2020.03.16 Monday

民家の学校

イベントの日程および受講料を変更しました
「民家の学校」は生活体験・大工仕事・森林作業などの体験講座を通して、生身の民家を肌で感じる「体感学校」です。毎年4月に開講し、12月までほぼ月に1回、全部で8回の連続講座です。講座では、文化財・再生民家を含めて、たくさんの民家が見られます。伝統的な景観を残す集落の訪問、いろりの宿の宿泊といった民家体験の他、左官や大工作業の体験、林業の現場訪問など、多様な内容です。受講生は民家を持つ人・持たない人・民家好き、建築関係者、一般の社会人・主婦などさまざま。年齢も幅広く、学生からリタイア世代の方まで参加しています。

日本には各地方で特有の特徴を持つ、多様な伝統的民家があります。それらは日本の木造建築技術の粋が詰まったもので、日本人の太古からの生き様の結晶ともいえます。あなたも、民家を学びながら、日本の暮らしと技術の原点に触れてみませんか。

 

講座内容・日程

※再生現場の進捗や天候等の理由により、開催地やワークショップの内容は変更となる可能性があります。
※宿泊等を含む講座の旅行手配:株式会社南信州観光公社(長野県知事登録第2-431号)

<下記に変更しました>

第1回 2020/5/10(日) 民家の原点〜入学式〜 開催地:自由学園明日館(東京都豊島区)

第2回 2020/6/6(土)〜6/7(日) 民家を活かす(合宿)〜技術の原点と民家活用の事例〜 開催地:山梨県甲州市

第3回 2020/7/24(金•祝)〜7/26/(日) 民家に住まう(合宿)〜囲炉裏生活の実践と民家集落の維持〜 開催地:長野県飯田市

第4回 2020/9/6/(日) 民家と生きる〜コミュニティーと民家と暮らし〜 開催地:埼玉県秩父市

第5回 2020/10/4(日) 民家を組む 〜伝統工法の現場と挑戦〜 開催地:東京都八王子市

第6回 2020/11/7(土)〜11/8(日) 民家を育む(合宿)〜木を育て里を守る山林と林業〜 開催地:林業地(未定)

第7回 2020/12/6(日) 民家の明日〜修了式〜 開催地:自由学園明日館

※民家に関わる〜民家再生の現在進行形〜(開催地:東京近郊民家)は中止となりました。

募集人数35名 ※応募者多数の場合は先着順

●受講料:<講座回数変更に伴い、下記に変更しました>
35,000円、JMRA会員25,000円
※受講決定後にお支払いいただきます。受講決定と同時入会の場合も会員扱いとなります。

●別途費用:各会場までの交通費は各自負担とします。また食事、宿泊、現地移動等諸経費は、講座参加費として別途いただきます。(2019年度実績で、講座参加費約60,000 円。)

●応募方法:氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、メールアドレス、性別、年齢(任意)、職業(任意)、参加目的(任意)、「民家の学校へ応募」と明記のうえ、日本民家再生協会 事務局(FAX:03-5216-3542、または下記ウェブサイトのお問い合わせフォーム)までご応募ください。


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2020.02.18 Tuesday

建築ワークショップ「Landing City」

国立国際美術館で開催中の「インポッシブル・アーキテクチャー ―建築家たちの夢」展は、企画構想されたものの何らかの事情で建たなかった建築や、元々実現を意図しない構想など、20世紀以降のアンビルトの建築に焦点を当てた展覧会です。アートエリアB1では同展に連動して、建築家・家成俊勝(dot architects)によるワークショップを行います。不可能ゆえの実験的かつ革新的な構想を通じて建築が秘める可能性を問い直す同展から着想を得て、土や木など身近な素材を用いながらも、偶然と即興の要素を取り入れて小さな複数の建築物を造り、都市なるものが生まれていく様子を観察します。

 

日時2020年3月1日(日)14:00〜16:00(展覧会自由鑑賞12:00〜13:45)

会場アートエリアB1(〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-1 京阪電車なにわ橋駅 地下1階)
●定員:15名(要事前予約)
●対象:高校生以上

●参加費:1,500円(展覧会チケット代を含む)
※展覧会は12:00〜13:45の時間帯のお好きな時間にご覧いただきます。

●申込:http://artarea-b1.jp/ticket/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.12.29 Sunday

第3回 集まれ!建築女子〜異業種交流!輝く女性のコミュニケーション力〜

今年で3回目となる「集まれ!建築女子」は、仕事で多忙な女性の交流の幅を拡げることを目的として、ラウンドテーブル方式のワークショップを行います。建築以外の様々な分野で活躍する「異業種でイキイキと働く女性達」にお集まりいただき、5つのテーマに分かれて、お互いの自由な意見を交換します。中村桂子氏(生命誌研究者、JT生命誌研究館館長)

 

日時2020年2月29日(土)受付13:00 開会13:30〜

会場竹中工務店いちょうホール(大阪市中央区本町4-1-13 御堂ビルディング1階)
参加費無料
定員150人
参加対象一般、JIA会員
申込方法下記ホームページからお申し込みください。
問合せ公益社団法人 日本建築家協会近畿支部
TEL:06-6229-3371 e-mail:
jia@bc.wakwak.com


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.03.14 Thursday

防災力向上のための有効的な蛇籠の利活用に関するワークショップ-蛇籠の現状と未来の活用に向けて-

本ワークショップでは、2015年ネパール・ゴルカ地震による被害調査後、平成27年度から平成30年度にかけて実施した調査・研究成果を報告します。また、蛇籠の利活用に関し、国内外の事情やプロジェクト報告に基づき議論し、蛇籠の現状を踏まえた今後の展望・未来志向の活用の可能性について、様々な方々による意見の集約と情報を共有いたします。蛇籠は、単純構造ゆえのローテクで地味な存在ですが、歴史も古く様々な場所と用途で使われています。本ワークショップを切っ掛けに、ローテクを科学することで、防災力強化のための有効的な利活用に焦点を当てた議論を皆様としたいと考えていますので、ご参加をお待ちしております。

 

日時平成31年3月18日(月)13:00〜16:30

会場国立研究開発法人防災科学技術研究所 東京会議室 マークライト虎ノ門6階602室(東京都港区港区西新橋2丁目3番1号)

対象蛇籠構造物や地盤・構造物の設計・施工に関わる技術者・研究者
国・自治体の施設管理者、設計会社およびメーカーの技術者等

定員50名

参加費無料

参加登録参加を希望される方は、メールまたは詳細PDFのご参加登録用紙への記入をお願い致します。

申込先MAIL:gabion@bosai.go.jp(蛇籠の利活用WS担当者宛)
※Subjectに【蛇籠WS申し込み】を明記
FAX:029-863-7825

問合せ国立研究開発法人防災科学技術研究所 地震減災実験研究部門(中澤 宛)
TEL:029-863-7308

●詳細URL:http://www.bosai.go.jp/press/2018/pdf/20190215_01_press.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.02.27 Wednesday

都市をつかむ – アーバン・ルポルタージュ・ワークショップ –

都市を歴史的・地形的な成り立ちから読み解く俯瞰的なまなざしと、自らの身体を通した経験を微細に捉えるまなざし。都市をフィールドとするこれからの実践者(アーパニスト)には、それらを繋ぎあわせるしなやかな感性が必要です。本ワークショップは、実際に都市に繰り出し、都市を読み解く視点、記述や編集の方法を学ぶことを、2日間集中して行います。外側から眺めているだけでは読み取れない事象を、独自の切りロでルポルタージュ(現地報告など)することを通して、アーバニストに求められる「都市をつかむ」力を養います。

講師は
石渡雄士(都市史研究家/国立研究朗発法人建築研究所専門研究員)

加藤賢策(アートディレクター/デザイナー/LABORATORIES代表)
寺田真理子(キュレーター/横浜国立大学大学院IUI准教授)
野原卓(アーバンデザイナー /横浜国立大学大学院IUI准教授)
彦江智弘(フランス文学者/横浜国立大学大学院IUI教授)
三浦倫平(都市社会学者/横浜@立大学大学院JUI准教授)

 

日時

2019年3月16日(土)10:00〜21:00(17:30〜21:00はフィールドワークの時間)
2019年3月17日(日)10:00〜17:30

会場kosha33 ライフデザインラボ(神奈川県横浜市中区日本大通33番地)

参加費無料

参加方法下記募集用フォ ームに必要事項をご記入ください。 募集定員を超えた場合は抽選となります。 締切後、 数日中にご連終いたします。
https://goo.gl/forms/vU4lSoTojyyUi8t02

応募締切2019年3月3日(日)

●詳細URL:https://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/evt20190220-3.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2018.12.29 Saturday

西武造園【業界研究・体験型1DAYインターンシップ】

皆さんは“造園”と聞いて何を思い浮かべますか?
造園業界とはどのような業界なのか、どのような仕事をするのか。皆様の疑問にお答えします!
造園業界を志望される方も、造園業界についてまだよくご存知でない方も、まずは業界について基本的な事からお話したいと思っておりますので、ご興味のある方は安心してご参加ください!

 

日程

【第一回】
日程:2019年1月16日(水)
時間:9:30〜17:30(予定)

【第二回】

日程:2019年1月30日(水)

時間:9:30〜17:30(予定)

【第三回】

日程:2019年2月20日(水)

時間:9:30〜17:30(予定)

【第四回】

日程:2019年2月27日(水)

時間:9:30〜17:30(予定)

●会場東長崎本社会議室(東京都豊島区長崎5-1-34 東長崎西武ビル3階)維持管理現場(都内の公園を検討中)

待遇交通費支給(本社から現場間)・昼食支給・報酬なし

応募資格大学3年生・大学院1年生 学部指定なし

応募方法下記ホームページのメールフォームから必要事項をご入力の上、ご応募ください。

応募受付期間各回の3日前受付終了

問合せTEL:03-4531-3600
担当者:管理部人事課 二見(ふたみ)・鶴谷(つるたに)

●詳細URL:http://www.seibu-la.co.jp/recruit/internship/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2018.12.24 Monday

AA visiting school workshop at ⽵中⼤⼯道具館

イギリスの建築の名門AAスクールが世界中の大学や企業と共に世界各地で行うワークショップ「AA visiting school」を日本で開催します。同校は例年のワークショップにて開催地の文化や素材を活かしたモックアップやインスタレーションを作製しており、今回は日本の伝統木造技術をテーマとし、京都や奈良の古建築の見学や有識者のレクチャーを通して新しい技術と伝統的な技術をいかに組み合わせ、伝統技能の伝承や道具について考えながら形態だけではない社会や人間と密接に関係した「ものづくり」について考えていきます。
テーマは(仮)⽇本伝統⽊造建築の構造と意匠をヒントにした⽊造パヴィリオン(塔)

 

期間2019年3⽉13⽇(⽔)〜3⽉24⽇(⽇)12⽇間

●会場⽵中⼤道具館、⽵中⼯務店⼤阪本店
(その他京都奈良での古建築⾒学、吉野の製材所⾒学等を予定)

講評・指導:

阿保昭則・久間哲⼆郎(耕⽊社)
Camiel Weijenberg(Weijenberg ltd)
杉⽥宗(広島⼯業⼤学)
早津毅(キングストン⼤学)
Ana llic(逢甲⼤学)
Mohammed Makki(AA school) ※敬称略

対象国籍を問わず、学⽣、若⼿研究者・建築家。20〜30名程度

参加費£700/⼈(交通費、宿泊費は除く。£60のVisiting membership feeを含む)

申込先https://www.aaschool.ac.uk/STUDY/VISITING/osaka

申込締切2019年1⽉31⽇(⽊)

●詳細URL:https://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/12/evt20181219-2.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2018.12.19 Wednesday

世田谷トラストまちづくり 平成30年度「参加のデザイン道具箱」基礎編

ワークショップは、まちづくりだけでなく、様々な場面でつかわれるようになりました。 ワークショップとは、まちづくりとは、参加のデザインとは何かを、体験を通して基礎から学ぶ講座です。 日頃の会議を生産的・創造的にしたい方、これからワークショップを企画・運営・ファシリテートしたい方を 主な対象としています。どなたでもお申込みできます。

プログラム

住民参加のまちづくりとは
ワークショップという会議の手法
限られた時間内でお互いを知り合う方法
発想を広げるために新しい論点を発見する方法
参加者の関心の広がりを把握し、話し合いの論点を整理する方法
休憩時間・スタート前の時間を有効に使う方法
参加者の意見を引き出し、話し合いを可視化する方法
プログラムづくりのポイント

 

日時平成31年2月6日(水)9:30〜17:30

●会場三茶しゃれなあどホール オリオン(世田谷区太子堂2-16-7)

定員抽選35名

参加費一般5,000円/トラスト会員4,500円

テキスト代一般3,500円/トラスト会員3,000円
※『参加のデザイン道具箱 Part-1』を使用します

講師奥村玄(株式会社 GENプランニング 代表取締役)

申込方法電話・FAX・メールにてお申し込みを受け付けます。 以下を明記し、締切日までにお申込みください。
々嶌駄勝↓∋疚勝覆佞蠅な)・年齢、住所、づ渡暖峭罅陛日連絡がつくもの)、 ゥ肇薀好伐餔の方は会員番号、FAXでお申込みの方は返信先番号

申込先一般財団法人世田谷トラストまちづくり
地域共生まちづくり課 参加のデザイン道具箱担当
電話:03-6379-1621
FAX:03-6379-4233
メール:
ack@setagayatm.or.jp

申込締切平成31年1月23日(水)

●詳細URL:http://www.setagayatm.or.jp/trust/support/toramachidai/index.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2018.11.14 Wednesday

「無料BIMセミナー」3Dファミリの基礎を学ぶ編!

この度、クリーク・アンド・リバー社BIMチームでは、CADオペレーターの方向けにAutodesk Revitの無料講習を実施します。今回は、Revit研修の中でももっと勉強したいという要望が多かった「ファミリ」について学びます。初回は、【3Dファミリの基礎を学ぶ編】です。モデル作成からステップアップを図りたい方。是非ご参加ください。
講師は、大手設計事務所やゼネコンでBIM業務に従事するメンバーとなっているため、実践で使うRevitに触れることができます。BIMオペレーターによるBIMオペレーターのための講座です。

講座内容は
家具 テーブル、イスのファミリ作成

・モデルの作り方
・ファミリの振る舞い
・パラメータの作成
・参照面の理解を深める

 

日時:2018年12月12日(水)19:00〜21:00

会場:株式会社クリーク・アンド・リバー社(東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE)

定員5名

受講料

・クリーク・アンド・リバー社に登録している方:無料
・クリーク・アンド・リバー社に登録可能な方(1時間程度のエントリーが必須です。):無料
・その他の方(例:企業BIM担当者様等):10,000円

応募方法下記ホームページの応募フォームよりお申し込みください。

応募条件Revitの基本操作は(初級)わかる方

問合せ株式会社クリーク・アンド・リバー社
建築事業部 BIMチーム
Tel:03-4550-0091 FAX:03-4550-0013
mail:
bim@hq.cri.co.jp

●詳細URL:https://www.arc-agency.jp/magazine/4387


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.08.21 Tuesday

光の教室−照明デザイン講座 基礎編

『光の教室−照明デザイン講座』は、照明デザインに必要な知識を学び、スキルを身につけることができる講座です。

講師は立川 敦子(at light laboratory 代表)

 

●カリキュラム:

照明デザインを行うためのマインドセット
照明デザインの価値
照明デザインのプロセス

●日程:

2018年9月13日(木)18:30〜20:30
2018年9月29日(土)13:30〜15:30
2018年10月14日(日)13:30〜15:30
*いずれも同じ内容です。

●会場:東京都内(お申し込み頂いた方にお知らせいたします)

●定員:各回8名(先着順)

●受講料:12,000円(税別)⇒ 8,400円(税別)《早期優待割引価格》
*早期優待割引価格は8月31日までにお申し込み頂いた方に適用されます。

●申込方法:下記ホームページのフォームよりお申し込みください。

●問合せ:TEL:03-5888-4904 10:00−18:00 (火・土・日・祝日休)
E-mail:
hikari@light-lab.com

●詳細URL:http://www.light-lab.com/cn11/cn13/pg193.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM