2019.02.03 Sunday

DTL Communication Day「TORAFU’s TILE LAB」

DESIGNER's TILE LABでは、「建築家・デザイナーとのコミュニケーション」を生み出す取組みとして、「DTL Communication Day」を開催します。最前線のタイルとデザインを考える1日にぜひ足をお運びください。
ローンチイベントとなる今回のメインコンテンツは、世界的に活躍するトラフ建築設計事務所のタイルへの取り組みを紹介する「TORAFU’s TILE LAB」。トラフ建築設計事務所の鈴野浩一氏に、実際のプロジェクトを通して、素材としてのタイルの魅力とデザインのプロセスを解説していただきます。現在進行中のトラフ建築設計事務所の最新プロジェクトを、いち早く知ることができます。

 

日時2019年2月14日(木)16:30〜19:00

会場渋谷ヒカリエホールB(東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ9階)

申込方法下記ホームページからお申し込みください。

●詳細URL:https://www.lixil.co.jp/lineup/tile/designers_tile_lab/event/commu_day_2019/default.htm


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.01.31 Thursday

銀座建築デザイン大学vol.3 “建築のかたち”

東京建築士会では、様々な活動を通し、建築情報を提供しながら建築士制度の普及に努めています。その一環として、本会では様々な視点から、建築に関する文化・教養・技術面での事業・講習会等を企画しており、『銀座建築デザイン大学』と題した連続講座を開催しています。今回の銀座建築デザイン大学では、TNAの武井誠氏と鍋島千恵氏を講師にお迎えします。これまでに数々の作品を手掛けられ「上州富岡駅」では、第12回 ブルネル賞、2014年度 グッドデザイン賞、2015年度 日本建築学会賞、第56回 BCS賞 特別賞を受賞し、これまでに住宅建築賞、吉岡賞、JIA新人賞、日本建築学会賞など多数受賞したお二人に「建築にかたち」についてご講演いただきます。

 

日時2019年2月25日(月)18:30〜20:30(受付開始18:00)

会場イトーキ東京イノベーションセンター SYNQA(東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー2F)

定員80人(申込先着順)

参加費会員2,000 円(税込) 一般3,000円(税込) 学生500円(税込)※当日払い

CPD2単位

問合せ一般社団法人 東京建築士会 担当 梅津
TEL:03-3527-3100 FAX:03-3527-3101 E-mail:
event02@tokyokenchikushikai.or.jp

申込方法下記ホームページからお申し込みください。

●詳細URL:https://tokyokenchikushikai.or.jp/news/2018/12/2427/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.01.29 Tuesday

『リファイニング建築が社会を変える』CORE TALK in WAKAYAMA 2019

青木 茂 氏(建築家)

 

日時2019年2月15日(金)18:30〜20:00

会場和歌の浦アートキューブ(和歌山市和歌浦南3-10-1)

定員150名

入場料無料

CPD2単位

申込方法下記ホームページからお申し込みください。

●詳細URL:http://aokou.jp/news/2019/01/-core-talk-in-wakayama-2019.html?fbclid=IwAR3IuFYguQd1kzMYOjnfmIfqJklOcDj6xUnldUKtAXG7gh4s2n_DXInGXq0


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.01.22 Tuesday

BARTLETT TAKEAWAY talks #1

BARTLETT TAKEAWAY talksは、UCL Built Environment Club Tokyoがホストとなりクリエイティブやアカデミックな分野などで活躍中のスピーカーの皆さんの活動の「今」を紹介していただくプログラムです。
第一回目は、移動を前提とした「モバイルハウス開発」で新しいライフスタイルを提案するSAMPO Inc 代表、塩浦一彗氏をはじめ、都市計画、美術、建築編集分野で活動される8名の皆様に登壇いただきます。
今回は東京へのField Tripで来日中のバートレット校Bディレクター、ルーク・ピアソン氏にも登壇いただき、Videogame Urbanismをテーマとした最前線のリサーチや、バートレット校での近年の教育の現場の様子などもお話いただきます。ロンドンの建築・デザイン留学に関心のある学生の方も是非ご参加ください。
彩り鮮やかな美しい盛り付けとヘルシーな食材を使ったお弁当やコーディネートで大人気のフード・ケータリング「MOMOE」、稲垣晴代さんよるお食事もお楽しみに!

{登壇者}
近藤 亮介(東京芸術大学)

五月女 賢司(吹田市立博物館 キュレーター)
塩浦 一彗(SAMPO Inc. Co-founder)
諏訪 亜紀(京都女子大学現代社会学部 教授)
高松 誠治(スペースシンタックス・ジャパン株式会社 代表取締役)
津久井 典子(建築メディア研究所 代表)
ルーク・ピアソン (UCL Bartlett School of Architecture, BSc建築ブログラムディレクター)

 

日時2019年1月25日(金)19:00〜22:00(開場18:30 スタート19:00)

会場シバウラハウス 1F(東京都港区芝浦 3-15-4)

チケット通常チケット:4000円、通常学生チケット:1800円(2019年1月24日まで販売)

問い合わせbartletttakeaway@gmail.com(姫松・藤井) 

●詳細URL:https://www.eventbrite.com/e/bartlett-takeaway-talks-1-tickets-53483363179


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.01.21 Monday

第3回CIAT シンポジウム『開かれる福祉、その新しいかたち』

近年、福祉をめぐる建築のあり方は、先進的な試みによって大きく変化 してきているように思えます。年齢や障害の度合い等の制度上の分類によらず、個人に向き合った施設のあり方を探る試みや、敷地を地域に開放することで施設タイプを超えた関係性を構築する動き、これまで分類されてこなかった人に寄り添った新しいビルディングタイプの創造など、これらの取り組みはこれまで建築計画学で語られてきた”福祉施設”のイメージとは大きく異なっています。
制度の枠組みを超え、人に向き合い、暮らす場所としての福祉施設のあり方を明るく示す彼らのアプローチをそれぞれの視点から語ってもらいます。

 

日時2019年2月16日(土)12:45〜16:45(受付開始 12:30〜)
第1部 パネルディスカッション 12:45〜15:00
第2部 懇親会 15:15〜16:45

会場Francfranc Forest(東京都港区北青山3-5-12 青山クリスタルビル B2F)

参加費

第1部 パネルディスカッション 1,500円
第2部 懇親会 3,000円(学生2,000円)

申込期限2019年2月4日(月)

申込方法下記ホームページからお申し込みください。

●詳細URL:http://ur0.link/PjLH


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.01.16 Wednesday

母子世帯向けシェアハウス 全国会議Vol.2

経済的貧困は居住貧困に直結します。すべてのひとり親に安心安全の住まいを保障するために私たちができることとは?
住宅施策が不十分な中、行き場すら確保できない親子はたくさんいます。住まいが確保できないために、暴力から抜け出せない親子も少なくありません。ここ数年、ひとり親の居住貧困を、空き家の利活用や興味深い仕組みによって解消しようという取り組みが全国各地で始まっています。
全国の先駆事例に学びつつ、ひとり親を支える居住支援の可能性をともに考えてみませんか。

 

日時2019年2月22日(金)開場14:00 開始14:30 終了17:00(予定)

会場アクションラボ4階 大会議室(愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オルバースビルディング名古屋)

参加費一般 3,000 円 / 学生 1,000 円

定員100名(要申込)

申込方法詳細PDFに記載のメールアドレスへお申し込みください。

●詳細URL:https://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/01/evt20190115-2.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.01.15 Tuesday

NPO建築とアートの道場 2019年春レクチャーシリーズ『もうひとつの建築』

生活の装置というレベルで建築を考えると、建築の概念だけでは成立していないこと、もうひとつの建築ともいうべき多様なものの集合が生活の豊かさをつくっていることに気がつきます。環境デザイン、ランドスケープデザイン、インテリアデザイン、家具デザイン、プロダクトデザイン、ファッションデザイン、グラフィックデザインなどの多様な要素が一体となって生活の場をつくっているからです。豊かさをつくりだすもうひとつの建築のあり方と未来への可能性を考えてみたいと思っています。(長谷川逸子)

 

日時

第1回  2019年1月19日(土)18:00〜20:00
藤原大「色からデザインを考える」
第2回  2019年2月2日(土)18:00〜20:00
藤森泰司「道具の先へ」
第3回  2019年2月9日(土)18:00〜20:00
戸恒浩人「暗躍する照明デザイン」
第4回  2019年2月16日(土)18:00〜20:00
荻野寿也「庭から建築を考える」
第5回  2019年3月2日(土)18:00〜20:00
谷尻誠「インテリアから建築を考える」
会場gallery IHA Lecture room(1F)(東京都文京区湯島1-9-7)

参加費各回1,000円(予約制)

申込方法下記ホームページの予約フォームよりお申し込みください。

●詳細URL:https://galleryiha.wixsite.com/galleryiha/ivent-29


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.01.14 Monday

建築家フォーラム 第175回「第二の自然としての建築」

数々の主要な賞を制した現代の騎手であるマウントフジアーキテクツを知らない若手建築家はいない。その作品は実に実直である。きらびやかな形態操作とは無縁と言って良い。流線型も異常に細い構造も存在しない。その一方でその形態を導き出すプロセスに関しては実に饒舌である。隅から隅まで説明しなければいけないという意思が満ちている。その意思が細部まで満ち満ちているが故に、その作品には説明が必要とされない。この実直な作品と饒舌さの同居は若手建築家を取り巻く世相を表している。ITが進化した現在ではいとも簡単に複雑な形態や技術が現実化され、ありとあらゆる手練手管を凝らした建築が世には満ちている。そこに残されているのは建築という存在のパラダイムそのものをシフトする手法である。マウントフジの作品には「壁とは何か」という根源的な問いの答えが刻まれている。壁を作ることによって周辺環境から人を隔てない。淡いインクで描かれた緩やかで奥行きのある建築。彼らにとって建築は都市あるいは自然といった大きな水墨画の片隅に滲む点景の一つに過ぎないのである。今回のレクチャーではマウントフジのその信念を探求してみたい

 

日時2019年1月15日(火)受付18:30 開演19:00〜20:30

会場大光電機(株)両国ビル(東京都墨田区両国4-31-17)

参加費建築家フォーラム会員 無料、法人会員(3名まで)無料、一般ビジター2,000円、学生・院生ビジター1,000円

申込方法建築家フォーラムのメンバーの方は、専用のFAX申込用紙もしくは、E-mailにてご予約下さい。

申込締切2019年1月11日(金)

問合せ建築家フォーラム 事務局/重巣・秋田
TEL:03-6658-5720 FAX:03-5600-7797
E-mail:
kentikuka-forum@kentikuka-forum.net

●詳細URL:https://www.kentikuka-forum.com/single-post/2018/12/28/【第175回のお知らせ】-<第二の自然としての建築>


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.01.10 Thursday

愛知建築士会名古屋名南支部 建築家講演会 竹原義二「近作を語る」

名古屋名南支部では2019.2.9(土)、建築家講演会 竹原義二「近作を語る」を開催いたします。ぜひご参加ください。

 

日時2019年2月9日(土)14:00〜16:00(開場13:30)

会場アイカ工業(株)名古屋ショールーム2階会議室(愛知県名古屋市千種区末盛通2丁目1番地1)

定員150名

会費支部会員・学生 500円、他支部会員・一般・当日受付 1,000円

申込方法下記ホームページの申し込みフォームからお申し込みください。

●詳細URL:http://meinan.asanet.or.jp/article/462935070.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.01.08 Tuesday

建築家講演会 渡邉義孝

NPO法人尾道空き家再生プロジェクトは2007年春代表・豊田雅子氏が旧和泉家別邸を購入するところから始まる。渡邊義孝氏は豊田氏に頼まれ建物の実測をした。その調査の結果を資料とし2013年12月24日、国の登録有形文化財に登録され、現在、工事が佳境を迎えている。ひとつひとつのディテールを丁寧に拾って、建物の特徴を褒め共通言語を得ることが、尾道の斜面地で、空き家再生の雰囲気を作っていった。講演会では、渡遣氏に、尾道の空き家再生の実例に触れながら、占い建物の愛で方を語って頂き、岡崎の空き家再生について言及する。

 

日時2019年2月9日(土)13:30〜16:30(13時より受付)

会場岡崎市民会館 会議棟2F 大会議室(愛知県岡崎市六供町字出崎15番地1)

定員120名(先着順・定員となり次第締め切り)

入場料建築士会会員1,000円 一般2,000円 学生500円

申込方法詳細PDFをご確認ください。

●詳細URL:https://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/01/evt20190107-1.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM