<< 分離派建築会100年展 建築は芸術か? | main | 人と建築展Vol.10 「暮らしの骨格」をつくる 一級建築士事務所アンブレ・アーキテクツ 松尾 宙・由希 >>
2020.09.20 Sunday

ケリス・ウィン・エヴァンス展

本展ではアトリウムギャラリーや森の遊歩道での展示に加えて、美術館の吹き抜けに巨大なネオン作品が出現します。ポーラ美術館の建築空間とのダイナミックな対話を試みる本展は、国内の美術館で開催される初の個展となります。繊細でエレガントな身振りで空間に介入し、変容させていく、ケリス・ウィン・エヴァンスの詩的な世界をお楽しみください。

※6月7日(日)の開幕時点では、新型コロナウイルス感染症の影響により、今回の展覧会の目玉となる大型ネオン作品《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》の展示が叶わず、内容を変更して開催して参りました。
このたび、イギリスから上記作品が到着し、9月7日(月)から新たに当館ロビーの吹き抜けにおいて、展示を開始します。

(1)近年の代表作 大型ネオン作品を国内初披露
ケリス・ウィン・エヴァンスによる大型ネオン作品群は、近年の作家の代名詞とも言うべきものです。白い光を放ちながら圧倒的なスケール感で空間に浮遊する、魔術的な魅力に満ちた作品をぜひお見逃しなく。

(2)国内の美術館では初の個展開催
日本国内では、グループ展やギャラリー、アートスペースでのみ紹介されてきたケリス・ウィン・エヴァンス。本展では、写真等を用いた平面作品から立体、音を発するモビール状の作品、そして代表作のネオン作品まで、作家の多岐にわたる制作をご紹介します。

(3)屋外でも展示を展開。豊かな自然の中に溶け込むネオン作品
美術館屋外の「森の遊歩道」内にも、幅約14mの大型ネオン作品を設置。箱根の手つかずの豊かな自然の中を散策しながら、作品をお楽しみいただけます。

 

●会期:2020年6月7日〜11月3日(火・祝)午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
年中無休(臨時休館あり)

●会場:ポーラ美術館 ロビー、アトリウムギャラリー、森の遊歩道(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285 TEL:0460-84-2111)

●入館料:

大人:¥1,800(¥1,500)
シニア割引(65歳以上):¥1,600(¥1,500)
大学・高校生:¥1,300(¥1,100)
中学生以下:無料
障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで):¥1,000(¥1,000)

※( )内は団体(15名以上)の場合

●問合せ・詳細:https://www.polamuseum.or.jp/cerith/


デザイナーズ家具のことならば
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM