2020.09.17 Thursday

キノマチ大会議

「キノマチ大会議」とは

「キノマチ会議」は「まちと森がいかしあう関係が成立した地域社会」を目指すラーニングコミュニティです。活動母体となる「キノマチプロジェクト」は、2019年9月に竹中工務店、Deep Japan Lab、グリーンズによる三社共同プロジェクトとしてキックオフしました。全国から仲間を募りながら「木のまち」をつくるための知恵を結集しています。

今回、10月5日から五晩連続で開催するカンファレンス「キノマチ大会議」は、本プロジェクトの集大成的なイベントです。「木のまち」をつくる全国の仲間をオンラインに集め、知恵を共有し合い、未来のためのアイデアを生み出します。

メインテーマは「まちと森がいかしあう社会をつくる」。建築、まちづくり、林業、デザイン、メディアなど様々な分野の人が、それぞれの領域を超えてこのテーマについて考える場になります。5日間に渡り、毎晩さまざまなテーマでチャレンジャーのトークセッションをお届けします。

「木のまち」をつくることに関心のある人なら、どなたでも大歓迎。あなたの参加を待っています!

 

●日時:2020年10月5日(月)〜10月9日(金) 計5日間  19:00〜21:00

▼10月5日(月) 19:00〜21:00『都市木造とこれからの建築』
ゲスト:秋吉浩気(VUILD)、腰原幹雄(東京大学生産技術研究所 / team Timberize)、松岡正明(竹中工務店)
司会:内藤麻美(新建築)

▼10月6日(火) 19:00〜21:00『森をいかし、森にいかされるまちをつくる』
ゲスト:岡野春樹(Deep Japan Lab)、奥田悠史(やまとわ)、高浜洋平(竹中工務店)、松本剛(飛騨の森でクマは踊る / トビムシ)
司会:植原正太郎(グリーンズ)

▼10月7日(水) 19:00〜21:00『暮らしからはじめるキノマチ』
ゲスト:來嶋路子(ミチクル編集工房)、河野直(つみき設計施工社)、志田浩一&畠山千春(いとしまシェアハウス)
司会:植原正太郎(グリーンズ)

▼10月8日(木) 19:00〜21:00『森の中からこれからの時代の産業を生み出す』
ゲスト:青木亮輔(東京チェンソーズ)、麻生翼(森の生活)、林千晶(ロフトワーク / 飛騨の森でクマは踊る)
司会:岡野春樹(Deep Japan Lab)

▼10月9日(金) 19:00〜21:00『ポストコロナ時代の森との関わり方』
ゲスト:小野なぎさ(森と未来)、齋藤光(高知県佐川町 自伐林業家)、三浦豊(森の案内人)
司会:岡野春樹(Deep Japan Lab)

●場所:オンライン(Zoomの「ウェビナー」形式で配信します)

●参加費:各日チケット 1,000円/通しチケット 3,000円(5日分)

●申込方法:下記ホームーページ内、チケットサービス「Peatix」のボタンより事前にお申込みください。

●申込み・詳細:https://kinomachi.jp/2538/?fbclid=IwAR1qdf4waSl9_VBNzuHONjbztptOpTf9HFfPCPGY1WkSzIHiAtZEPgyZjj4


デザイナーズ家具のことならば

2020.09.15 Tuesday

AND賞設立記念フォーラム

東京五輪の延期を余儀なくさせた新型コロナウィルス感染の鎮静化は一向に見えず、社会や経済の活動が停滞していることが大変気がかりです。

過日(4月4日)にYoutubeにて配信した「AND賞設立記念シンポジウムにむけて」は多くの方々に受信して頂き有難うございました。その後も厳しい状況が続いていますが、此度、添付フライヤーのようなオンライン形式でのフォーラムを開催し、AND賞設立のキックオフにしたいと考えます。皆様の参加・申込みをお待ちしています。

永年にわたって構想してきたアーキニアリング・アワード(AND Award)の設立に当たっては沢山の支援と期待が寄せられています。是非共、リアルタイムでの交流を通じてAND賞への関心を盛り上げて頂くと共に、多くの皆様の応募(応募要項は10月末に公開予定)をお待ちする次第です。

 

●日時:2020年10月10日(土) 16:00〜18:00

●場所:オンライン(ZOOM&YouTubeライブ配信)
※参加・申し込みについては下記詳細をご覧ください。

●問合せ:アーキニアリング・デザインアワード事務局
Tel:03-5281-7880 Fax:03-5281-7881

●申込先:https://ws.formzu.net/fgen/S67179645/

●詳細:http://a-forum.info/anda/anda.html


デザイナーズ家具のことならば

2020.09.09 Wednesday

認定NPO日本民家再生協会(JMRA) 技術部会 連続講座(全6回)「日本の住まいの成り立ち」〜東アジアの森と民家造〜

日本の民家はいかに作られたのか。この国の気候・風土を生き抜いてきた民家には、固有でありながら普遍の素晴らしさがあります。世界が感染症に脅かされている今だからこそ、日本の民家の本質を学び、未来へつなげましょう。講師に安藤邦廣氏をお迎えし、全6回の講座を開催します。

 

●日程:

2020年10月18日(日)〜2021年3月7日(日)
各回とも13:00〜16:30(6回通し)

【第1回】10月18日(日)
朝鮮半島と中国北部の民家(日本の住まいの源流1)

【第2回】11月29日(日)
中国南部の民家(日本の住まいの源流2)

【第3回】12月13日(日)
寝殿造、書院造、数寄屋造、そして民家の成り立ち(木材と製材から見た民家の成り立ち)

【第4回】2021年1月17日(日)
民家の地域的特性(西日本の民家、東日本の民家)

【第5回】2021年2月14日(日)
茅葺きの民俗学

【第6回】2021年3月7日(日)
小屋と倉 板倉構法への展開

●場所:オンライン講座
※受付後に詳細をお知らせします。

●参加費:

【全6回通し参加費】
一般1,6000円/JMRA会員8,000円/学生8,000円/
協力団体会員(NPO伝統木構造の会、NPO木の建築フォラム、一社日本左官会議、各都道府県建築士会)14,000円

【単回参加費】
一回につき4,000円/JMRA会員2,000円

※振込確認をもってお申し込み完了となります。
※日本民家再生協会のEmail,Webサイトよりお申し込み下さい。
※Emailアドレス、お名前、電話番号、会員種別、会員番号、ご住所をお知らせください。
※お申し込み時に日本民家再生協会(JMRA)へのご入会が可能です。
※学生、協力団体でお申し込みの場合は、学生証や所属団体会員証コピーを添付して下さい。
※講座の数日前にZoom入室のご案内をEmailにお送り致します。

●申込先:認定NPO日本民家再生協会(JMRA)事務局
Email: 
info@minka.jp
URL: https://minka.heteml.jp/web/form/inquiry

●詳細:http://www.minka.or.jp/news/2021/02/6-40a1.html


デザイナーズ家具のことならば

2020.09.01 Tuesday

BIM×テレワークオンラインセミナー BIMワークフローによる設計事務所の新しい仕事とテレワーク環境の実現

「新しい生活様式」が求められる昨今、皆様にもこのような思い・経験はありませんか??

・自宅で仕事をするために、大量の図面や資料を印刷し持ち帰っていて効率が悪い
・お施主様との打ち合わせをオンラインで行いたいが、効果的な方法がわからない
・テレワークにしたいが、ほかのスタッフとのコミュニケーションが難しいのではないか

本セミナーでは、BIMとテレワークがどのようにマッチするのかをグラフィソフトジャパン株式会社/株式会社大塚商会、それぞれの視点からご紹介させていただきます。

また基調講演として、スパイラルデザイン株式会社代表取締役の高橋武志様をお招きし同社のBIMへの取り組みや戦略、在宅勤務環境づくりなどをお話しいただきます。

 

●日時:2020年9月10日(木)15:00〜16:30

◆Session1 | 15:05-15:30
BIMではじまる設計事務所のこれからの「仕事の仕方」

BIMのリーディングプロバイダーであるGRAPHISOFTより、BIMによる新しい設計ワークフローのご紹介と、BIMを通じて見えてくるこれからの仕事の仕方についてお話いたします。

【講師】GRAPHISOFT Japan CS 佐藤 貴彦 氏

◆Session2 | 15:30-15:50
テレワーク定着への鍵! 在宅でもオフィスと同じように働くリモートアクセスの仕組みとは?

テレワークで設計業務を始める際に必要な、オフィスにあるデータへの安全なアクセス手法のご紹介です。快適に利用するための選定ポイントをセキュリティ対策と合わせて解説いたします。

【講師】株式会社大塚商会 共通基盤情報通信ネットワークプロモーション部 課長 中村 真之 氏

◆Session3 | 15:50-16:20
【基調講演】革新的なワークフローの追求しクリエイティブな時間を生み出す

2008年法人設立当初からBIMを導入し、12年経過した現在の当社の運用状況。 プロジェクトを通し具体的な計画から設計、実施、現場へとBIMよる効率的な ワークフローを説明したいと思います。 また、社会的な背景から今後の設計ワークフローをどう考えていくか。 今後の目指すところを説明したいと思います。

【講師】スパイラルデザイン株式会社 代表取締役 高橋 武志 氏

◆Q & A | 16:20-16:30

●参加費:無料

●参加方法:リンク先の申込みフォームより情報を入力後送信されるメールのURLよりご参加ください。

●セミナー時間:90分を予定しておりますが、前後する場合があります。

●質疑応答:セミナー内容・講演者の方へのご質問はライブ放送中のQ&Aのセクションにてお答えいたします。

●参加時間と視聴可能期間:本セミナーへの参加はライブ放送中のみになりますが、お時間が合わない方向けに後日オンデマンド形式で動画配信する予定です。(詳細は追ってご案内します)。その際は質疑応答には参加できませんのでご了承ください。

●詳細:https://www.graphisoft.co.jp/event/otsuka/?02=82_cj_bim_f_event


デザイナーズ家具のことならば

2020.08.31 Monday

「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」オンライントーク「木と器のマル秘」

長野県松本市に工房と店をかまえ、木工デザイナーとして活動をする三谷龍二。日本デザインコミッティーの現メンバーでもある三谷は、創作を通して木工や漆に新たな世界を開き続けています。
本イベントでは、出展されているスケッチや「器の型紙」、制作の道具などの話とともに、「器」という「暮らしの中の存在」に関して、本展ディレクターの田川欣哉を聞き手に、長野・松本の工房と東京をオンラインで繋ぎ、語ります。

 

●日時:2020年9月2日(水)20:00〜21:00
●会場:Zoom配信

●出演:三谷龍二、田川欣哉

●参加費:500円

●参加条件:あらかじめお使いのデバイスでZoomアプリケーションをインストールし、動作環境をご確認ください

●詳細・問合せ・予約:http://www.2121designsight.jp/program/inspiration/events/200902.html

 


デザイナーズ家具のことならば
2020.08.26 Wednesday

明治大学名誉教授 市川宏雄氏が語るオンラインセミナー「コロナ禍が東京不動産市況に与える影響」

GLMは、不動産投資をはじめとした資産運用や保険などのマネー全般について学べる「ゼロからはじめる不動産投資セミナー」を東京都内で年間1,100回以上開催(2019年実績)し、不動産投資のノウハウからメリット・デメリットまで幅広く解説しています。

このたび、明治大学名誉教授であり、GLMが2019年1月に設立した「グローバル都市不動産研究所」の所長も務める市川 宏雄 氏を特別ゲストに迎え、『ウイズ/ポスト・コロナで東京はどうなる』をテーマに、コロナ禍が東京不動産市況に与える影響についてお話しいただきます。

【東京への人口流入状況と動向予測】
2020年、コロナ禍にありながらも人口1,400万人を突破した東京都の未来とは。
・まだまだ開発が続く東京大都市圏の人口動向と、その都市計画とは
・2020年以降、日本国内からみた東京、世界からみた東京を比較

【新型コロナウイルスによる都心開発への影響】
働き方が変わっていくコロナ禍、都心居住への意識と需要はどう変わっていくのか。
・アフターコロナ、都心居住の需要への影響を予測
・コロナ禍により、コンパクトマンションの立地やエリアの流行は変わるか

 

●日時:2020年8月29日(土)13:00〜14:00(12:30開場)
●会場:オンライン(無料)

●登壇者:明治大学名誉教授 グローバル都市不動産研究所所長 市川 宏雄 氏 他

●申込み期限:2020年8月29日(土)9:30

●申込み:https://www.global-link-seminar.com/?post_detail_id=10770&argument=CME95LSf&dmai=I_seminar_20200829

※お申込みいただいたお客さまには、お申し込みの際ご記入いただいたEメールアドレス宛に、URL等をご案内いたしますので、そちらよりご参加ください。

 


デザイナーズ家具のことならば
2020.08.22 Saturday

Asia Young Designer Award(AYDA) 2020 スペシャルトークセッション

日本ペイントホールディングスグループが毎年開催する学生向け建築デザインコンペAYDA。

今年のテーマは「光の可能態」

審査委員長には「数学する身体」などの著者で気鋭の独立研究者 森田真生さんを迎え、建築家 藤原徹平さん、中山英之さんには今年も審査員として参画していただいています。

今回のスペシャルトークセッションは、審査員3名に、ビジュアルデザインに携わってくださっているデザイナー古平正義氏も加わった豪華なメンバーで「光の可能態」というチャレンジングなテーマの解題とヒントをお届けする企画です。

コンペに興味のある方も、ない方もかなり面白いトークになることは間違いなしです。オンラインイベントですのでぜひ気軽にご参加ください。

 

●日時:2020年9月10日(木)19:00〜20:30
●会場:オンライン

●テーマ:「光の可能態」を考える(仮)

●トークゲスト:

森田真生(独立研究者)
藤原徹平(建築家)
中山英之(建築家)
古平正義(デザイナー)

●参加費:無料

●詳細・問合せ・申込み:https://ayda2020.peatix.com/


デザイナーズ家具のことならば
2020.08.18 Tuesday

「パブリックコミュニティ」:ソトノバ・リーディングクラブ読書会#5

ソトノバ・コミュニティでは、読書を通じてパブリックスペースや都市に関する知見を得たり、議論することを目的としたクラブ活動「ソトノバ・リーディングクラブ」が2019年に発足しました。
2019年年末にはキックオフイベントとして「2019年のパブリックスペース本を振り返る会」を開催し、2019年に刊行されたパブリックスペースに関する本や雑誌について幅広く議論しました。これまで読書会を4回開催し、「PUBLIC HACK」(笹尾和宏著)、「小さな空間から都市をプランニングする」(武田重昭ほか編著)、「ひとり空間の都市論(南後由和著)」、「サードプレイス」(レイ・オルデンバーグ著)を取り上げ、議論を交わしています。
第5回である今回は、事例をベースにコミュニティの醸成の観点からパブリックスペースを紐解く「パブリックコミュニティ 居心地の良い世界の公共空間《8つのレシピ》」(三井不動産株式会社S&E総合研究所著)を取り上げます。まず最初に概要とみなさんの感想を共有した後で、テーマに沿って深掘りできればと考えています。
読書会はオンライン飲み会形式にて行います。最初にみなさんで乾杯し、その後お酒を飲みながらつまみながら、楽しく本について語りあえればと思います。

※ソトノバ・リーディングクラブとは:
和書洋書を問わず読書を通して、パブリックスペースや都市に関する知見を得、議論できる場を目指しています。ソトノバ・コミュニティのメンバーから参加者を募り、コミュニティ内で最初に立ち上がったクラブ活動です。今後も毎月もしくは隔月で読書会を開催する予定です。

 

●日時:2020年8月20日(木)19:00〜21:00
●会場:オンライン

●定員:30名(※先着順)●対象:

▪️本書の内容に関心のある方
▪️パブリックスペースに関心のある方、関わりのある方

●参加費:

▪️ソトノバ・コミュニティメンバー:無料
▪️ソトノバコミュニティメンバー以外の方:¥1,000

●問合せ:SADI企画委員会(担当:関本)
lec@sadi.jp

●申込み:

8月20日(木)19時まで

下記詳細ホームページから『Peatix』による事前申込をお願いします。

先着順のため,定員に達し次第,終了します。

申込者はPeatixの視聴ページよりZOOMにご参加いただけます。

●詳細・問合せ:https://sotonoba.place/20200820readingclub


デザイナーズ家具のことならば
2020.08.17 Monday

SADIオンラインセミナー|小林恭・小林マナ(設計事務所ima)

『世界一幸せな国フィンランドと私たちのおつきあい』

フィンランドは、建国100年という日本に比べたら非常に短い年月しか経っていない国で、他の北欧諸国とも違った言語やカルチャーを持った魅力的な国です。1997年に初めて訪れてから今に至るまで関係が続いています。

2005年からマリメッコの展覧会、国内外のショップデザインや、ラプアンカンクリの国内外の旗艦店、ファクトリーショップ、LUMIやJOHANNA GULLICHSEN、石本藤雄氏の展示会の会場構成などを手がけることになります。クライアントからも北欧的な切り口で設計を頼まれることも非常に多いです。そんなフィンランドとの深い関わりについてお話ししたいと思います。

 

●日時:2020年8月26日(水)19:00〜20:50 (ZOOM入室 18:30〜)
●会場:オンライン開催(ZOOMミーティング使用)

●定員:80名(先着順・事前申し込み制)

●参加費:一般 1000 円/学生 500 円/SADI会員 無料

●問合せ:SADI企画委員会(担当:関本)
lec@sadi.jp

●申込み:https://sadi-202008.peatix.com/
●詳細:https://sadiinfo.exblog.jp/30144621/


デザイナーズ家具のことならば
2020.08.13 Thursday

テラジマアーキテクツ×バルクッチーネ 上質な暮らしの見つけ方

2020年9月26日(土)、建築家とイタリアキッチンブランドによる家づくりセミナー「テラジマアーキテクツ×バルクッチーネ 上質な暮らしの見つけ方」を開催いたします。

多様化していくライフスタイルの中で、近年「暮らし」に対しての関心は高まっていき多くの方が心地よく暮らす方法を追求し、向き合う機会が増えています。そういった中でさらに質の良い心地良さを追求し生まれた、「上質」という言葉。

では、自分にとっての「上質」とは? 例えば、好きなものだけに囲まれたシンプルな空間で暮らすことが「上質」な暮らしでしょうか。家づくりはもちろん、日々の暮らしの中で自分にとって「上質」と感じる空間はどういった空間なのか、じつは明確に見つけている方は少ないです。

今回のセミナーでは、長年注文住宅の設計・デザインを手掛けてきたテラジマアーキテクツの代表建築家・深澤彰司とイタリアキッチンブランドの
バルクッチーネがそれぞれ登壇し、自分にとっての「上質」を見つけるアイデアを実例などとともにご紹介いたします。家づくりをお考えの全ての皆さまに、ご参考にしていただける内容となっています。

そして今回の会場はイタリアキッチンブランド・バルクッチーネのショールーム。講演後はショールーム内のキッチンをご覧いただけます。
サロンのようなゆったりとした空間で、建築家とともに理想の住まいや暮らしのイメージを膨らませてみませんか。

家族・ご友人もお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。本イベントは完全ご予約制となります。皆様のご参加お申し込みを心よりお待ちしております。

 

●開催日時:2020年9月26日(土)
▪️午前の部 11:00〜12:30(10:30受付)
▪️午後の部 14:30〜16:00(14:00受付)

●場所:Valcucine Tokyo(バルクッチーネ東京)
(〒107-0062 東京都港区南青山4丁目1-12)

●定員:各回10名
※応募者多数の場合は、 抽選の上確定させていただきます。

●参加費:無料(お土産付き)

●問合せ:株式会社テラジマアーキテクツ(セミナー担当 福田)
Tel:03-5431-3377
Fax:03-5431-1877
Email:
support@terajima.co.jp

●申込み方法:2020年9月16日(水)までに、詳細ページ内のエントリーフォームに必要事項をご入力の上、送信してください。
●詳細:https://www.kenchikuka.co.jp/13461/


デザイナーズ家具のことならば
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM