2018.04.18 Wednesday

2018 Year of Kyoto シンポジウム−京都から世界への庭園文化継承

2018年、ポートランド日本庭園は、創設55周年を迎えます。そして、昨年完成した新しい文化教育施設「Cultural Village」で新しいプログラムを本格的に始動する年でもあります。この秋には、世界の日本庭園関係者が集う「日本庭園国際カンファレンス」がポートランドにおいて開催されます。更にこの年は、日本庭園が世界へ羽ばたいた明治時代から満150年の年にも当たります。この重要な節目が重なる2018年、私たちは千年の都・京都で育まれた庭園文化に改めて立ち返り、海外の日本庭園におけるこれからの活動と課題について対話するため、「Year of Kyoto -京都から世界への 庭園文化継承」と題し、京都でシンポジウムを開催いたします。

 

●日時:2018年4月26日(木) 18:00〜20:00 (開場17:30)
●会場:金剛能楽堂(京都市上京区烏丸通中立売上ル)

●参加費:無料(事前登録制)

●登録締切:2018年4月15日(日)
●申込方法:お名前(よみかな)・ご所属・Eメールアドレスを
iab@japanesegarden.org
までお送り下さい。

●内容:<基調講演>
隈研吾 氏「桂離宮、タウト、僕」
<対談>
隈研吾 氏 ・進士五十八 氏 対談 DIALOGUE
司会:内山貞文 氏

●詳細URL:https://japanesegarden.org/events/symposium-kyoto-world-inheriting-japanese-garden-culture/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.04.17 Tuesday

くまもとアートポリス30周年記念シンポジウム

昭和63年に始まった「くまもとアートポリス(KAP)」は、本年5月で30周年を迎えます。KAPはこれまで、本県の豊かな自然や歴史、風土を生かしながら、後世に残る文化的資産となる優れた建造物を数多く生み出してきました。このたび、KAPのこれまでの取組みを振り返り、熊本地震での「みんなの家」の整備などを踏まえて、今後のKAPの方向性や役割を県民等と話し合うことを目的に以下のとおりシンポジウムを開催します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第1部
講演 伊東豊雄(建築家)
これからの建築のあるべき姿ーくまもとアートポリスの30年―
第2部
パネルディスカッション「みんなの家、その先へ」
千葉学、塚本由晴、伊東豊雄、桂英昭、末廣香織、曽我部昌史

 

●日時:平成30年5月12日(土)午後2時〜午後5時(開場 午後1時30分)
●会場:熊本県庁 地下大会議室(熊本市中央区水前寺6丁目18番1号)
●定員:200名 ※事前申込優先

●入場料:無料

●対象:どなたでもご参加いただけます
●申込方法:下記ホームページより申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、郵送、FAX又はE-mailでお申し込み下さい。

●申込先・問合せ:〒862-8570
熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
くまもとアートポリス事務局宛(熊本県土木部建築住宅局建築課内)
TEL:096-333-2537 FAX:096-384-9820 E-mail:
kap@pref.kumamoto.lg.jp

●詳細URL:https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_23061.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.04.16 Monday

The Spirit of Detroit ー 2つの街の物語 対談:文化による都市の再編

株式会社新建築社はデトロイトの都市の再構築を主導するキーパーソンのひとりであるスティーヴン・ルイス氏(Steven Lewis、デトロイト市都市計画局、Thinking Leadership創設者)をお招きし、講演・対談会を開催いたします。
工業都市として栄えたデトロイトは、自動車産業の衰退とともに人口流出が加速し、ピーク時(1950年代)の約190万人から2016年には約67万人まで減少(64%減)しました。2013年、デトロイト市は180億ドルともいわれる負債を抱えて財政破綻を申請し、世界に衝撃を与えました。その後、市は外部から専門家を招聘し都市の再構築に向けたチームを設立するとともに、柔軟な土地利用、地域コミュニティの再生など、政策からデザイン、都市運営まで包括的に取り組んでいます。財政破綻から4年、こうした活動によりデトロイトは徐々に再生しつつあり、その手法は世界から注目を集めています。講演でデトロイトの詳細を明らかにするとともに、今後の将来像にも言及します。
続く対談では、モデレーターに中西玲人氏(Art & Science gallery lab axiom 総ディレクター)、対談者にスティーヴン氏と平野利樹氏(隈研吾研究室助教)を迎え、文化が牽引する都市再生について議論を深めます。

 

●日時:2018年4月26(木)18:50〜20:30(開場 18:35)
●会場:東京大学 本郷キャンパス 工学部1号館15号講義室(東京都文京区本郷7丁目3−1)
●参加費:無料

●対象:一般公開
●申込み:無料お申し込みは下記URLからお願いいたします。

https://peatix.com/event/371735/view
※お申し込みは必須ではございませんが、席数の関係上、お申し込みいただいた方から優先的にご案内させていただくことがございます。

●問合せ:株式会社新建築社(前田茉佑子)
TEL:03-6455-5596

●詳細URL:http://www.japan-architect.co.jp/jp/information/2018-04-06-17-57.php


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.04.11 Wednesday

Lumion Forum 2018

2018年度のLumionイベントはLumion Competition Japan 2018の告知や詳細情報の発表があり、ver8.3の新機能の紹介やユーザー事例紹介からLumionの基本講座まで様々な内容を用意しています。

 

●東京会場:

日 時:2018年4月27日(金)
    開場 10:15
    10:30〜12:00 第1部 LUMION基礎講座〜BIM関連
    13:00〜17:00 第2部 LUMION8.3LumionCompetition2018
会 場:フラクシア品川クリスタルスクエア(東京都港区港南1-6-41 品川クリスタルスクエア2階)
参加費:無料
定 員:250名
●福岡会場:

日 時:2018年5月9日(水)
    開場 12:45
    13:00〜17:15 第1部 LUMION8.3〜LumionCompetition2018
    17:30〜18:00 第2部 LUMION基礎講座 LUMION8.3LumionCompetition2018
会 場:天神クリスタルビル(福岡県福岡市中央区天神4丁目6)
参加費:無料
定 員:第1部 100名、第2部 20名

●大阪会場:

日 時:2018年5月11日(金)
    開場 12:45
    13:00〜17:00 第1部 LUMION8.3〜LumionCompetition2018
    17:00〜17:30 第2部 LUMION基礎講座
会 場:メルパルク大阪(大阪府大阪市淀川区宮原4丁目2-1)
参加費:無料
定 員:第1部 150名、第2部 30名

●申込み:下記ホームページよりお申し込みください。

●詳細URL:http://lumion3d.jp/event/2018/forum2018.php


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.04.10 Tuesday

「KENTEN2018」特別講演 平沼孝啓氏 講演会

一般社団法人日本建築材料協会、日本経済新聞社、テレビ大阪は、KENTEN2018において、特別講演会を開催いたします。

 

●日時:2018年6月7日(木)13:30〜14:30
●会場:インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)

●内容:々岷蕾颪留藺
" Architecture as a Pavilion "
パビリオンとしての建築
講演会内容
万博のパビリオンのように、ショウルームという機能を備えた空間を体験することで、インタラクティブな関係を生み出し、その経験を記憶に残すような空間のあり方にこれまでの作品と現在進行中のプロジェクトを通じて迫ります。


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.04.09 Monday

クリエイティブナイト第29回 建築家 藤村 龍至氏トークセミナー「良いデザインのためのコミュニケーションプロセス」

「ブランディングデザインで日本を元気にする」をコンセプトに活動する株式会社エイトブランディングデザインでは、建築設計や批評活動に加え、公共プロジェクトなどにデザインコーディネーターとして精力的に取り組む気鋭の建築家 藤村龍至氏をお招きしトークセミナーを開催致します。

 

●日時:2018年4月25日(水)19:00〜21:00(18:30開場)
●会場:エイトブランディングデザイン(東京都港区南青山4-10-3 エイトビル)

●定員:40名 ※先着順

●入場料:2,000円(1ドリンク付)

●申込み:下記応募要項をご記載の上、メールにてお申し込みください。
件名【クリエイティブナイト(4/25)参加申し込み】
宛先:
creative@8brandingdesign.com
・お名前(お連れ様がいる場合同様)・ご職業・年齢・参加人数・お電話番号(当日連絡のつくもの)

●詳細URL:http://www.8brandingdesign.com/creativeknowledge/2018/03/29/クリエイティブナイト第29回参加受付スタート/
デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.04.08 Sunday

対談:ヨアン・ブリュネル( デザイナー)× マニュエル・タルディッツ( 建築家)「“元気づけ”の共有と現代の癒し空間について」

現在、京都のヴィラ九条山でのレジデンス滞在を通して、日本における“元気づけてくれるモノ”のデザインの探求に取り組んでいるフィンランド系フランス人デザイナー、ヨアン・ブリュネル氏。その手始めとして、入浴のひと時に欠かせないバス用品の製作を進めています。
今回の対談では、日本でのプロジェクトを間もなく終えるブリュネル氏と、横浜を拠点に活動する「みかんぐみ」のフランス人建築家、マニュエル・タルディッツ氏をお迎えし、それぞれの作品やデザインについての考察、また社会との関係など、様々なお話を伺います。

 

●日時:2018年4月21日(土)17:30〜19:00
●会場:アンスティチュ・フランセ横浜(横浜市中区尾上町5-76 明治屋尾上町ビル7階 )

●入場料:無料(要予約)

●問合せ:アンスティチュ・フランセ横浜
TEL:045-201-1514

●詳細URL:http://www.institutfrancais.jp/yokohama/events-manager/rencontre2018/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.04.05 Thursday

第3回 think++ human & technology「あたらしいものつくりと暮らし方のか・た・ち」

私たちは今、過去に経験したことがない、『地球環境制約』と『物質的消費欲求の劣化』という2つの限界に同時に解を出すことを求められています。この解を求めるには、従来の延長である思考(フォーキャスト思考)では難しく、思考の足場そのものの変更(バックキャスト思考)が必要です。それは、これからますます厳しくなるこの2つの限界を肯定しながら、『ワクワクドキドキする心豊かな暮らし方のかたち』を明らかにしなければならないからです。では、あたらしい暮らし方のかたちとはどのようなものでしょうか?それは、現在の依存型の暮らしから自立型の暮らしへの移行といえます。ただし、この両者の間には『間』があり、それを徐々に埋めることが求められており、それに必要なテクノロジーやサービスのかたちも少しずつ見え始めました。ここでは自立型のライフスタイルイノベーションが生み出す新しい価値を皆さんと一緒に考えたいと思います。

 

●日時:2018年5月14日(月)16:00開場 16:30開演 18:50終了
●会場:国立新美術館 3階講堂(東京都港区六本木7-22-2)

●参加費:無料

●定員:250名

●申込み:下記応募フォームよりお申し込みください。
https://www.nihonsekkei.co.jp/event/

●問合せ:

日本設計コーポレートサイト:https://www.nihonsekkei.co.jp/contact/
日本設計広報室:kouhou@nihonsekkei.co.jp

●詳細URL:https://www.nihonsekkei.co.jp/news/detail_8065/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.03.31 Saturday

藤森照信講演会「自然を生かした建築」

2016年6月4日、多治見市笠原町に誕生したモザイクタイルミージアムは、2周年を迎えることができました。多くのお客様にお越しいただき、関係者の皆様に支えていただき、3年目へと進んでまいります。
皆様のご愛顧への感謝を込めて、モザイクタイルミュジアムの設計・デザインをされた藤森照信先生の講演会を開催いたします。見たこともないような不思議な建物はどのように生まれてくるのでしょうか。「藤森建築」として愛される、不思議な魅力の秘密をお話しいただきます。是非この機会にお申し込みください。

 

●日時:2018年6月5日(火)15:00〜16:30
●場所:アザレアホール(多治見市笠原町2081-1 笠原中央公民館内)

●入場料:無料(モザイクタイルミュージアムの観覧は別途)

●申込み:下記問合せ先のメールまたはFAXにて、,名前、⊃与堯↓ご連絡先をお知らせください。火曜日から日曜日、9:00-17:00までは、お電話でも受付けいたしますが、つながりにくいこともございますのでご承知ください。

●問合せ:多治見市モザイクタイルミュージアム(担当 村山)
TEL:0572-43-5101 FAX:0572-43-5114 E-mail:
info@mosaictile-museum.jp
URL:http://www.mosaictile-museum.jp

●詳細URL:http://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/03/evt20180314-4.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.03.28 Wednesday

普請文化フォーラム2018〜未来へ継承すべき伝統建築・庭園・石垣技術

●日時:2018年4月28日(土)13時〜16時半(受付開始12時/開場12時半)
●場所:明治大学アカデミーホール(東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン内)

●参加費:1,000円(事前振込)

●申込み:下記ホームページのフォーラム参加申し込みフォームよりお申し込みください。

●申し込み・詳細URL:http://dentoh-isan.jp/meijisympo-entry


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM