2019.04.11 Thursday

隈研吾教授最終連続講義 - 工業化社会の後にくるもの

2020年3月に東京大学教授を退職する隈研吾の最終連続講義「工業化社会の後にくるもの」を2019年4月より合計10回開催します。各界の第一線で活躍するゲストとともに、隈研吾がこれからの建築のあり方を議論します。
02. 2019年5月25日17:00〜19:30
「家族とコミュニティの未来」
上野千鶴子(社会学者、東京大学名誉教授、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長)
三浦展(社会デザイン研究者)
隈研吾
※03. 以降は下記ホームページにて順次公表されます。

 

会場東京大学本郷キャンパス安田講堂(文京区本郷7-3-1)

申込み:各講義の聴講には事前に下記ウェブサイトよりオンライン予約(先着順)が必要となっております。
講義のオンライン予約については、ウェブサイト上部メニューの「Reservation」より予約フォームにお進みください。

問合せinfo@kengokuma-lecture.net

●詳細URL:https://kengokumalecture.wordpress.com/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.10 Wednesday

大竹伸朗 ビル景 1978ー2019

大竹伸朗は1980年代初めにデビュー以降、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開し、その活動は現代美術の世界だけでなく、文学やデザインなど、幅広いジャンルに影響を与えてきました。その中で、本展では、1970年代から現在までの約40年間にわたり、大竹が制作し続けてきた「ビル景」シリーズに焦点をあてます。
「ビル景」とは、現実の風景をそのまま描いたものではなく、大竹の中に記憶された香港やロンドン、東京といった様々な都市の湿度や、熱、騒音、匂いなどがランダムにミックスされ、「ビル」という形を伴って描き出される仮想の風景です。
今回、多数の未発表作品から最新作まで800点以上を調査し、ビルシリーズ全作品集の発行とあわせて、可能な限り展示することで、「ビル景」シリーズの全貌を明らかにします。
デジタル技術全盛の現代において、一人のアーティストが数十年に渡り、自らの手で絵を描き、作り続けることの意味とは何か。本展を通じて、それを感じていただければ幸いです。

 

 会期2019年4月13日(土)〜 6月16日(日)10:00〜20:00(展覧会入場は19:30まで)、休館日は火曜日(ただし4/30は開館)

会場熊本市現代美術館 ギャラリー機Ν供雰本市中央区上通町2番3号)

観覧料一般 1,000円 、シニア(65歳以上)800円、学生(高校生以上)500円 、中学生以下 無料

詳細URLhttps://www.camk.jp/exhibition/ohtakeshinro/  


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.09 Tuesday

建築家とまわる建築散歩2019

毎日の通勤路や散歩しているときに、
「あの建築かっこいいなぁー」
「あの建築はいつぐらいに出来上がった物なのかなぁー」
「あの建築はどんな歴史を背負っているのかなぁー」等と興味をもった事はありませんか?
私たちが毎日過ごしている街や都市は、様々な歴史を抱えた建物が混在し、ゆっくりと時間をかけて出来上がってきました。
そんな東京の街の中を歩きながら点在する近代建築から現代建築までを見て回りたいと思います。
この講座が終わる頃には散歩や目的地まで行く途中の風景が楽しくなって来ると思いますよ!

講師:岡村裕次氏(名古屋女子大学専任講師、TKO-M.architects主宰)ゲスト講師(予定):第7回(11/9)→菅野裕子氏(横浜国立大学大学院 特別研究教員)

 

スケジュール

4月13日 目黒エリア 13:00目黒駅 集合 16:00解散予定
5月18日 雑司が谷エリア 13:00雑司が谷駅 集合 16:00解散予定
6月8日 池袋エリア 13:00池袋駅 集合 16:00解散予定
7月13日 東中野エリア 13:00中野坂上駅 集合 16:00解散予定
9月14日 中野エリア 13:00中野駅 集合 16:00解散予定
10月12日 王子エリア 13:00上中里駅 集合 16:00解散予定
11月9日 元町エリア 13:00日本大通り駅 集合 16:00解散予定
12月14日 渋谷エリア 13:00渋谷駅 集合 16:00解散予定

曜日・時間毎月1回土曜日 13時〜16時
定員定員20名 ※満席の場合はお問い合わせください
E-mail:info@art-a-school.info まで
参加費各回3,500円

申込方法下記ホームページからお申し込みください。

●詳細PDF:http://shop.art-a-school.info/?pid=138234284


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.08 Monday

『中村好文 湖畔の山荘設計図集』発売記念トークイベント

多数の著書をもつ中村好文氏だが、1棟分の図面集を出版するのは本書が初めて。
なぜ、図面集を出版しようと思ったのかー。なぜ、「湖畔の山荘」だったのかー。
トークイベントでは、図面集出版に思いいたるまでの話のほか、中村氏が師から学んだこと、設計に生かしたこと、そして今でも大切にしていることなどを語っていただきます。
住宅設計に携わる人たちには必聴のトークイベントです。

 

京都会場

日時:2019年4月21日(日)開場13:30〜、開演14:00〜
場所:大垣書店 イオンモールKYOTO店 Sakura館4階 Kotoホール
(京都府京都市南区西九条鳥居口町1番地)
参加費:対象書籍『中村好文 湖畔の山荘設計図集』をお買い上げのお客様に整理券を配布いたします。
お電話でのご予約も承ります。
定員:50名
申込み:ご予約はお電話または店頭で承ります。
受付電話番号:075-692-3331

東京会場
日時:2019年4月22日(月)開場18:45〜、開演19:00〜
場所:三省堂書店池袋本店 書籍館4階 イベントスペース「Reading Together」
(東京都豊島区南池袋1丁目28-1 西武池袋本店 別館 書籍館 地下1階〜4階)
参加費:対象書籍『中村好文 湖畔の山荘設計図集』をお買い上げのお客様にイベント参加券を配布いたします。
定員:50名
申込み:参加券のご予約は、お電話または店頭で承ります。
受付電話番号:03-6864-8900
(電話受付時間/10:00〜22:00)
浜松会場
日時:2019年4月24日(水)開場18:00〜、開演18:30〜
場所:谷島屋浜松本店 店内エクセルシオールカフェ
(静岡県浜松市中区砂山町6-1メイワン8階)
参加費:参加無料。当日入場時に1ドリンクをご注文いただきます。
『中村好文 湖畔の山荘設計図集』をお買い上げの方は講演終了後に中村氏のサイン会にご参加いただけます。
定員:40名
申込み:エクスナレッジ販売部にてお受けします。
TEL03-3403-1346またはkoumuten@xknowledge.co.jpまで件名を「4月24日トークイベント予約」とし、お名前、参加人数、ご連絡先電話番号をご記入の上お申し込みください。当社からの予約確認メールをもってお申し込み完了とさせていただきます。

問合せエクスナレッジ販売部
TEL:03-3403-1346

●詳細URL:http://www.xknowledge.co.jp/kenchi/event/2019/04/post-377.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.07 Sunday

感性×知性=建築の新たなる可能性を求めて

21世紀も2020年代が近づき、AI、生命科学、宇宙といった新たなイノベーションが進行し人類のサステナビリティ(持続可能性)について従来の解釈を超えた新たな展開が求められる時代となった。建築においても人間とサステナビリティとの関係は重要な要素となりつつある。そこで建築の異分野の拡張と交流を促すことにより建築の新たな可能性を探ってみたい。

 

日時2019年5月7日(火)16:00〜19:30

会場建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
定員200名(申込先着順)
参加費会員2,000円、会員外3,000円、学生1,000円

申込方法下記ホームページからお申し込みください。
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=616268

問合せ日本建築学会事務局 小野寺
E-mail:onodera@aij.or.jp TEL:03-3456-2051

●詳細PDF:http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/ibunya19.pdf


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.06 Saturday

宮本隆司 いまだ見えざるところ

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司の個展を開催します。宮本隆司は、建築空間を題材にした都市の変容、崩壊の光景を独自の視点で撮影した〈建築の黙示録〉〈九龍城砦〉作品によって広く知られる存在となりました。近年は、両親の故郷である奄美群島・徳之島でアートプロジェクトを企画、運営するなど、その活動は新たな展開を見せています。本展覧会では初期の作品から、アジアの辺境や都市を旅して撮影した写真や、徳之島で取り組んだピンホール作品を展示します。確かにそこで見たはずなのに、どこまで見えているのかわからない、そんな、いまだ見えざる人とその場所について宮本隆司が展観いたします。

 

会期2019年5月14日(火)〜7月15日(月・祝)、休館日は毎週月曜日(ただし、7月15日(月・祝)は開館)

会場東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

料金一般 700円/学生 600円/中高生・65歳以上 500円

詳細URLhttp://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3408.html 


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

2019.04.05 Friday

渡辺篤史の建もの探訪「30周年記念(1)ライフステージに合わせて減築した家」神奈川県鎌倉市・竹内邸

2019年4月6日(土) 4:30〜4:55 テレビ朝日

 

築30年の店舗付き住宅をライフステージに合わせて減築。19世紀のアンティークが似合うギャラリーリビング。客をもてなすオープンキッチン。2階は丸ごとゲストスペース


デザイナーズ家具のことならばアートチェアへ
http://www.art-chair.com/

 

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM