<< 蔵書と模型で見る日本統治期台湾の建築 | main | シブヤ クリエイティブ トーク-渋谷から世界を覗く-【CINRA.JOB × co-lab】3夜連続開催 >>
2020.06.29 Monday

アフターコロナの世界

2020年は東京オリンピックが開催され、これに合わせた都市開発や新築のプロジェクトがオープンし、さらに各種のイベントや文化事業なども数多く行われる予定でした。しかし、瞬く間に新型コロナウイルスが世界に蔓延し、当たり前に訪れるはずの明日は消え、それどころか日常の生活が激変しました。何よりも建築にとって衝撃的なのは、人が集まる空間は無条件に良いとされていたのに対し、今やそれがリスクそのものになってしまったことです。あらゆる人間があらゆる人間に対する潜在的な脅威になりうる状況です。

これは特定地域の問題ではなく、人類にとっての大きな課題と言えるでしょう。仮に今回の新型コロナウイルスが収束したとしても、将来、別のパンデミックが発生するかもしれません。グローバリズムで繋がった世界は、今後もその危機と向きあいながら、社会を再編し、新しい空間を構築していくでしょう。建築行脚の旅に出かけたり、フィールドワークも思うようにできない現在、どうしても家にこもりがちです。いったん非常事態宣言は解除されましたが、活動が制される状況はしばらく続くでしょう。おそらく学生は通学、サークル、バイトがなくなり、フェスも飲み会もなくなり、時間だけはいっぱいあります。

そこで不自由な生活を、未来を考える時間として捉え、歴史的な変革に向きあう機会としてコンペティションを開催します。危機と共存するアフターコロナの世界において、都市と建築はどうなるか、あるいはわれわれがどのような空間を生きるのか、多様な提案を期待しています。審査委員長 五十嵐太郎

 

●応募締切:2020年8月25日(土)日本時間24:00

応募資格応募資格に制限はありませんが、下記のクラスに沿った形で応募を受け付けます。

▪️A class | 2020年度 高校生・高専生・学部又は専門の3年生以下のclass
▪️B class | 2020年度 学部4年生のclass
▪️C class | 2020年度 大学院生以上、社会人のclass

●審査員:

▪️審査委員長:五十嵐太郎(建築史家/東北大学大学院工学研究科教授)
▪️浅子佳英(建築家/タカバンスタジオ)
▪️吉村有司(建築家・都市分析/東京大学先端科学技術研究センター特任准教授)
▪️鷲田めるろ(美術/十和田市現代美術館館長)

●審査方法:

▪️審査員一人一人が各自審査します。
▪️審査はすべて審査員へデータで送られ、テレワークにて審査を行います。

●賞:

▪️各審査員により各classごと、最低1点〜数点(制限なし)が選出。
▪️選出された受賞者には、各審査員から推薦図書と賞状が贈呈されます。
▪️受賞作品数は、各審査員に配分された予算範囲内で変動します。

●主催:「アフターコロナの世界」コンペティション実行委員会

「アフターコロナの世界」コンペティション実行委員会は、新型コロナウイルスの影響を鑑み、学生をはじめとする不自由な時間を強いられている多くの方へ「未来」について考える機会を提供する事で、少しでも有意義な時間へ繋げてほしいと願い、個人有志によって企画運営しています。御賛同・御協力いただけると幸いです。

●問合せ:aftercoronacompeアットマークgmail.com
※ アットマークを変えてメールをお送りください。


デザイナーズ家具のことならば
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM