2019.12.15 Sunday

SADI 2020年1月定例講演『Yチェアのペーパーコード張り実演を通して、Yチェアを知る』

1950年に発表されてから60年以上経った今も製造され続けているYチェア。日本では、1962年からデパートで販売されるようになりましたが、その1年前、雑誌「室内」の特集記事 “デンマーク家具”の中でYチェアが紹介されています。その記事を寄稿した島崎信氏と共に、デザインだけでなく、模倣品や立体商標に関しても考察していきます。また、ペーパーコード張りの実演を通して、素材についても、より深く知っていただく機会になればと思います。

 

 日時2020年1月24日(金)19:00〜20:30(受付18:30〜)

会場東京大学農学部弥生講堂アネックス・講義室(東京都文京区弥生1-1-1、東京大学弥生キャンパス内)
参加費一般 1500 円/学生 500 円/会員 1000円/学生会員 無料
定員30名(会場先着順)
問合せSADI企画委員会(担当:関本) lec@sadi.jp


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.12.11 Wednesday

建築家講演会 保坂 猛『自然現象と人と建築』

若手建築家の保坂猛さんをお招きし、講演会を開催いたします。保坂氏は大学院在学中より建築設計SPEED STUDIOを同級生と設立。現在は保坂猛建築都市設計事務所を設立し、住宅・飲食店・キリスト教会・保育園・商業施設など様々な設計に取り組んでいます。自然の光を取り込み、自然と一体となって風景をつくることを目指した建築は、シンプルで素直でありながらダイナミックな佇まいで、訪れる人や地域の人に愛される設計をされています。ぜひ皆様のご参加お待ちしています。

 

 日時2020年3月14日(土)午後2時〜4時30分(受付:午後1時30分〜)

会場今池ガスビル7階ダイヤモンドルーム(名古屋市千種区今池1-8-8)
参加費支部会員・学生500円 
他支部・一般1,000円(当日徴収)
定員70名(定員になり次第締切)
CPD2単位(予定)
申込方法メールまたはFAXにてお申込み下さい。
Email:
meito2k@gmail.com
FAX:052-739-6251
申込締切2020年3月7日(土)まで
問合せ名古屋名東支部 第二研修委員会 宮崎
TEL:080-3621-9281


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.12.09 Monday

JIA三重 建築文化講演会2020 大西 麻貴+百田 有希「人を愛する建築」

日本建築家協会東海支部三重地域会(JIA三重)では、建築文化の創造と発展に貢献することを目的として、毎年『建築文化講演会』と題し、話題の建築家の先生をお招きして、講演会を開催しております。

 

 日時2020年1月18日(土)13時30分〜15時30分(開場13時00分)

会場三重県立美術館 B1F 講堂(三重県津市大谷町11番地)
定員150人(入場無料・当日先着順)
問合せJIA 三重事務局(Hiro 設計室)
TEL:0595-96-8175


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.12.08 Sunday

建築文化講演会 東 利恵「居場所の建築」

「居場所の建築」

 

 日時2019年12月14日(土)13:30〜16:00

会場福井市美術館 3F講堂(福井市下馬3-1111)
参加費無料
CPD2.5単位(申請中)
関連情報会員作品展 in 福井 2019
日時:2019年12月13日(土)〜12月15日(日)9:00〜17:15 (最終日は〜16:00まで)
場所:福井市美術館 2F市民ギャラリー
入場無料
問合せ公益社団法人日本建築家協会 北陸支部 福井地域会 事務局
山田 健太郎(一級建築士事務所山田屋)
電話:0776-76-5474 メール:
fukui@jia-hokuriku.org


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.12.03 Tuesday

デザインシンポジウム 反応から導き出すデザイン手法

「Architecture of Response」。今年7月に逝去した世界的建築家、シーザー・ペリ氏は、都市とそこに生きる人々、歴史や文化、経済を理解し、その結果としての建築を表現してきた。ペリ氏の教えを受け継ぐ池田氏も、徹底的に場とクライアント、そこを訪れる人たちに寄り添うことを信条とし、「心地よい空間はそこからの反応として、自ずと生まれてくるものである」と説く。「銀座伊東屋 横浜元町」「ガリバー 安積店」など、池田氏が手掛けた空間デザインを事例に、池田氏とクライアントがどのように「この空間を導き出したか」を解説。それはこれからの空間デザイナーに求められる資質そのものと言える。

 

 日時2019年12月4日(水) 講演18:00〜19:30 (17:30 受付開始)

会場オカムラ Visplay ショールーム(京都千代田区内神田1-1-7 東大手ビル1F)
参加費無料
申込方法下記メールアドレスまで、必要事項記入の上 お申し込みください。
宛先:
info_visplay@okamura.co.jp
〇疚 勤務先住所(学生の方は自宅住所) 6侈垣萍勝奮慇犬諒は学校名) づ渡暖峭
定員40名(先着順)
問合せ株式会社オカムラ 商環境事業本部
セールスサポート室 モジュラー製品販売推進課
tel:03-3259-6028 fax: 03-3259-6014


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.12.01 Sunday

シンポジウム 「葛西臨海水族園の長寿命化を考える」

葛西臨海水族園は、1989(平成元)年のオープン以来5,500万人超の市民が訪れ、今や東京都の貴重な文化・レクリエーション施設となっています。その水族園も開園から30年を経て、バリアフリー対策も含め飼育設備の更新の時期を迎えています。
東京都は2018年「葛西臨海水族園のあり方検討会」を開催し、報告書も発表しました。今年度には「葛西臨海水族園事業計画検討会」が開催されています。
問題は、今年度の検討会の前提として、「既存施設は老朽化し水族館機能を果たさないと断定している」ことであり、既存施設の将来についての議論が全くなされないまま、新たに計画されている施設へ水族館機能をすべて移すことになっています。東京都は明言を避けていますが、水族館機能を奪われた既存施設は、取り壊される可能性が十分にあります。
今必要なことは、既存水族園についてその健康度を再調査した上で、建築的、文化的価値を改めて論じ、将来を見据えた既存施設のあり方とサスティナブルで健全な水族館の運用方法を考えることであり、東京都が提唱する「接続可能な社会」を達成することです。
東京都に既存施設の機能維持と長寿命化を考慮した適切な水族園の整備計画を再考していただきたいと強く願い、「葛西臨海水族園の長寿命化を考える」と題して緊急シンポジウム開催します。

 

 日時2019年12月19日(木)13:00〜17:00

会場建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
参加費無料
申込方法Web申込み https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=625213 よりお申し込みください。
定員250名(申込み先着順)


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.11.30 Saturday

クリスマス特別建築講座「ミケランジェロとベルニーニ」

クリスマス前の休日に、イタリアを代表する2大建築家「ミケランジェロ」と「ベルニーニ」についてデザインファーム代表の牧野が熱く語る2時間の特別授業を開催します。

スクリーンで大建築家たちが残したイタリアの建築作品を見ながら、作品それぞれにある背景やものづくりをしたい人にぜひ知って欲しい設計のおもしろさを解説する授業です。お土産に、当日紹介する建築の一覧表とイタリアのマップもお渡しします!

建築好きのみなさん、ワインとおつまみを用意してお待ちしています。もちろん、ミケランジェロとベルニーニをよく知らない方、建築初心者さんでも楽しめますよ!

 

 日時2019年12月8日(日)18:00〜20:00

場所デザインファーム建築設計スタジオ(東京都中野区新井1-6-5 エサレス中野2F)
参加費1,000円(ワインとおつまみつき)※当日お支払い
申込方法下記ホームページのお申込みフォームからお申し込みください。
問合せデザインファーム建築設計スタジオ
mail:
df@designfarm.org
tel:03-338700695


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.11.28 Thursday

さつま町に開かれたあり方を目指して 堀部安嗣のデビュー作「ある町医者の記念館」と「南の家」トークと見学会

鹿児島県のさつま町にある「ある町医者の記念館」は、地元で活躍された医師・前原則知さんの遺品を収蔵・展示する記念館です。また隣接する「南の家」は、前原さんのご子息の週末住宅です。いずれも建築家・堀部安嗣さんのデビュー作で、1995年に竣工しました。記念館はこれまで収蔵を主な目的とし、南の家も個人住宅のため、一般公開はされてきませんでしたが、2020年に築25年を迎え、今後は町に開かれたあり方を目指していきます。その第一歩として、このたび、2つの建物の見学会と堀部安嗣さんのトークを開きます。遠方ですが、どうぞこの機会にお出かけください。

 

トーク

日時:2020年2月15日(土)14:00〜15:00
話し手:堀部安嗣(建築家、京都造形芸術大学大学院教授)
会場:「南の家」(鹿児島県薩摩郡さつま町求名3356-11)
会費:1,000円
定員:20名(要申込)
※満席のため受付を終了いたしました。

見学会
日時:2020年2月15日(土)13:00〜14:00、15:00〜16:00
会場:「ある町医者の記念館」と「南の家」(鹿児島県薩摩郡さつま町求名3356-11)
会費:500円
申込:不要(時間内に現地へ直接お越しください)
※見学会の時間帯も堀部安嗣さんは会場におられます。
問合せ電話 099-285-8291(鹿児島大学工学部建築学科鯵坂研究室)


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.11.27 Wednesday

aaca景観シンポジウム 場の力で多様な価値を繋ぐ

場の力で多様な価値を繋ぐ
未来に向け、私達はどのような価値基準で建築・都市を考えるのか?
〜早稲田アリーナ等を通じて〜

 

日時2019年12月17日(火)

開場     14時30分
シンポジウム 15時00分〜17時30分
交流会    18時00分〜20時00分

会場早稲田大学27号館 小野記念講堂(東京都新宿区西早稲田1-6-1)
定員200名(先着順)
登壇者
■モデレーター
 佐々木 葉氏:早稲田大学創造理工学部社会環境工学科教授
■講演者 
 北野 寧彦氏:早稲田大学キャンパス企画部調査役
 水越 英一郎氏:山下設計 
 吉村 純一氏:プレスメディア・多摩美術大学教授
 笠原 真紀子氏:清水建設
申込方法
≪Fax≫
下記ホームページ左上「参加申込書」に必要事項をご記入の上お申し込みください。
Fax送付先:(一社)日本建築美術工芸協会 事務局
      Fax:03-3457-1598
≪E-mail≫
氏名・勤務先・住所・電話番号・E-mailを記載の上お申し込みください。
E-mail送付先:
simpo@aacajp.com
参加費
シンポジウム[個人・法人会員]4,000円
      [一般]     5,000円
      [学生]     無料
交流会            2,000円
申込締切2019年12月10日(火)
同時開催早稲田アリーナ見学会
集合:13時30分
   早稲田大学37号館 早稲田アリーナ2階 ラーニングコモンズ
見学:13時40分〜14時20分 
※参加ご希望の方は、下記ホームページ左上「参加申込書」の所定の欄に○印をご記入ください。


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.11.26 Tuesday

巨人の物語をひもとくシリーズ 第2回 建築家・吉田鉄郎の求めたもの

講師松隈 洋(京都工芸繊維大学教授)

日時2019年12月14日(土)14:00〜15:30

会場高志の国文学館(富山市舟橋南町2-22)
定員72名(要申込)
受講料無料
申込先メール:koshibun@esp.pref.toyama.lg.jp 電話:076-431-5492
*氏名、講座名、(県民カレッジ単位希望者は)住所・電話番号を記載。
*10/12の際に申込まれた方は、再申込の必要はございません。


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM