<< 第66回 建築人間工学研究会  「トイレの建築人間工学 — オリ・パラは未来に何を残すのか —」 | main | 宝塚の祝祭機Great Artists in Takarazuka >>
2020.03.24 Tuesday

para・textile 本を編む──繁茂する外延

日程が変更されました

声からテクストへ、テクストから書物へ、テクストはさらに何処へ?
2017年7月15日の午後、4名のアーティストが、哲学者を交えて、キュレーターとしてのアーティストに今日なにが求められているのかをみずからの実践に即しながら語り合った。同日の夜、ある外国人アーティストが、古い16mmフィルムをイメージソースとして新たに制作した映像作品を、一晩限りのインスタレーションとして公開し、映像メディアをとおして場所と歴史がいかに創造的に解釈されうるのかについてトークを展開した。
キュレーションと解釈をめぐる彼らの声は、文字に起こされテクスト化され、そこから1冊の本『キュラトリアル・ターン』がKYOTO Design Labライブラリー第4巻として編まれることとなった。
声はいつ、テクストとなるのか──。
テクストは、どのようにして書物になるのか──。
本を編むとは、いかなる行為なのか──。
実際の編集作業をとおして生まれてきたさまざまなパラテクストが、D-lab東京ギャラリーという展示空間のなかで過剰に絡み合いながら、本を編むという営みのメタファーを空間的・時間的に織りなしていく。

 

会期<下記に変更となりました>
2020年3月25日(水)〜 2020年5月10日(日)12:00〜19:00
※定休日:月曜・火曜

会場KYOTO Design Lab 東京ギャラリー
(〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14 アーツ千代田 203号室)

●入場料:無料


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM