<< STEP IN CHANEL──わたしがシャネルと出会ったら、 | main | 渡辺篤史の建もの探訪「高台の景色を楽しむT字形の家」神奈川県川崎市・中村邸 >>
2019.06.27 Thursday

チェコ・デザイン 100年の旅

チェコ国立プラハ工芸美術館の企画により、同館の所蔵作品を中心に、19世紀末から現代までのチェコのデザインを紹介します。
この約100年間のチェコでは、アール・ヌーヴォーの旗手として知られる画家アルフォンス・ミュシャをはじめ、キュビスムの影響を受けた建築、チャペック兄弟の絵本、そして世界で愛されるアニメーションなど、社会主義の時代にも、その優美なデザインは独自の道を拓いていきました。ボヘミアン・グラスなどチェコ独自の産業や民族的な造形と、同時代の芸術表現が融合した独自のデザインの世界は、現代でも多くの人々を魅了し続けています。家具、食器、ポスター、おもちゃ、書籍などの約250点を通して辿るチェコ・デザインの世界を、小さな旅のように楽しんでいただきます。
また富山県美術館では、本展の併設特別展示として、株式会社インテックのご協力により、同社所蔵の世紀末のチェコを代表する画家アルフォンス・ミュシャの作品約20点を紹介します。

 

会期2019年6月1日(土)〜7月28日(日)9:30〜18:00(入館は17:30まで)

休館日は水曜日、7月16日(火)

会場富山県美術館(富山県富山市木場町3-20)
観覧料一般900円、大学生450円


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM