<< 近代建築の保存と再生 講演会 第21回『片山東熊と曽禰達蔵 −欧米水準の宮殿とオフィスをめざして−』 | main | 【開館20周年記念企画】菊竹建築ツアー >>
2019.05.04 Saturday

太田喜二郎と藤井厚二—日本の光を追い求めた画家と建築家—

近代京都の洋画家・太田喜二郎と、近代京都の建築家・藤井厚二。本展は、絵画と建築というジャンルの異なる二人について、その交流を通じ紹介することで、日本の近代文化の一側面に光をあてます。
太田喜二郎は東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業後、ベルギーに留学し、明るい光を印象派風の点描で描く技法を身につけました。そして帰国後は、日本の柔らかな光を描く方法を模索しました。一方、藤井厚二は東京帝国大学(現・東京大学)を卒業、竹中工務店に勤務して後、欧米を視察、帰国後は西洋の技術を取り入れながらも、日本の気候風土にあう住宅を追究しました。その究極が、大山崎にある自邸「聴竹居」(重要文化財)です。
京都帝国大学(現・京都大学)建築学科でデッサンを教える講師として招かれた太田は、同じ頃に講師として着任した藤井と知り合います。やがて、太田は自邸の設計を藤井に任せ、また二人は茶事などを通じて交流を深めていきます。本展は、そんな太田と藤井の仕事を、新発見の資料などを踏まえて、絵画と建築をクロスさせた新たな視点から紹介します。

 

 会期2019年4月27日(土)〜6月23日(日)10:00〜19:30(入室は19:00まで)

休館日は月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館、5月7日は休館)

会場京都文化博物館 2階総合展示室「京の至宝と文化」(京都市中京区三条高倉)

入場料一般500円、大学生400円、高校生以下無料

詳細URLhttp://www.bunpaku.or.jp/exhi_shibun_post/nihonnohikari/  


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM