の発展と継承を推進し、現代に優れた「匠」を生み出しています。
本展は木工の「匠」が生み出した家具・木工製品を一堂に集めて紹介し、来場者は製品に触れながら作り手(*)との会話を楽しめる双方向の展覧会です。作り手と使い手が対話を通して自分だけの家具づくりや独創的なコラボレーションのきっかけとなるような企画です。(*)…出展者(作り手)の都合により、一部不在の場合があります。
また、日本インテリアコーディネーター協会による「テーマ展示」では、津山の製品を使い、インテリアのプロフェッショナルがコーディネートした創造的な住空間を体感できるように展開します。
※展示内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

●会期:2018年2月8日(木)〜2月10日(土)10:00〜19:00 ※2月10日(土)は17:00まで

※会期中無休
●会場:リビングデザインセンターOZONE 1F ギャラリー3( 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー)

●入場料:無料

●問合せ:リビングデザインセンターOZONE
TEL:03-5322-6500(代)(10:30〜19:00 水曜日休館)

●詳細URL:https://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/434


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.02.07 Wednesday

写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」を開催します。
展覧会ディレクターには、数々の著書や展覧会の企画で知られる写真評論家で美術史家の伊藤俊治を迎えます。
本展では、クラインの都市ヴィジョンとともに、斬新な眼差しで21世紀の都市と人間を見つめ、従来の写真のフレームを大きく飛び越えようとする日本やアジアの写真家たちを紹介します。22世紀をも見据えた未来の写真都市の鼓動を描きだす、ヴィジュアル・コミュニケーションの新しい冒険をご覧ください。

 

●日時:2018年2月23日(金)〜6月10日(日)10:00〜19:00(入場は18:30まで)

休館日は火曜日(5月1日は開館)
●会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1、2(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内)

●入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生 500円、中学生以下無料

●問合せ:21_21 DESIGN SIGHT
tel: 03-3475-2121

info@2121designsight.jp

●詳細URL:http://www.2121designsight.jp/program/new_planet_photo_city/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.02.05 Monday

2017年度 法政大学大学院・修士設計・大江宏賞公開講評審査会

今年も3月に「大江宏賞公開講評審査会」を開催いたします。
修士設計優秀作品を選考し、大江宏賞を授与する公開審査会となります。
大江宏設計の旧62年館を改修した市ヶ谷田町校舎にて開催いたします。
広く学生・社会人のみなさまにお越しいただければ幸いです。

 

(関連書籍)

 

●日時:2018年3月17日(土)13:30〜18:00
●会場:法政大学 市ヶ谷田町校舎 5階マルチメディアホール(東京都新宿区市谷田町2-33)

●入場料:無料

●問合せ:法政大学デザイン工学部建築学科 教育技術員室
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-33
tel:03-5228-1293(教育技術員室 大江宏賞担当)

●詳細URL:http://www.design.hosei.ac.jp/archi/?p=1173


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.01.30 Tuesday

ゲンビ「広島ブランド」デザイン公募2017展 審査結果・展覧会

「ゲンビ「広島ブランド』デザイン公募2017」は広島にまつわるデザイン案を募集し、広島の暮らしをデザインの観点から改めて問い直すプログラムです。全国から集まった多数の応募プランより、特別審査員3名(デザインジャーナリスト・川上典李子氏、建築家 / 建築史家・藤森照信氏、デザイナー・皆川明氏)と広島市現代美術館によって選ばれた入選9作品を公開します。

 

●会期:2018年2月17日(土)〜3月4日(日)

*開館は月曜日

●会場:広島市現代美術館 地下1階ミュージアムスタジオ(広島県広島市南区比治山公園1-1)

●入場料:無料

●関連イベント:【授賞式】

日時:2018年2月17日(土)14:00〜
会場:当館1階エントランスホール

【スペシャルトーク】
コメンテーター:川上典李子
日時:2018年2月17日(土)15:00〜 
会場:当館地下1階ホワイエ

【観客賞に投票しよう!】
投票期間:2018年2月17日(土)〜25日(日)

●問合せ:広島市現代美術館
Tel:082-264-1121
Fax:082-264-1198
E-mail:
hcmca@hcmca.cf.city.hiroshima.jp

●詳細URL:https://www.hiroshima-moca.jp/h-brand/exhibition.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.01.25 Thursday

セルゲイ・チョーバン 建築ドローイング展「凍てついた音楽の夢」

セルゲイ・チョーバン氏は建築家、ドローイングアーティスト、美術コレクターそしてドイツ・ベルリンの建築ドローイング美術館創設者でもあります。1962年旧ソビエト連邦レニングラードに生まれ、連邦下で教育を受けましたが連邦崩壊直後の1991年ドイツにわたり、ドイツ国籍を取得します。そして今日、ハンブルグ、ベルリンそしてドレスデンにチョーバン・フォス建築事務所を構えるに至ります。またロシア語、英語のバイリンガル建築雑誌「speech」の創刊者でもあり、複数回にわたりヴェネチアビエンナーレ国際建築展ロシア館でのキュレータを務めています。今回の東京アートミュージアムでのプロジェクト「凍てついた音楽の夢」は、チョーバン氏の最新作建築ドローイングを含めた、およそ30点を公開する日本初の展覧会となります。これらの作品群はプランニングのための「古典的」な建築設計図面ではなく、自由な発想に基づいた「建築的ファンタジー」ドローイングとなります。

 

●会期:2018年4月7日(土)〜6月24日(日)11:00〜18:30(入館は18:00まで)

*開館は木・金・土・日曜日

●会場:東京アートミュージアム(東京都調布市仙川町1-25-1)

●入場料:一般500円 大学生400円 高校生400円 小中学生300円

●詳細URL:http://thedrawinghub.org/press-download


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.01.22 Monday

WOODコレクション モクコレ2018

東京をはじめ、日本各地の地域材を活用した建材や家具などの製品展示会を開催します。 東京での木材利用の拡大を目指し、高い技術を駆使した魅力的な木材製品を多数揃え、 皆様のご来場をお待ちしております。

 

●会期:2018年1月30日(火)10:00〜17:30、2018年1月31日(水)10:00〜16:30

●会場:東京ビッグサイト東7・8ホール(東京都江東区有明3-10-31)

●入場料:WOODコレクション(モクコレ)事務局 
●問合せ:
mokucolle2018@tohgashi.co.jp

●参加方法:下記ホームページの申し込みフォームよりお申し込みください。

●詳細URL:https://mokucolle.com/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.01.15 Monday

HYPER-CONCRETENESS―フィクションと生活

●会期:2018年3月9日(金)〜3月30日(金)12:00〜18:00

※会期中は無休

●会場:足立区柳原2−20−17

●入場料:500円(高校生以下は無料)

●詳細URL:https://hyperconcreteness.tumblr.com/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.01.09 Tuesday

Try It.TRANSPARENCY

昨年10月から11月に開催させていただきご好評いただいたプレゼンテーション「Presentation for The‘Professional’」。今回はその延長企画としてTRANSPARENCYの家具をより深く知っていただく為の体感型イベント「Try It.TRANSPARENCY」を開催致します。アクリル素材に関する説明の他、実際に座ったり触ったりしていただきながら、それぞれの商品の製造過程や特徴をご説明致します。なお、当日は数多くの空間プロデュースを手がけるスペースデコレーター・株式会社アンドロップ 代表取締役 澤 曙憙誕 氏も来場予定。

 

●会期:2018年1月30日(火)18:00〜19:00

●会場:TRANSPARENCY and more ショールーム(東京都中央区京橋3-14-6斎藤ビルヂング1F)

●申込み:下記のPDFをダウンロードし、必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
▼申込先
メール:
info@trans-parency.jp
FAX:03­‐6263‐0534

●詳細URL:http://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/evt20180105-1.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM