2020.01.27 Monday

文化財の保存活用におけるこれからの建築士の役割を考える−民間の設計者は文化遺産の保存活用に如何に貢献すべきか−

2019年4月から改正・文化財保護法が施行されました。改正の大きなポイントは、未指定を含む文化財の地域社会における総合的な「活用」の仕組みづくりにあると思います。今まで国が一元的におこなっていた文化財保護法に基づく文化財行政の主な部分を、都道府県・市町村の文化財行政に委ねるとともに、市町村は文化財に関する調査研究や提案を行う「文化財保存活用団体」を新たに指定できることなどが謳われているのです。

この改正を受けて、指定文化財はもちろん登録文化財や未指定の歴史的建造物における保存・活用についての重要な役割が、民間の団体や人材に委ねられることになるでしょう。その中でも、建築設計・監理業務における国家資格を持つ「建築士」の社会的責任は極めて重要なものになると思われます。今までの日本ではとかく新築デザインを主な業務としていた建築士というものの職能が、大きく転換していくことになるでしょう。

京都工芸繊維大学では、現在の大学院における「建築都市保存再生学コース」を、来年度後期には社会人に開かれたリカレント教育コースとして、日本における「ヘリテージ・アーキテクト(仮称)」誕生に向けての試みをスタートする予定です。今回の特別研究会では、日本における民間の建築士が、今後歴史的な都市や建築の保存活用に如何に貢献できるのか、あるいは貢献すべきなのかを総合的に議論し、有効なリカレント教育構築への第一歩にしたいと考えます。

 

日時2020年2月14日(金)13:30-16:40(13:00受付開始)

会場京都アカデミアフォーラムin 丸の内(東京都千代田区丸ノ内1-5-1 新丸の内ビルディング10階)

定員120名(申込不要/当日先着順)

●問合せ:国立大学法人 京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab 事務局
Mail:
info@d-lab.kit.ac.jp Tel:075-724-7283
E-mail:
bp-josei@artscouncil-tokyo.jp


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.01.23 Thursday

オープンフォーラム2020「芸術文化が都市の空間と時間を拡張する」

2020年大会が迫り多彩な文化プログラムを展開している東京、2024年、2028年に大会開催を控えるパリ市とロサンゼルス市、芸術文化による都市魅力の拡張に取り組む各都市から有識者を招き、都市における最新でクリエイティブな空間・時間の活用動向、公民連携プロジェクトなどの事例を踏まえ、芸術文化をいかにして都市のブランド価値にできるのかを、2020年を契機に考察します。
※日英同時通訳付き

ステファン・フィエベ(パリ2024オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化担当ディレクター)
クリストファー・ハウソーン(ロサンゼルス市 チーフデザインオフィサー)
芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)
伏谷博之(ORIGINAL Inc. 代表取締役、タイムアウト東京代表)
(敬称略・順不同)

 

日時2020年2月6日(木)16:00〜19:00(開場15:30)

会場THE CORE KITCHEN/SPACE(東京都港区新橋4丁目1-1)

定員130名

●参加費:無料(要申込)

申込方法下記ホームページからお申し込みください。
●申込締切:2020年2月3日(月)※応募者多数の場合は抽選
●問合せ:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
オリンピック・パラリンピック文化戦略担当
TEL:03-6256-8433
E-mail:
bp-josei@artscouncil-tokyo.jp


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.01.22 Wednesday

藤森 照信×南 伸坊 トークイベント 「藤森照信建築と路上観察」

建築史家、建築家の藤森 照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南 伸坊氏によるトークイベントを開催します。
藤森氏は建築史家としての活動を経て1991年45歳で建築家デビュー。以降28年にわたり、どこか壊かしさを感じる藤森流の建築を数多く発表しています。

本セミナーでは近作解説のほか、素材の調達方法、建築を移動可能に仕上げる「木造モノコック」などにも触れながら、藤森氏の設計スタイルについてお話しいただきます。また、古くから親交があり、「路上観察」、「縄文建築団」などで藤森氏と活動をともにするイラストレーターの南氏をお招きし、藤森建築の魅力や、活動のエピソードなどについて対談していただきます。

 

日時2020年3/10(火)14:00〜16:00(13:00開場)

会場リビングデザインセンターOZONE 3階パークタワーホール(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内)

定員200人 ※事前申込制(先着順)

●参加費:

(1)一般:1,000円(税込)
(2)CLUB OZONE[プロ(無料・有料)・ユース・法人]会員:無料

申込方法下記ホームページからお申し込みください。


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.01.16 Thursday

大牟田市庁舎本館の利活用を考えるシンポジウム

昭和11年竣工以来80余年、福岡県大牟田市のシンボルとして存在してきた近代建築が解体の可能性に直面しています。
堂々としたスケール、そびえたつ5層の塔、繊細なアラビア風装飾などをもつ貴重な建築であリ、耐震診断でも改修が可能との結果がでています。
本館の利活用方法について意見交換するシンポジウムを開催します。
大牟田のまちづくりをこの建物を通して考える場です。
JIA会員以外の一般の方でも参加可能です。

 

日時2020年1月18日(土)13:30〜15:00

会場大牟田文化会館第一・第二研修室(福岡県大牟田市不知火町2-10-2)
定員100名(要申込)
申込方法お申込みは、下記の公益社団法人日本建築家協会(JIA)九州支部事務局ヘメールまたはFAXにてお願い致します。

お名前、メールアドレス、連絡先電話番号をお知らせください。

公益社団法人日本建築家協会九州支部事務局
TEL:092-761-5267 FAX:092-752-2378
E-mail:
info@jia-9.or

申込先・問合せ総務企画部総務課秘書室秘書係 邉見
TEL : 022-217-5580 E-MAIL:
register.talkwithpresident@gmail.com


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.01.15 Wednesday

MITメディアラボ 石井裕教授と語る「挑戦と創造」

AIをはじめ、高度に発達した情報テクノロジーに囲まれている現代において、わたしたちはどのように未来を創り出していけばよいでしょうか?

今回、類まれなクリエーターでもあるMITメディアラボ石井 裕 副所長に二度目の東北大学ご訪問をいただくことになりました。都市・建築学を専門とする本学大学院工学研究科の五十嵐 太郎 教授とともに「挑戦と創造」をテーマに大いに語っていただきます。学生、研究者から市民の方まで未来を共創するためのてがかりを探りましょう。

 

日時2020年1月23日(木)14:00〜17:00(開場 13:30)

会場ウェスティンホテル仙台 2階 グランドボールルーム「雀」(宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1)
定員200名 ※事前申込
申込方法

下記WEBサイトの申込フォームよりお申し込みください。
http://www.tfc.tohoku.ac.jp/tfcfund/2019/mit-event/

※電子メールでのお申込みをご希望の方は、氏名、参加希望人数、連絡先(電子メールアドレス)をご記載の上、電子メールにてお申込み下さい。
申込先・問合せ総務企画部総務課秘書室秘書係 邉見
TEL : 022-217-5580 E-MAIL:
register.talkwithpresident@gmail.com


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.01.14 Tuesday

フォーラム「Logistics Architecture ―物流が建築、都市を変えていく―」【第9回】【第10回】

AI、IoT、ロボット、自動運転などによって物流は大きく進化し、建築や都市を大きく変化させることでしょう。
既にそのきざしは見え始めています。
「日本古代史」「デザイン」「まちづくり」「建築」の各分野の専門家を講演者に招き、進化と変化のベクトルを展望するフォーラムの第9回と第10回を開催します。

 

日時

【第9回】2020年3月19日(木)18:30〜20:00(18:00〜受付開始)

「古代倉庫と国家支配構造」武井紀子氏(弘前大学 准教授)
「Intelligent Logistics Center PROTOとその背景」カズ・ヨネダ氏(Bureau0-1株式会社 代表取締役)
【第10回】2020年4月21日(火)18:30〜20:00(18:00〜受付開始)

「ウォーターフロントのまちづくり」岡田智秀氏(日本大学 教授)

「Big eaves lounge」子浦中氏(建築家、株式会社シオ建築設計事務所 取締役 共同主宰)

モデレーター:中崎隆司氏(建築ジャーナリスト&生活環境プロデューサー)

会場Warehouse Market Tokyo「ReBar(リバー)」(東京都港区海岸3-5-13 五色橋ビル3F)
参加費1,000円
定員各回30名(事前申し込み制:先着順)
申込方法下記ホームページの参加申し込みフォームからお申し込みください。
問合せLogistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会
事務局(株式会社リソーコ内)担当:浜谷
TEL:03-3453-0919
E-Mail:
info@re-sohko.co.jp


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.01.05 Sunday

フォーラム「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト〜クリエイティブ・ダンディーを迎えて」

アーツコミッション・ヨコハマ(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)とブリティッシュ・カウンシルは、横浜で「東京2020オリンピック・パラリンピック」の事前キャンプを行う英国との文化交流プログラムを開催します。

来日する「クリエイティブ・ダンディー(Creative Dundee)」は、スコットランドの美しい港町であり、デザイン、デジタルコンテンツで経済成長を続ける「ダンディー市*」の創造産業におけるキープレイヤーとして活動する中間支援団体です。

クリエイティブ・ダンディーは、民間セクターとして行政と連携し同市の創造産業におけるプロモーション、ネットワーキング、政策提言などを行っています。芸術・文化と創造性が都市の発展において欠かせないとして活動されている思いは、横浜市の文化芸術創造都市施策の推進をはかるアーツコミッション・ヨコハマと同じです。

今回、クリエイティブ・ダンディー・ディレクターのロリ・アンダーソンと市内外で活躍するクリエイターやオーガナイザー、編集者などを迎え、「創造性の広がりがもたらす都市へのインパクト」と題してフォーラムを行います。

この交流を通じて、クリエイターや起業家や行政・企業など様々なプレイヤーがつながることで社会に生まれる価値について、その考え方や仕組みを互いに学びあい、都市における創造性の役割を明らかにしていきます。

* ダンディー市(City of Dundee)は、古くは貿易都市として礎を築き、繊維から造船等の工業で栄え、一時経済が停滞、戦後の電子、近年はソフトウェア、バイオ、デジタルコンテンツ産業が都市経済を動かしている。現在、ユネスコ創造都市ネットワークのデザイン都市としてデザインを都市政策の中心に据え、ウォーターフロントの開発を2001年からの30年計画を実施中で、2018年には隈研吾氏が設計したヴィクトリア&アルバートミュージアムの分館がオープン。

 

日時2020年1月20日(月)18:30〜21:00

会場YOXO BOX(横浜市中区尾上町1-6)
料金1,000円
定員60名(事前申込制)
申込方法ウェブ申込フォームよりご登録ください。
https://acy-dundee.peatix.com/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.12.31 Tuesday

第52回まちカフェ「世界の歴史都市にみる,道路空間再編とデザイン」

近年、世界の歴史都市において、歩行者のための道路空間の再編が急速に進められている。パリ、ブリュッセル、ロンドン、ウィーンなどで進められている歴史的市街地の再生と歩行者空間化の取り組みを紹介し、都市のデザイン戦略や市民参画・協働のあり方を議論する。また、日本の歴史的市街地における公共デザインの課題や方法を、具体的事例をまじえて解説するとともに、これからの公共デザインの可能性について議論を深めたい。山口敬太氏(京都大学 大学院 工学研究科 准教授)

 

日時2020年1月26日(日)14:00〜16:00(開場13:30)

会場京都文化博物館 別館 2階講義室(京都市中京区三条高倉)
参加費無料(申込不要)


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.12.28 Saturday

「ファッション・建築×テクノロジー」- sight update session エンジニアへのラブコール -

エンジニア向けに、音楽・ファッション・アート・食など、これからエンジニアが活躍することが期待される業界の第一線で活躍するトップランナーをお招きしてトークショーを行う「sight update session」。
第4弾は「ファッション・建築×テクノロジー」をテーマにお届けします。

登壇者はファッションデザイナーとしてパリコレなどで毎回世界から注目を集め2019年フランスのルイ・ヴィトンの親会社が開催する「LVMHPRIZE」のファイナリストに選出されたアンリアレイジ森永邦彦氏と、安藤忠雄建築研究所を経て2007年より東京と台北をベースに建築デザイン事務所noizを共同主宰する豊田啓介氏をお招きします。

世界を舞台にファッション、建築でテクノロジーを駆使した作品を作り続ける彼らに、最新事例や固定観念をアップデートする視点、そのチーム作り、必要とするITエンジニア像を伺っていきます。

アンテナ高く活動している彼らは5G、IoT、ビッグデータ/AI時代をどのように見据えているのか?ITエンジニアをリスペクトする業界トップランナー達を掘り下げていきます。当トークショーは来場者からの質問も #sight ハッシュタグで受け取っていきます。

懇親会も含めて登壇者からのエンジニアへのエールやラブコールをたっぷり受け取って下さい!!

 

日時2020年1月24日(金)19:30〜21:20

会場TECH PLAY SHIBUYA(東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F)
参加費無料
定員150人
参加対象エンジニア
持ち物名刺1枚(※受付時にお出しください。)
申込方法下記ホームページからお申し込みください。


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.12.27 Friday

槇文彦のランドスケープが招くアナザーユートピア

槇文彦の設計哲学は「無償の愛」である。ここに若者へのメッセージが託され、建築・ランドスケープ・まちづくり・造園等の領域は問わない。建築家でありながら「建築は脇役」と論じ、こよなくオープンスペースを愛される。
モダニズムの提唱者でもあり、近著「明治神宮外苑の歴史的文脈のなかで考える」のなかで、東京の文化的景観を論じられる。大阪はどうだろうか。
槇文彦の時代・歴史・風土・コミュニティ・品格等を読み解く技と哲学を学び、ランドスケープ、まちづくり、建築などを志す皆様との情報共有の場を目指す。

 

日時2020年2月8日(土)1時30分開場 2時〜5時30分 懇親会6時〜

会場大阪市中央公会堂(大阪市北区中之島1丁目1番27号)
参加費実務家2,000円 一般社会人1,500円 学生1,000円 高校生500円
申込み・問合せnak-fumi@kankyo-u.ac.jp 中橋迄


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM