<< 安藤忠雄・早稲田大学特別講演会 『夢かけて走る』 | main | 渡辺篤史の建もの探訪「石段を昇る 眺望抜群の家」神奈川県鎌倉市・齊藤邸 >>
2019.12.19 Thursday

奇蹟の芸術都市バルセロナ

スペイン、カタルーニャ自治州の州都バルセロナは、食文化、スポーツ、世界遺産サグラダ・ファミリアなど豊かな観光資源で人々を魅了しつづける国際都市です。北はフランスに接し、南に地中海に望む温暖な気候、経済的発展、そして独自の言語文化を背景に、バルセロナは特異な芸術文化を形成してきました。特に、都市の近代化が進んだ1850年代から、万博を経て1930年代後半のスペイン内戦に至るまでの約80年間は、カタルーニャ芸術が最も成熟した時期でもありました。アントニ・ガウディをはじめ、リュイス・ドゥメナク・イ・ムンタネー、ジュゼップ・プッチ・イ・カダファルクなど現在のバルセロナの景観を形作った建築家たち、ここで若き日々を過ごしたピカソ、同じくここを足掛かりに世界的に活躍したミロやダリ、そして、カフェ「四匹の猫」を文化発信の場としたラモン・カザスやサンティアゴ・ルシニョルなど、多くの芸術家がこの時期、この街で多彩な活動を繰り広げました。本展は、絵画、ドローイング、彫刻、家具、宝飾品など約130点で、世紀末カタルーニャに満ちた熱気をあますことなく伝えます。

 

会期2020年2月8日(土)〜4月5日(日)10:00〜18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで

休館月曜日(2月24日、3月30日は開館)、2月25日(火)

会場東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1-9-1)
入館料一般1,300円 高校・大学生1,100円
※中学生以下無料
※20名以上の団体は2/9〜3/27に限り、一般800円、高校・大学生600円
※障がい者手帳等持参の方は当日入館料から100円引き(介添者1名は無料)

詳細http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202002_barcelona.html 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM