<< 「神社」建築の始まりと多様性 | main | 講演会「隅田川の橋梁/歴史と文化と都市デザイン」 >>
2019.07.01 Monday

構造展 -構造家のデザインと思考-

日本の有名建築には必ず「建築家」と「構造家」の協働(構造家の存在)があることをご存知でしょうか。構造家は、建築家のイメージする空間を実現すべく、建築家との対話を繰り返しながら構造システムを検討し、意匠・計画・設備・施工の各種与件に対して、技術を応用し、思想を持って構造をデザインします。
本展覧会では、上述を含む50名に及ぶ構造家の思考とデザインに焦点をあて、60作品70点以上の「構造システム」「構造デザイン」にまつわる模型や図面、そのプロセスや思考が分かるスケッチや映像などを展示いたします。1950年代から現代まで、日本の構造家が築いてきた多様な美学や感性を、会場全体を通じて体感できる今までにない展示構成です。

 

会期2019年7月20日(土)〜10月14日(月・祝)火〜日 11時〜19 時(最終入館18時)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)

会場建築倉庫ミュージアム 展示室A(東京都品川区東品川2-6-10)
観覧料一般 3,000円、 大学生/専門学校生2,000円、 高校生以下1,000円


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM