<< 渡辺篤史の建もの探訪「30周年記念(1)ライフステージに合わせて減築した家」神奈川県鎌倉市・竹内邸 | main | 感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて >>
2019.04.06 Saturday

宮本隆司 いまだ見えざるところ

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は、建築空間を題材にした都市の変容、崩壊の光景を独自の視点で撮影した〈建築の黙示録〉〈九龍城砦〉作品によって広く知られる存在となりました。近年は、両親の故郷である奄美群島・徳之島でアートプロジェクトを企画、運営するなど、その活動は新たな展開を見せています。本展覧会では初期の作品から、アジアの辺境や都市を旅して撮影した写真や、徳之島で取り組んだピンホール作品を展示します。確かにそこで見たはずなのに、どこまで見えているのかわからない、そんな、いまだ見えざる人とその場所について宮本隆司が展観いたします。

 

会期2019年5月14日(火)〜7月15日(月・祝)、休館日は毎週月曜日(ただし、7月15日(月・祝)は開館)

会場東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

料金一般 700円/学生 600円/中高生・65歳以上 500円

詳細URLhttp://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3408.html 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM