<< 渡辺篤史の建もの探訪「高窓が巡る 方杖構造の細長い家」埼玉県草加市・青木邸 | main | 石元泰博写真展 建築家・磯崎新、内藤廣の仕事 >>
2019.01.26 Saturday

パラランドスケープ “風景”をめぐる想像力の現在

普段何気なく見ている風景も、見る人の背景にある文化や生活が異なれば印象や読みとる情報も変化します。それは、数々の詩や物語、芸術作品や映像が、風景に対する私たちの感受性や想像力を育て、文化的アイデンティテイを形づくってきたためです。近年、SNSの普及やテクノロジーの進展によって、私たちの視覚体験は空間的・時間的な制限を超越し、日常で目にする風景の質も大きく変化しています。その変化は、新しい認識をもたらす一方で、固有の文化・風土に根差した風景への感受性を均質化し、地域の景観や共同体の破壊にもつながりかねない危険性をはらんでもいます。
いま、眼の前にある生の“風景”と切実かつ親密によりそうためには、どのような想像力のはたらきが有効になるのでしょうか。この問いと向き合うための機会として「Para-Landscape」展は企画されました。美術館の5つの空間を舞台に5名のアーティストが作りだす、それぞれの”風景”=パラランドスケープがそのヒントを与えてくれるでしょう。

*「Para-」…「~を越えて」あるいは「~とともに」「~にそって」を意味する接頭辞。

 

会期2019年1月4日(金)〜3月24日(日)9:30〜17:00(ただし、入館は16:30まで)、休館日は月曜日(但し2月11日は開館)、2月12日(火)

会場三重県立美術館(三重県津市大谷町11番地)

観覧料一般800円 学生600円 高校生以下無料

出展作家伊藤 千帆、稲垣 美侑、尾野 訓大、徳重 道朗、藤原 康博

詳細URLhttp://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000220999.htm


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM