2018.05.21 Monday

村野藤吾の建築をみる(20)横浜・東京 「村野藤吾の建築と横浜・東京」

村野藤吾の建築を中心に横浜・東京をめぐる研修ツアーです。村野作品はいずれも建設当初のまま、あるいは前の時代から引き継ぎ改修・増築されたもので、都市の中核をなす建築として生き続けています。初日の横浜では歴史的建築の豊かな街並みを歩きながら、開港から都市の発展を紹介する展示や解説も見聞し、また、村野藤吾と同時代に活躍した建築家・坂倉準三や山田守の作品にも立ち寄ります。横浜での宿舎は著名なホテルニューグランドで、翌、東京で訪ねる建築はすべて村野藤吾の関わった作品です。

講師は笠原一人 氏(京都工芸繊維大学 助教)

 

●日時:2018年6月15日(金)〜16日(土)
集合:11:15 JR根岸線・関内駅 南口
解散:17:30 JR東京駅(予定)
●参加費:40,000円(*ビジター:41,000円)+宿泊費

●訪問先:6月15日(金)
横浜市庁舎(村野藤吾/1959)
横浜市開港記念会館(山田七五郎/1917)
神奈川県庁新庁舎(坂倉準三/1966)
横浜開港資料館(旧館:英国工務省・1931/新館:浦辺鎮太郎・1981)
横浜都市発展記念館(旧横浜中央電話局/逓信省技師・中山広吉/1929)
講義…横浜情報センター(旧館:旧横浜商工奨励館/1929)
6月16日(土)
ホテルニューグランド本館(渡辺仁/1927)
社会保険横浜中央病院(山田守/1960)
八重洲ダイビル(村野藤吾/1967)
高島屋日本橋店(高橋貞太郎/1933[増築]村野藤吾/1952・1954・1963・1965・1973/重要文化財)
日本海事協会管理センター別館(村野藤吾/1980)
麹町ダイビル(村野藤吾/1976)
迎賓館[旧赤坂離宮](片山東熊/1909・[改修]村野藤吾/1974/国宝)

●定員:22名(催行最少人数12名)

●申込先:Club Tap事務局へ〈氏名・住所・連絡先〉をお知らせください。
※ご希望は早めにお寄せください。検討中の方も仮予約ができます。

Club Tap事務局
〒569-1115高槻市古曽部町1-24-18
TEL&FAX:072-683-7700
携帯:090-7097-6497
E-mail:
club-tap@outlook.jp

●詳細URL:http://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/evt20180518-4.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.05.17 Thursday

京都・粋伝庵 離れ ドミトリー翆 内覧会&体験宿泊会

京都西陣にて株式会社アルファヴィルが設計監理して参りました、ゲストハウスが竣工いたしました。
内覧会・体験宿泊会開催の運びとなりましたので、ぜひご参加ください。

 

●内覧会:2018年5月20日(日)13:00〜17:00
●宿泊会:日程:2018年5月25日(金)
時間:チェックイン午後10時頃まで、チェックアウトは翌朝の午前10時
部屋タイプ:1人用のスモールキャビン×14、3人用の個室×2室
問合せ:E-mail 
006@a-ville.net(担当 平田)

●会場:京都・粋伝庵 離れ ドミトリー翆
(京都府京都市上京区真倉町730番地 京都・粋伝庵南隣)

●詳細URL:https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1670991243022419&id=283012968486927


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.01.11 Thursday

Club Tapフィールドセミナー 村野藤吾の建築をみる(19):大阪(関西大学中高校舎)村野藤吾の関西大学中高校舎−キャンパスに生きる建築−

今回は大阪・吹田市の関西大学千里山キャンパスの第一高等学校・中学校を訪ねます。村野藤吾による1950年代の校舎をはじめとする数棟の校舎や運動場からの全景など、その意図が存分にくみ取れる箇所が数々あります。ほとんど現役で活躍中の校舎群、礼儀正しい生徒さんたちとすれ違いながら生きた姿を見学します。

講義13:00〜

見学14:00〜

第一高等学校新校舎(1980年)/第一高等学校校舎(1953年)/理科特別教室(1966年)/
第一中学校校舎(1957年)/景風館(1955年)

 

(関連書籍)

 

●日時:2018年1月27日(土)12:15〜16:30
●集合:12:30 *時間厳守 阪急電車千里山線「関大前駅」南改札口(地下)

●定員:25名(催行最少人数15名)

●参加費:7,000 円(講師料、会場費、お茶代ほか)

●申込締切:下記詳細をご参照ください。

●参加費:2018年1月20日(土)

●詳細URL:http://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/12/evt20171228-1.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.10.25 Wednesday

まちのレガシーをめぐる「おかやま有名建築みてあるき」

岡山県庁や林原美術館、天神山文化プラザ、岡山市民会館、岡山市立オリエント美術館、岡山県立美術館、岡山シンフォニービル等、岡山市内中心部にある有名建築家、前川國男・佐藤武夫・岡田新一・芦原義信の設計した近現代の建築物「まちのレガシー」を、裏側まで解説付きで見て歩きます。

 

●日時:平成29年11月3日(金・祝)・4日(土)いずれも10:00〜12:00
集合|9:30 岡山県庁玄関前(予定)
●見学建物:岡山県庁、林原美術館、天神山文化プラザ、岡山市民会館、岡山市立オリエント美術館、岡山県立美術館・岡山シンフォニービルのうち、2〜4件を見学します。
※使用状況により内部に立ち入れない場合もありますのであらかじめご了承ください。

●参加費:無料 ※入場・入館料が必要な施設につきましては、別途、参加者による自己負担が必要です。

●定員:各回30名程度 ※申込多数の場合は抽選させていただきます。

●解説者:松隈 洋(京都工芸繊維大学教授)
石田尚昭((公財)岡山市スポーツ・文化振興財団常務理事)

●申込方法:「まちのレガシーをめぐる おかやま有名建築みてあるき 参加希望」と明記のうえ、氏名、確実に連絡がとれる電話番号、メールアドレスを申込先のメール、ファクス、または財団事務所窓口で直接お申込ください。
※下記ホームページ最上部のチラシ(裏面が申込書)もご利用ください。

●申込先・問合せ:公益財団法人岡山市スポーツ・文化振興財団 担当:石田
〒700-0825 岡山市北区田町一丁目8-30 伊達ビル3階
TEL:086-232-7811 FAX:086-234-1205
電子メール:
n-ishida@okayama-sc.jp 

●申込締切:10月31日(火)必着

●詳細URL:http://bit.ly/2zna3Fq


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.07.26 Wednesday

第8回オープンナガヤスク−ル「ナガヤ」×「耐震」見学会+研究会 @ヨリドコ大正メイキン

大正区泉尾にある現在改修中のナガヤ「ヨリドコ大正メイキン」で、耐震改修現場の見学会!
インスペクションに基づく耐震改修工事の様子を、耐震改修設計者と施工事業者の説明を聞きながら現地見学をしていただけます。工事途中の今だけ見られる貴重なタイミングです!
ヨリドコ大正メイキンは築60年の重層長屋。今回はそんな長屋の2棟のうち1棟をシェアアトリエと共同住宅にリノベーションするといった計画です。見学会後の研究会では、古い建物の改修についての話しに加えて、もう1棟の長屋に住むイラストレーターの方から長屋での暮らしについてもお話していただきます。
長屋やリノベーション、また耐震改修についてご興味のある方も、ぜひご応募ください!


●日時:平成29年8月6日(日)12:00-18:00のうち、1時間30分程度
第1グループ 12:00-13:30
第2グループ 13:30-15:00
第3グループ 15:00-16:30
第4グループ 16:30-18:00
(それぞれのグループの開始15分前に受付開始)
●場所:ヨリドコ大正メイキン(大阪市大正区泉尾2丁目21-8)

●定員:40名(10名×4グループ)※要申込

●参加費:300円(保険料+資料代+お茶代等を含んでおります。)

●問合せ:オープンナガヤ大阪2017実行委員会(担当:福元)
e-mail:
opennagaya@gmail.com
tel:06-6605-2873(10:00〜17:00)

●申し込み・詳細URL:https://www.facebook.com/events/168741657003399/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.06.15 Thursday

第31回見学会のご案内〜山形中東部 新旧木造建築バスツアー

第31回見学会は、山形県中東部の新旧木造建築バスツアーです。フォラム正会員の伊藤啓富氏(木造建築構造設計 i-木構)の企画で実現します。木造建築好きな仲間と夏の山形のバスツアーをお楽しみください。 東京方面からはもちろん、名古屋、大阪(伊丹)からも日帰り可能なツアーですのでふるってご参加ください。


●日時:2017年7月1日(土)10:40〜16:50
●参加費:18名(申込み先着順。定員になり次第締め切ります。最小催行人数:10名。)

●集合:山形新幹線さくらんぼ東根駅(10:40)、または、山形空港ロビー(11:00)
●解散:山形新幹線山形駅、または、山形空港。

●申込方法:下記ホームページより申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、NPO木の建築フォラム事務局宛にFAXまたは、E-mailにてお申し込みください。

●問合せ:NPO木の建築フォラム事務局
TEL:03-5840-6405 FAX:03-5840-6406 Email:
office@forum.or.jp

●詳細URL:http://www.forum.or.jp/menu2_6.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.05.23 Tuesday

『まちのゲストハウス考』巡業 長野場所 vol.3 まちを味わう

初場所岡山、京都場所につづいて3回目の舞台は長野。編者の東京工業大学の真野洋介先生、建築家の片岡八重子さん、著者の岡山<とりいくぐる>のオーナーである明石健治さんと長野<1166バックパッカーズ>の飯室織絵さんの4名にお集まりいただきます。
今回は「まちを味わう」と題して、善光寺門前にある宿・1166バックパッカーズを起点としたまちの見方を考えます。
地元の建築家・宮本圭さん(株式会社シーンデザイン建築設計事務所)による先着15名の無料まちあるきツアーや、ch.books CAFEさんのおいしいドリンクなどもご用意。たっぷりと時間をかけて善光寺門前の今を体験ください。


●日時:2017年6月18日(日)14:30開場、15:00〜17:30
●場所:KANEMATSU(長野市長野東町207-1)

●参加費:1500円※本書を当日購入or持参の方は会費を500円引
懇親会:2500円(同会場)
●定員:40名

●問合せ:学芸出版社 (担当:岩切)
MAIL:
iwakiri@gakugei-pub.co.jp(※@を半角に) TEL:075-342-2600

●申込・詳細URL:http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1706guesthouse_3/index.htm


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2017.05.03 Wednesday

村野藤吾の建築をみる(18) 講義+現地解説+見学

京都工芸繊維大学美術工芸資料館 第14回村野藤吾建築設計図展
「村野藤吾とクライアント―近鉄の仕事を通して」連動企画
展示情報:
http://kenchiku.co.jp/event/evt20170322-6.html
村野藤吾のホテル建築のなかでも著名な志摩観光ホテルに出かけます。ホテルへと降り立つ賢島駅も村野の作品によるもので、リゾート気分に満ちた空間が広がっています。また、鳥羽では海の博物館を、宇治山田では、近鉄宇治山田駅や神宮徴古館など近現代の著名な建築も訪ね、伊勢・志摩エリアの歴史や風土に溶け合った多彩な魅力を発見するツアーです。

講師は笠原一人氏(京都工芸繊維大学助教)

 

  日程:2017年6月2日(金)〜3日(土)※雨天決行

集合 6月2日(金)8:00近鉄上本町駅地上改札口(一ヵ所)※時間厳守
集合◆6月2日(金)10:00近鉄山田線・宇治山田駅改札ロ(一ヵ所)※名古屋方面と合流
▼6月2日(金)
(1)近鉄宇治山田駅(1931年竣工 / 久野節設計)
(2)レストランボンヴィヴァン(旧山田郵便局電話事務所 / 1923年竣工 / 吉田鉄郎設計)
【講義】+[昼食]
(3)近鉄賢島駅(1970年竣工 / 村野藤吾設計)
(4)志摩観光ホテル(1951・69・83年竣工 / 村野藤吾設計)
[夕食]
[宿泊]志摩観光ホテルザクラシック
▼6月3日(土)
[朝食]
(4)志摩観光ホテル
(5)海の博物館(1992年竣工 / 内藤廣設計)
志摩ミュージアム(1993年竣工 / 内藤廣設計)※外観
[昼食]
(6)神宮徴古館(1909年竣工 / 片山東熊設計)
神宮農業館(1881年竣工 / 片山東熊設計)
神宮文庫(1906年竣工 / 設計者不詳)
解散:17:30ごろ宇治山田駅(予定)

参加費(A)45,800円+(B)宿泊費
(A)=共通費用―講師料・近鉄切符代金・タクシ―代・入館料・食事代・お茶代・見学お礼・傷害保険費用ほか
(B)=宿泊費―3タイプより選択(詳しくは詳細PDFを参照)

定員23名(催行最少人数15名)
申込み・Club Tap事務局へ〈氏名・住所・連絡先〉をお知らせください。
※ご希望は早めにお寄せください。検討中の方も仮予約ができます。
Club Tap事務局
〒569-1115高槻市古曽部町1-24-18
TEL&FAX:072-683-7700
携帯:090-7097-6497
E-mail:
  club-tap@outlook.jp

詳細URLhttp://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/04/evt20170425-4.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2017.05.02 Tuesday

栗原邸 継承のための一般公開

栗原邸は老朽化により傷んでいましたが、2011年度より京都工芸繊維大学大学院の教育プログラムにより、学生とともに修復作業を行ってきました。この建物は、現在、購入者を探しています。建物の歴史的・文化的価値を継承し、長く居住もしくは活用してくださる方を希望しています。
この建物の歴史的・文化財価値や修復の成果を広く知っていただき、よりよい継承を実現するため、所有者の栗原眞純氏のご協力により期間を限定して公開することになりました。多数のご来場をお待ちしております。

 

 日時2017年5月20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)10:00〜17:00

所在地京都市山科区御陵大岩17-2

問合せ栗原邸保存研究会/住宅遺産トラスト関西(担当:笠原一人)
E-mail:
 kasahara@kit.ac.jp/FAX: 075-724-7250
※栗原邸の購入をご検討の方は、住宅遺産トラスト関西(LHD@hhtkansai.jp)まで。一般公開当日も会場で受け付けます。

詳細URLhttp://hhtkansai.jp/archives/323


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2017.04.20 Thursday

八ッ場ダム工事現場探検

2019年度に完成予定の八ッ場ダムの工事現場と日本屈指の酸性水を中和した品木ダムや「道の駅」八ッ場ふるさと館を訪れる探検ツアー。


●日時:2017年5月13日(土)10:00〜17:30

●集合場所:軽井沢駅 南口 1階ロータリー(長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢)
旅行代金:大人7,900円 小人7,400円

【上記代金に含まれるもの】
・バス料金
・昼食料金
・道の駅八ッ場ふるさと館1000円分商品券
・お土産(ダムカード、八基石)
・消費税・サービス料
※集合場所までの交通費は各自ご負担になります。

募集人数40名 (最少催⾏人員20名)

申込締切5日前(2017年5月8日) 23:59 まで

●申し込み・詳細URL:https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/products/products.aspx?products=1048276


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM