2020.07.09 Thursday

第32回栃木県マロニエ建築賞

栃木県、一般社団法人栃木県建築士会、一般社団法人栃木県建築士事務所協会、一般社団法人栃木県建設業協会、公益社団法人日本建築家協会関東甲信越支部栃木地域会、公益財団法人とちぎ建設技術センター及び一般社団法人日本建築学会関東支部栃木支所で構成する「栃木県マロニエ建築賞運営委員会」は、県民の美しい景観に配慮したまちづくりに対する意識の高揚と建築活動の活性化を図るため、都市景観の形成、歴史・文化の創造及び建築水準の向上等に寄与するものと認められる建築物又は建築物群を表彰しています。

 

●申込期間:2020年7月1日(水) 〜 7月31日(金) ※消印有効

応募方法応募用紙に必要事項を記入し、審査資料を添付のうえ御応募ください。また、建築主、設計者及び施工者の連名により御応募ください。

●審査会委員:

委員長 梶原良成 (宇都宮大学 教授)

副委員長 山島哲夫 (前 宇都宮共和大学 副学長)

委員 栗原俊明 (彫刻家)

   渡邉美樹 (足利大学 教授)

   石井大一朗(宇都宮大学 准教授)

●表彰:

▪️栃木県マロニエ建築賞 1点
▪️栃木県マロニエ建築優良賞 若干数

●申込先:

【一般社団法人栃木県建築士会(栃木県マロニエ建築賞運営委員会事務局)】
 〒321-933 栃木県宇都宮市簗瀬町1958-1
 tel:028-639-3150
 fax:028-639-3160

【栃木県県土整備部建築課事業管理担当】
 〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20
 tel:028-623-2512
 fax:028-623-2489

●詳細・問合せ:http://www.pref.tochigi.lg.jp/h10/kouhou/houdou/maronie32-3.html


デザイナーズ家具のことならば
2020.07.08 Wednesday

3days DESIGN CHAMPIONSHIP 2020

「好立地、ぞくぞく。」のキャッチコピーを掲げる私たちオープンハウス・ディベロップメントが建築を専門に学ばれる学生のみなさんに贈るコンペ形式のインターン企画。その最大の目玉は、「コンペ優勝者の設計プランで実際に家を建て、実際にお客様に販売をすること!」。オープンハウス・ディベロップメントが用意する東京都心の稀少立地に、学生のみなさんに設計プランを描いてもらい、その内容を競い合います。
(※学生の皆様の設計であることは、お客様に事前に伝えます)

 

●実施日程:

第1回:8月3日(月)〜 8月5日(水)
第2回:8月24日(月)〜 8月26日(水)
第3回:8月31日(月)〜 9月2日(水)
第4回:9月7日(月)〜 9月9日(水)
第5回:9月14日(月)〜 9月16日(水)

定員各回18名
※定員を超えた場合には抽選となります。

●対象:

▪️四年制大学・大学院・専門学校・高等専門学校
▪️建築、住環境、土木系、デザイン系の学科に所属していること
▪️2022年3月に卒業見込みの方

●実施場所:

インターン:オープンハウス・ディベロップメント 渋谷オフィス

【渋谷南東急ビル6階】
渋谷区渋谷3-12-18

※いずれも渋谷駅より徒歩10分以内の事務所です。
※GRAND FINAL:場所未定

●詳細・問合せ:https://recruit.openhouse-group.com/intern/2020/3days/


デザイナーズ家具のことならば
2020.07.05 Sunday

第1回小学生探究グランプリ: なりきり!建築家

記念すべき第1回目のテーマは『建築』。
全国(全世界)の建築好き・工作好き小学生に贈る、建築模型コンテストです。テーマは「あったらいいなと思う建築」。自由な発想で、理想の建築物の構想から設計・模型作りにまで挑戦いただきます!
グランプリで競うのは、オリジナルの「建築模型(立体)」と「建築パース・設計図(平面)」。例えば新国立競技場のような大型建築の設計図を公募するときも("コンペ"ともいいます)、同じような形式で募集するんですよ。まさに、プロと同じ土俵に立つわけです!
審査員はプロの建築家とプロの探究者(校長いわたくほか、a.schoolの講師陣)が務めます。
小学生以下であればどなたでも応募できる本グランプリ、募集締め切りは8月15日(土)です!STAY HOMEな日々が続く今だからこそ、夢の建築づくりに没頭しませんか?

 

●テーマ:「あったらいいな」と思う建築

募集対象12歳(小学6年生)以下の方
※未就学児の方でも応募可能です。

●提出物:

〃築パース・設計図(平面)
建築模型(立体)

※建築パース・設計図や建築模型の形式は問いません。

※(スマートフォンなどで)写真に撮って提出ください。建築模型についてはできるだけさまざまな角度から撮影した写真を添付願います(最大10枚・合計1GBまで/PDF, JPEG, PNGのみ)。

※審査ポイントは以下3点です。
▪️『アイデア』の独創性
▪️設計図や建築模型をつくる『技術』
▪️これからの『社会』で必要とされるコンセプト

●スケジュール:

募集開始:2020年6月13日(土)
募集締切:2020年8月15日(土)24:00
結果発表:2020年8月29日(土)Youtube上で生中継予定(同日中にa.school HPでも発表)

●表彰:

▪️グランプリ(1作品)
▪️優秀賞(3作品)
※受賞者には、審査員(プロの建築家)が厳選した建築家グッズをプレゼントします!

●審査員:

敷浪一哉(建築家)
田中元子(建築のライター/まちづくり会社社長)
大西正紀(建築の編集者/まちづくり会社ディレクター)
岩田拓真(a.school校長)

●詳細・問合せ:https://note.com/aschool/n/n819bddd8979e


デザイナーズ家具のことならば
2020.07.01 Wednesday

YKK AP エクステリア スタイル大賞 2020

「YKK AP エクステリアスタイル大賞」は、エクステリア商品を用いた提案力・設計力の向上 を目的に、周辺環境への配慮や将来性に工夫を凝らした エクステリア空間の設計・施工作品の写真を 事業者様より募集するフォトコンテストです。今年で10回目の開催 を迎え、提案と設計が施主様のご要望に応えていることに加え、施工力や技術力に優れた作品であることなどを第三者視点で評価します。その授賞作品を通して多くの方にエクステリア空間の魅力を伝えることで、快適で豊かな暮らしへの気づきにつなげていただくことを目的としています。

 

●募集期間:2020年5月18日(月)〜 7月31日( 金)

応募条件

。截烹 AP 商品 を採用して、設計及び外構プランを担当された事業者様。
2019年4月以降の完工物件であること。

●審査方法:審査委員とYKK APの合議により、以下の点に重点をおき総合的に審査します。
▪️提案と設計が、建主のご要望に応えたものであること。
▪️建物とエクステリアの調和が取れており、美しく統一性があること。
▪️創造性のあるエクステリアの設計、施工であること。
▪️好適な施工であり、優れた技術力が現出したものであること。
▪️周辺環境への配慮や将来性に工夫をこらした設計・施工であること。

●審査方法:

[A] ファサード部門

門扉やポストユニット、カーポートなど、エントランスまわりのエクステリア商品 を提案施工した物件。

[B] ガーデン部門

テラス屋根やガーデンルーム、デッキなど、リビングやガーデンまわりのエクステリア商品を提案施工した物件。

[C] リフォーム・リノベーション部門

リフォーム(修繕/改善)またはリノベーション(改築)された物件。
※Before・After の両方の写真が必須となります。

[D] 分譲街並み&公共施設部門

2 棟以上の分譲住宅、集合住宅(マンション外構など)、商業施設、保育施設、 レジャー施設、その他施設などの物件。

[E] 展示場部門

モデルハウスや住宅展示場、ショールームなどの提案展示。

●詳細・問合せ:https://www.ykkap.co.jp/info/ex_contest/


デザイナーズ家具のことならば
2020.06.29 Monday

アフターコロナの世界

2020年は東京オリンピックが開催され、これに合わせた都市開発や新築のプロジェクトがオープンし、さらに各種のイベントや文化事業なども数多く行われる予定でした。しかし、瞬く間に新型コロナウイルスが世界に蔓延し、当たり前に訪れるはずの明日は消え、それどころか日常の生活が激変しました。何よりも建築にとって衝撃的なのは、人が集まる空間は無条件に良いとされていたのに対し、今やそれがリスクそのものになってしまったことです。あらゆる人間があらゆる人間に対する潜在的な脅威になりうる状況です。

これは特定地域の問題ではなく、人類にとっての大きな課題と言えるでしょう。仮に今回の新型コロナウイルスが収束したとしても、将来、別のパンデミックが発生するかもしれません。グローバリズムで繋がった世界は、今後もその危機と向きあいながら、社会を再編し、新しい空間を構築していくでしょう。建築行脚の旅に出かけたり、フィールドワークも思うようにできない現在、どうしても家にこもりがちです。いったん非常事態宣言は解除されましたが、活動が制される状況はしばらく続くでしょう。おそらく学生は通学、サークル、バイトがなくなり、フェスも飲み会もなくなり、時間だけはいっぱいあります。

そこで不自由な生活を、未来を考える時間として捉え、歴史的な変革に向きあう機会としてコンペティションを開催します。危機と共存するアフターコロナの世界において、都市と建築はどうなるか、あるいはわれわれがどのような空間を生きるのか、多様な提案を期待しています。審査委員長 五十嵐太郎

 

●応募締切:2020年8月25日(土)日本時間24:00

応募資格応募資格に制限はありませんが、下記のクラスに沿った形で応募を受け付けます。

▪️A class | 2020年度 高校生・高専生・学部又は専門の3年生以下のclass
▪️B class | 2020年度 学部4年生のclass
▪️C class | 2020年度 大学院生以上、社会人のclass

●審査員:

▪️審査委員長:五十嵐太郎(建築史家/東北大学大学院工学研究科教授)
▪️浅子佳英(建築家/タカバンスタジオ)
▪️吉村有司(建築家・都市分析/東京大学先端科学技術研究センター特任准教授)
▪️鷲田めるろ(美術/十和田市現代美術館館長)

●審査方法:

▪️審査員一人一人が各自審査します。
▪️審査はすべて審査員へデータで送られ、テレワークにて審査を行います。

●賞:

▪️各審査員により各classごと、最低1点〜数点(制限なし)が選出。
▪️選出された受賞者には、各審査員から推薦図書と賞状が贈呈されます。
▪️受賞作品数は、各審査員に配分された予算範囲内で変動します。

●主催:「アフターコロナの世界」コンペティション実行委員会

「アフターコロナの世界」コンペティション実行委員会は、新型コロナウイルスの影響を鑑み、学生をはじめとする不自由な時間を強いられている多くの方へ「未来」について考える機会を提供する事で、少しでも有意義な時間へ繋げてほしいと願い、個人有志によって企画運営しています。御賛同・御協力いただけると幸いです。

●問合せ:aftercoronacompeアットマークgmail.com
※ アットマークを変えてメールをお送りください。


デザイナーズ家具のことならば
2020.06.18 Thursday

Social Good Distance DESIGN COMPETITION 〜都市空間の新しい遊び方、楽しみ方のデザイン〜

“ソーシャルグッドディスタンス”を考え、都市空間の新しい遊び方、楽しみ方のデザインを提案するコンペティションを開催します。
このコンペは、実際に都市空間のなかにポジティブなソーシャルディスタンスを生み出すためのものです。みなさんのソーシャルグッドディスタンスの提案を「有楽町」の人々に体験してもらい、都市のあり方、ふるまい、アクティビティがもっと面白くなり、新しい遊び方や働き方や過ごし方を生むような、都市に実装できる創造的で遊び心のあるアイデアを期待しています。
今回の審査会はゲストを3組に分け、2日に分けてオンラインの公開審査を行います。この公開審査は、デザインコンペでは珍しい、提出した全作品にコメントをつける形式です。
さらに審査会ごとに、最優秀作品と、審査員賞を選び、最優秀作品は、ソーシャルグッドディスタンス展の会場であるmicro FOOD & IDEA MARKETや、有楽町のワークスペース(SAAI を含む三菱地所所有のビル)や有楽町の街なかを使って、実装、体験、展示します。奮ってご応募をお待ちしています。

 

日程

▪️応募登録: 6月24日(水)
▪️提案〆切: 7月1日(水)23時55分迄
▪️審査会(オンライン・公開):7月3・4日予定
▪️結果発表: 7月4日(最優秀賞3案、審査員賞)(最優秀3作品)
▪️制作期間: 7月5日(日)〜 7月22日(水)(展示搬入 7月20日〜 7月22日)
▪️お披露目会:7月22日(水)夜 or 7月23日(祝)日中
▪️展示期間: 7月23日〜会期終了まで

▪️最優秀賞  3 点(副賞として、制作費10 万円)
▪️審査員賞  各審査員1 点(副賞:審査員のサイン入り推薦本)

●審査員:

(◎:各グループでの審査委員長)

◎太刀川英輔 (NOSIGNER 代表/ 進化思考家/デザインストラテジスト/慶応義塾大学特別招聘准教授)
 馬場正尊 (オープン・エー/東北芸術工科大学教授)
 泉山塁威 (都市戦術家/ 日本大学助教/ソトノバ共同代表)
 大藪善久 (SOCI/ 土木デザイナー/パブリックスペースデザイナー)

◎秋吉浩気 (VUILD)
 海法圭 (海法圭建築設計事務所)
 川勝真一 (建築リサーチャー/RAD)
 津川恵理 (ALTEMY)

◎齋藤精一 (ライゾマティクス・アーキテクチャー)
 古田秘馬 (umari/プロジェクトデザイナー)
 井上成 (三菱地所蝓.廛蹈献Дト開発部兼エリアマネジメント企画部担当部長)
 宇野常寛 (評論家/ 批評誌『PLANETS』編集長)
 指出一正 (『ソトコト』編集長)

デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.05.31 Sunday

くらし方プチリノベーションコンテスト

くらしを楽しく幸せにするための住まい方・くらし方の実例を募集します。

 

応募期間2020年4月1日(水)〜 6月30日(火)

●内容:日々の暮らしを“ちょびっと”リノベーション(=改革)するアイデア実例
※未発表、未公開のもの(ただし、非営利目的で個人のホームページやブログ、SNSに掲載している作品は可)

●対象者:どなたでも参加可能(プロ・アマ問いません)

●応募条件:

(1)応募者のオリジナル作品であること
(2)法令、公序良俗に反しないこと
(3)第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害しないこと
(4)展覧会、コンテスト、雑誌などに投稿していない作品
(5)肖像権、著作権についての諸条件を了承し、要項に沿った応募方法と仕様であること
(6)同じ作品を2回以上応募した場合、2回目以降は無効となります。
(7)応募作品は、実際に応募者が実施した内容とし、他人が行った場合や実施を伴わない提案のみの場合はご応募の対象とはなりません。

●賞:

▪️理事長賞(1点)商品券3万円分
▪️優秀賞(3点)商品券1万円分

詳細・問合せ・申込みhttps://www.kosha33.com/kjk70th/contest/kurashi/
※上記ホームページ内の『お問い合わせ』フォームよりお問い合わせいただけます。

 

デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.05.27 Wednesday

『夢のお部屋』コンテスト

『夢のお部屋』を自由な発想で、絵やデザイン、または文章で表現してください。

お子様であれば「こんな自分の部屋がほしい」や「50年後の未来の部屋」、これから一人暮らしをするかもしれない学生さんであれば「こんな部屋があったら住んでみたい」、人生の後半を迎えるシニアの方であれば「セカンドライフはこんな部屋で過ごしてみたい」、など各世代において“夢のお部屋”があると思います。それぞの“夢”をぜひ聞かせていただければと思います。

 

応募期間2020年4月13日(月)〜 2020年6月14日(日)※作品必着

応募対象日本在住の小学生以上の方
※個人での応募に限ります。応募は1人につき1 回までとします。

●賞品:

1. 絵画・デザイン画部門/ 実際に描かれた絵画やデザイン画を立体モデルにして 差し上げます(1名様)
2. 文章・作文部門/ 文章や作文で表現されたものをデザイン画にして差し上げます(1名様)
※2名の受賞者のうち、1名にスカイコート株式会社の専属アドバイザー就任を依頼

●審査員:盒饗臺總手・村元哉中選手

デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.05.26 Tuesday

立田山憩の森・お祭り広場公衆トイレ公開設計競技2020

熊本市の中心部から東北に位置する標高152mの立田山は、市街地に残された貴重な自然緑地です。都市化の進展とともに行われる緑地の開発を防ぎ、県民の生活環境を保全するため、自然の森に復元し、憩いの場をつくることで生活環境保全林「立田山憩の森」として、多くの県民の健康づくりやふれあいの場として活用されてきました。
この設計競技は、熊本市北区立田山憩の森・お祭り広場に、県が建設する公衆トイレの設計者を広く公募するもので、熊本県が推進する「くまもとアートポリス」プロジェクト事業として実施するものです。
多くの方々にこの地にふさわしい公衆トイレ計画を提案していただき、設計に参画してもらうために実施します。

 

スケジュール

2020年4月6日(月曜日):要項発表・応募受付開始
2020年4月6日(月曜日)〜6月22日(月曜日):要項配布
2020年6月22日(月曜日):応募締切

審査員

▪️審査員長
 伊東豊雄(建築家、くまもとアートポリスコミッショナー)

▪️審査員
 桂 英昭(建築家、くまもとアートポリスアドバイザー)
 末廣香織(建築家、くまもとアートポリスアドバイザー、九州大学准教授)
 曽我部昌史(建築家、くまもとアートポリスアドバイザー、神奈川大学教授)

●問合せ:熊本県庁 土木部 建築課 アートポリス・UD班
tel:096-333-2537

デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.05.19 Tuesday

第4回未来こども園デザインコンペ U30

子どもたちが最初に家族以外の人とふれあう場所
それがこども園(保育園)です。

誰もが過ごしたあの場所で、私たちは多くを学び、感じ、
最初の社会を体験しました。
おにごっこやどろんこ遊び、折り紙 縄跳び かくれんぼ…
遊びの中から子どもたちは人との関わりを学び
自我を目覚めさせ、ルールを知り成長していきます。

近年、女性の就業率上昇から保育園に対するニーズは多様化しています。
今後、益々進化を続けていくいくこども園(保育園)。
こども園(保育園)の可能性は無限大です。

第4回U30部門のテーマは『世界を守るこども園』

2015年9月に国連で開かれたサミットで定められた
持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」を参考としながら、

今考えられる、未来を目指したこども園を考えてみませんか?

※当コンペは「Under25部門」として当初予定しておりましたが、さらに多くの学生様にご応募いただけるよう
「Under30部門」として開催させていただくこととなりました。

 

テーマ「世界を守るこども園」

エントリー受付期間2020年4月15日(水)〜 2020年6月30日(火)

●提出期限:2020年6月15日(月)〜 2020年6月30日(火)
※郵送の場合は6/30必着

●提出先:株式会社ユーエス計画研究所
〒453-0012 名古屋市中村区井深町1-1
新名古屋センター本陣街214
TEL:052-846-4001
担当:経営管理グループ

●応募手順:下記ホームページよりエントリーフォームを送信してエントリーしてください。
※詳細は下記ホームページをご確認ください。

●応募資格:Under30
専門学生 大学3年生 大学4年生 大学院生 30歳以内
入賞の際には表彰式へ参加いただけること(新型ウイルスが収束しない場合は問いません。)
※個⼈⼜はグループを問いません。
※グループの場合は全員がunder30であること、グループ全員が応募用紙を提出すること。

●賞金:

最優秀賞…1点 20万円

優秀賞…2点  5万円
US賞…1点  5万円

●審査日:2020年7月18日(土)

※結果はホームページで発表、受賞者には改めて連絡致します。

●応募点数:⼀⼈1点のみ

●提出物:

応募用紙

提案書(A3サイズ2枚/片面横使い/用紙・表現方法自由 )
※課題内容に沿ったものとする
パース(任意)
模型写真(任意)

●問合せ:未来こども園デザインコンペ運営事務局 担当:三浦、木本、鈴木
mail:
conpe@us1130.co.jp
※お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM