<< 高山明/Port B「模型都市東京」展 | main | 「災害+クリエイティブ」展 ーパーソンズ美術大学での実践と阪神・淡路大震災から25年の軌跡ー >>
2020.01.12 Sunday

大工さん展 近世の職人文化とその伝統

時代劇や落語の世界をいろどるさまざまな町人たち。なかでもおなじみの職人といえば大工です。落語の熊さん八つぁんに代表されるように、おっちょこちょいで、ふとしたことから騒動を巻き起こしたり、人情味にあふれていたり。人々は親しみを込めて彼らを「大工さん」と呼んでいました。
本展ではそんな「大工さん」が活躍した江戸から明治大正にかけての職人像に焦点をあてます。衣食住といった日常の暮らしや、仕事場での姿を通して、職人が築き上げてきた独特の世界を紹介します。また会場内では当館製作のオリジナル落語(小噺:こばなし)をアニメーションでリメイクして上映します。

 

会期2020年1月11日(土)〜3月1日(日)9:30〜16:30(入場は16:00まで)

休館日は月曜日(祝日の場合は翌日)

会場竹中大工道具館1Fホール(兵庫県神戸市中央区熊内町7-5-1)
入館料一般500円、大高生300円、中学生以下無料、65歳以上の方200円(常設展観覧料を含む)


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM