<< 第87回 空間研究小委員会研究会 「次世代の都市交通空間-新モビリティシステムに対応する空間デザイン-」 | main | para・textile 本を編む──繁茂する外延 >>
2020.03.23 Monday

第66回 建築人間工学研究会  「トイレの建築人間工学 — オリ・パラは未来に何を残すのか —」

日時を3月11日(水)から延期しました

東京 2020オリンピック・パラリンピックの大会まで 200日をきり、「世界最高のユニバーサルデザイン」を理念に掲げた新国立競技場が完成した。また、有明アリーナなどの競技施設も着々と完成を迎えている。さらに、空港や駅、宿泊施設といった公共空間の整備も進み、今まさに、将来のスタンダードとなる技術や取組みが生まれている。これはトイレにおいても同様である。

そこで本研究会(第66回建築人間工学研究会)では「トイレの建築人間工学」シリーズの一環として、「オリ・パラは未来に何を残すのか?」と題し、主題解説として、東京での新たな取り組みの紹介を大谷氏から、オリンピックをエポックとする新技術の紹介を長谷氏と松本氏から、新国立競技場の整備状況とトイレの実例紹介を川野氏から、それぞれ建築人間工学の視点から講演して頂く。続くパネルディスカッションでは、主題解説を踏まえて、レガシー(遺産)となる技術や将来展望について広く議論し、情報を共有する場としたい。

 

日時<下記に変更となりました>
2020年6月8日(月)13:30 〜 17:00

会場建築会館会議室(東京都港区芝 5-26-20)

●参加費:会員 1,000 円、会員外 1,500 円、学生 500 円(資料代含む/当日会場払い)

●定員:50 名(申込み先着順)

●CPD:4単位

●申込方法:下記URLよりお申し込みください。

https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=625528

●問合せ:日本建築学会事務局 事業グループ 及川
tel:03-3456-2051
Email:
oikawa@aij.or.jp


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM