<< 増田信吾+大坪克亘展「それは本当に必要か。」 | main | 隈研吾教授 最終連続講義 - 工業化社会の後にくるもの 第6回 アートと建築 >>
2019.09.16 Monday

国際文化会館と3人の建築家たち

国際文化会館は、日本建築界の巨匠、前川國男、坂倉準三、吉村順三の共同設計により生み出されました。7代目小川治兵衛の手になる近代庭園の傑作と調和した日本の近代建築の重要な作品として、ル・コルビュジエら数々の建築家や建築関係者が来訪する国際文化会館は、竣工後60年を超える今も、1955年当初の建物を保持しています。
本イベントでは、モダニズム建築の領域で数多くの著作をもち、さまざまな建築展の企画に携わる松隈洋氏による特別講義とガイドツアーを通して、国際文化会館の建築について学びます。

 

日時2019年10月3日(木)14:00〜17:00

会場国際文化会館(港区六本木5-11-16)
費用無料
参加条件どなたでもご参加いただけます。定員30名(応募多数の場合は抽選)
申込方法9月17日(火)までに、下記ホームページの応募フォームよりお申込ください。
講義、見学会は日本語で行われますが、見学会には英語での言語サポートを提供予定です。ご希望の方は、お申込時にその旨をご記入ください。
問合せ慶應義塾大学アート・センター(担当:本間・篠)
Tel. 03-5427-1621 Fax. 03-5427-1620
cunary@art-c.keio.ac.jp


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM