2019.06.23 Sunday

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来 – 大きな都市ビジョンと小さなボトムアップのアクションをつなぐ技術と思想

アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が蓄積されている。その内容は多様で、ボトムアップによる合意形成の方法も市民参加本家アメリカをしのぐほど洗練されてきた。一方、これらのアドホックな「まちづくり」の運動を束ね、これらを大きな都市ビジョンと接続することで、都市に変化をもたらす可能性は十分に議論がされてきただろうか? もし、雲の様に広がる様々なアクションの統合体による都市ビジョンを描くことができるのであれば、旧来のアーバンデザインが描いてきた時計仕掛けのような都市のビジョンに変化をもたらすことができるのだろうか?
本シンポジウムでは、小さなアクションと大きな都市のビジョンを接続するための思想・アーバニズムとこれを支えるアーバンデザインの技術について、「ランドスケープ」「インクルージョン」「情報」3つの視点から議論を行い、今後のアーバンデザインが果たす役割を考えていきたい。

 

日時2019年7月21日(日)9:30開場 10:00開始 18:00終了予定

会場早稲田大学国際会議場・井深大記念ホール(東京都新宿区西早稲田1-20-14)
参加費一般 ¥2,000 / 早稲田都市計画フォーラム会員 無料 / 学生 無料
申込方法下記ホームページの申込フォームからお申し込みください。
問合せ早稲田まちづくりシンポジウム2019実行委員会
Mail:
waseda.toshiforum@gmail.com
電話:03-5286-3289


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.06.22 Saturday

倉方俊輔「建築の楽しみ方 — 見えてくる地域・時代・人間」

6/30は7.1建築士の日イベントです!
今年は「徳島の近代建築を見てみよう!」です。
鳴門には19棟の増田友也建築群、徳島市には西山夘三のあわぎんホールと、実は徳島って近代建築の宝庫なんです!
なると会場、とくしま会場の2会場同日開催で、それぞれの会場では近代建築ギャラリー、それぞれ4か所(全8か所)の建築見学ウォークラリーを開催。そして見学コース建築のどこかに隠れたキーワードを見つけ、4つのマス目を埋めるとある言葉に!?
正解者には景品を用意していますので、ぜひチャレンジを!
夕方4時からは、建築史家の倉方俊輔氏の講演会「建築の楽しみ方−見えてくる地域・時代・人間」建築史の視点から徳島の建築を見る。そこから見えてくる地域・時代・人間とは?そして地域の建築士は?なお話をしてもらいます。

 

日時2019年6月30日(日)16:00〜17:30

会場とくしま会場:あわぎんホール2階特別展示室(徳島県徳島市藍場町2丁目14番地)
問合せ(公社)徳島県建築士会事務局
TEL:088-653-7570


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.06.18 Tuesday

シンポジウム「環境建築設計論」

環境建築は進展を続けている。自然換気に特化した建物、日射遮蔽に特化した建物、・・・など単独効果が顕著なものもある。一方で、多くの環境因子を複合的に絡めたZEBを目指す建物も増加している。そこでは環境効果の交互作用が有意となり、施主、意匠、構造、設備担当者が統合的にコラボレーションすることが重要となる。
今回のシンポジウムは、まずは意匠設計の立場から、設備設計の立場から、環境研究の立場から環境建築をどのようにとらえることが大切なのか講演をいただき、特徴のある環境建築の紹介、日本を代表する環境建築3件を抽出してそれぞれの具体的な設計のコラボレーションを紹介いただく。最後にパネルディスカッションにて本シンポジウムをまとめる。
環境建築にご興味のある方は是非ともご出席下さい。皆様とともに環境建築を深く思考したく思う。なお、「見る使う学ぶ」シリーズの「環境建築設計論」(日本建築学会編/技報堂出版刊)は本シンポジウムの参考図書として聴講に役立ちます。

 

日時2019年7月2日(火)13:00〜17:00

会場建築会館 ホール(東京都港区芝5-26-20)
定員150名(申し込み先着順)
参加費会員2,000 円、会員外3,000 円、学生500 円(資料代含む、当日会場でお支払いください)
申込方法▼Web申し込みページよりお申し込みください。
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=616578
問合せ日本建築学会事務局 事業グループ 伊佐野
TEL 03-3456-2057 E-mail︓isano@aij.or.jp


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.06.17 Monday

出江潤「ワタシの暮らし・近作」

日本建築家協会の和歌山地域会(JIA和歌山)では、注目の建築家による講演会「デザイントーク」を不定期で開催しています。今回は、大阪を拠点に活動され、昨年関西建築家新人賞を受賞された建築家・出江潤さんをお招きしました。
会場となる本屋プラグは「ふらっと立ち寄るたのしみのある、まちの本屋」で、堅苦しくない双方向性の講演会を目指しています。多くの皆さんのご来場をお待ちしています。

 

日時2019年6月28日(金)18:00〜20:00

会場本屋プラグ(和歌山市万町4 ニューリチャードビル南1F)
定員30名程度
参加費500円(JIA会員無料)
参加対象どなたでも
CPD2単位を予定
申込方法和歌山地域会事務局宛に電話、faxまたはメールにてご連絡ください。
申込先・問合せJIA和歌山地域会
tel・fax:073-432-1558
mail:
jia.wakayama@iris.eonet.ne.jp


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.06.14 Friday

アートと工芸が息づく伝統建築の再生〜キュレーションホテルの創り方〜『キュレーションホテルが拓く伝統の未来』刊行記念

英国に23年在住し、インテリアデザイナーとして数々の伝統建築修復プロジェクトを手がけた澤山乃莉子氏による初の単行本『キュレーションホテルが拓く伝統の未来』刊行を記念したトーク&サイン会です。
同書には、日本全国で負の遺産として解体される伝統建築は数知れず、現代では手に入れることができない美しい建築意匠にあふれ、職人によって作られた価値ある建築物は一度壊してしまったらもう二度と再生はできないだろうと著されています。
また澤山氏は、キュレーションホテルは伝統建築を守るプロジェクトであり、再生された伝統建築の中で美の体験を提供する場となり、アートや伝統工芸品の流通の器となり、サステイナブルデザインの啓蒙の舞台となり、それはやがて日本各地で、地域発のアートと工芸を観光に活かす「アーツ&クラフツツーリズム」の核となるだろう、とも述べられています。
熱海に完成した日本初のキュレーションホテルを例に、日本の伝統工芸やアートの需要が拡大する仕掛けや未来の住文化への提案、そしてインバウンド体験が飛躍的に豊かになるヒントなど、伝統建築の再生に潜在する可能性を語ります。

 

日時2019年6月28日(金)19:00〜20:30

会場BOOK EVENT SPACE(東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F)
定員60名
参加条件銀座 蔦屋書店オンラインショップにて、下記の対象商品をご購入いただいた方にご参加いただけます。
イベント参加券:1,500円/税込
イベント参加対象書籍『キュレーションホテルが拓く伝統の未来』(丸善出版):3,780円/税込
申込方法下記ホームページのオンラインショップよりお申し込みください。
オンラインショップでの受付は2019年6月27日(木)午前9時の受注分までとさせていただきます。
問合せ銀座 蔦屋書店
TEL:03-3575-7755


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.06.11 Tuesday

大西麻貴氏/o+h「それぞれに居心地の良い場所を」

2018年度JIA新人賞を受賞された大西麻貴さんに、受賞作のGood Job!Center KASHIBAや、二重螺旋の家、多賀結いの森等の作品を通して設計プロセスや発想の原点など設計に関わるお話をしていただきます。

 

日時2019年6月17日(月)19:00〜21:00

18:30〜 受付開始
19:00〜20:30 講演ならびに質疑応答
20:30〜21:00 会場にて懇親会

会場建築家会館 JIA館1F 建築家クラブ(東京都渋谷区神宮前2-3-18)
参加対象者建築専門外でも、どなたでも参加できます。
参加費一般1,500円(飲食代含む)・学生無料
定員100名程度(会場の関係で椅子席は80席になります)
CPD2単位
申込方法https://goo.gl/YcWZMz(自動受付)
※自動受付アドレスがいつもと違いますのでご注意ください。
※準備のため、お申込みは前日までにお願いします。
問合せinfo@jia-kinyonokai.org
当日:070-1265-7008(佐藤)
   090-5346-6744(久保田)


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.06.10 Monday

「九州の建築家、九州の近代建築の魅力を語る!」DOCOMOMO 国際会議プレイベント in 福岡

2020年10月14〜15日に東京で開催される第16回DOCOMOMO国際会議のプレイベントとして、「九州の建築家、九州の近代建築の魅力を語る!」を開催します。

みなさまの身近にある近代建築の魅力について語り合い、DOCOMOMO 国際会議の論文投稿のヒントも共有します。ぜひ、ご参加ください。
青木茂(建築家、青木茂建築工)
四ヶ所高志(福岡大学助教)
末廣香織(九州大学准教授)
徳田光弘(九州工業大学准教授)
平瀬有人(佐賀大学准教授)
宮原真美子(佐賀大学准教授)

 

日時2019年7月1日(月)18:30〜20:30
会場九州大学大橋キャンパス 2号館2階ギャラリー(福岡市南区塩原4-9-1)
参加費無料 ※申込不要


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.06.03 Monday

市民・まちづくり・広場 1960─70年代の革新自治体と都市・建築のレガシー

1960〜70年代にかけて、東京都や横浜市など革新系首長が率いる自治体が全国に登場した。これらは高度経済成長のひずみへの応答として誕生し、福祉、都市、環境、教育などの政策諸分野において、〇毀瓜臆辰魎靄椶箸靴神治・行政手続きの民主的改革、高度経済成長中心の政策から市民生活基準(シビル・ミニマム)に基づく市民福祉型への転換、9餡伴臚碍燭寮治から市民・自治体主導型の政治への転換を進めたとされる。革新自治体の時代は1980年代には終焉を迎えたが、現代の都市づくりの根底にある概念や方法(例えば市民参加、都市デザイン、環境共生)の原点の多くがこの革新自治体の経験にあるのは確かである。人口減少、超少子高齢化、都市縮退など都市を巡る状況が大きく変化した現在、こうした概念や方法の意義と有効性を根底から問い直し、必要に応じて再獲得していくプロセスが求められる。本シンポジウムでは、1960〜70年代の革新自治体の都市政策に着目し、その都市・建築のレガシーについて、市民、まちづくり、広場をキーワードに議論し、一つの「戦後空間」を浮かび上がらせていく。

 

日時2019年6月29日(土)14時〜17時
会場建築会館会議室(東京都港区芝5–26–20)
定員70名[事前申し込み制・先着順]
料金2,000円[一般]1,500円[会員] 1,000円[学生]


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.06.02 Sunday

がくげいラボ vol.11 建築家・伊藤廉さんご登壇「ポルトガルの風土とシザ建築」

2004年にポルトガルに渡り、7年間アルヴァロ・シザ氏と仕事をともにした伊藤廉氏が、シザ氏の建築はもちろん、その素顔、仕事ぶり、設計手法について語ります。
モダニズムを超えた美しさや静謐さを感じさせるシザ建築は世界中から高い評価を受けてきましたが、そこにはいつもポルトガルの風土と切り離せない性質があります。
市販のノートや図面、紙ナプキンにまで絶えず描き続けられるスケッチ、寡黙ながら時に発せられる辛らつな言葉使い、建築への純粋な愛情、それらを傍らで観察してきた伊藤氏は、ご自身も15年近くにわたり現地で設計活動を続けておられます。
当日は、執筆中の本「ポルトガルの建築家・アルヴァロ・シザ(仮)」の構想を含め、ポルトガルの風土と建築、シザ氏について、語り尽くしていただきます。ふるってご参加ください。

 

日時2019年6月11日(火)18:30開場、19時開始〜(max.21時まで)
会場タイルギャラリー京都 学芸出版社ビル3階(京都市下京区東塩小路町599−3)
定員40名(事前申込制)
参加費1000円
申込方法下記ホームページの参加申込フォームよりお申し込みください。


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.05.29 Wednesday

建築家 手塚 貴晴 氏による講演会〜ひろしま建築学生チャレンジコンペ2019 キックオフイベント〜

「ひろしま建築学生チャレンジコンペ」は、建築学生を対象とした建築設計コンペです。
広島県では、「魅力ある建築物の創造に向けた人材育成」の一環として行う公共建築物の設計コンペを実施しており、今年度で7回目を迎えます。
最優秀作品は実際の公共施設として建設するため、提案者には、実施設計・工事監理に関わり、実践現場を経験していただくことが大きな特徴です。
キックオフイベントでは、どこよりも早くコンペの設計概要を発表し、今年度のコンペ審査委員長 手塚 貴晴氏から、講演を通じて学生へ熱いエールが送られます。
キックオフイベントは、建築を学ぶ学生だけでなく、どなたでもご参加いただけます。
建築にご興味のある方はぜひご参加ください。

 

日時2019年7月7日(日)13時40分〜16時30分(開場 12時30分)
会場広島県立美術館 地下1階 講堂(広島市中区上幟町2-22)
参加者どなたでもご参加いただけます。
入場料無料
申込方法下記ホームページの応募フォーム、またはメールからご応募ください。
※詳細はホームページをご確認ください。
申込締切2019年7月5日(金)17時00分
問合せ広島県土木建築局営繕課営繕企画グループ
電話番号:082-513-2311 
メールアドレス:
doeizen☆pref.hiroshima.lg.jp(☆を@に変えてください)


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM