<< 日建設計CGスタジオ展「Visualize⁺ 建築を伝えるちから」名古屋展 | main | 渡辺篤史の建もの探訪「三角屋根と“くの字"平面の家」静岡県三島市・向後邸 >>
2019.12.05 Thursday

太田の美術vol.3「2020年のさざえ堂——現代の螺旋と100枚の絵」

「さざえ堂」を知ってますか? 平安時代には行われていたという、100カ所の観音霊場を巡礼する「百観音巡礼」にならい、三層構造の空間に3カ所(秩父・坂東・西国)計100体の観音像を安置することで、簡略化した「百観音巡礼」を実現する建築物です。ユニークなのは、その通称が示す通り、内部が一方通行で、上りと下りが合流しない回廊式の構造になっていることでしょう。参拝者は、さざえのような「螺旋」状の空間をぐるりと歩きまわりながら、観音像に祈願するのです。
さて、群馬県太田市には、ふたつの螺旋状の建造物があります。ひとつは、1798(寛政10)年に建立された、「曹源寺さざえ堂」。もうひとつは、2017(平成29)年春に開館した、同じく三層構造からなる美術館と図書館の複合施設「太田市美術館・図書館」(設計:平田晃久)。
本展「2020年のさざえ堂——現代の螺旋と100枚の絵」は、曹源寺さざえ堂が国の重要文化財に指定されたことを機に、現代のさざえ堂とも言える当館にて実施する展覧会です。蓮沼執太(音楽家・アーティスト|1983年生まれ)、三瀬夏之介(日本画家|1973年生まれ)、持田敦子(アーティスト|1989年生まれ)の3名が異なる表現手法によって「さざえ堂」「螺旋」にアプローチしつつ、高橋大輔(画家|1980年生まれ)が「百観音巡礼」にならい計100枚の絵を各フロアに展示することで、さざえ堂の構造・意義に対して新たな光と可能性を投げかけます。
かつて仏文学者の澁澤龍彦が「螺旋」に対し、それは「たえず更新される人間精神の活力の表現である」(「螺旋について」『胡桃の中の世界』1974年)と述べているように、下部から上部へ、そしてまた下部へと展開する螺旋空間での身体性をともなった各作品の鑑賞体験が、鑑賞者の皆さまの身体と精神に活力を与え、新たな知覚の獲得に繋がることを期待しています。
美術館における巡礼の旅にようこそ。

 

会期2020年2月6日(木)〜5月10日(日)/82日間
午前10時〜午後6時(展示室への入場は午後5時30分まで)

休館日は月曜日(2月24日、5月4日は祝休日のため開館し、2月25日、5月7日休館)

会場太田市美術館・図書館 展示室1、2、3、スロープ、他(群馬県太田市東本町16番地30)
観覧料一般300円
出品作家高橋大輔、蓮沼執太、三瀬夏之介、持田敦子(4名)

詳細https://www.artmuseumlibraryota.jp/post_artmuseum/4084.html 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM