2018.05.29 Tuesday

TOTO ギャラリー・間 藤村龍至展「ちのかたち――建築的思考のプロトタイプとその応用」

TOTOギャラリー・間では、建築家・藤村龍至氏の個展「ちのかたち――建築的思考のプロトタイプとその応用」を開催いたします。

単純な形状を出発点とし、細かな与条件をひとつひとつ反映しながら、多数の模型で比較・検討を重ねていく独自の設計手法「超線形設計プロセス」を展開してきた藤村龍至氏。評論活動や教育活動に加え、近年では市民を巻き込み、現代に即した開かれた建築のあり方を模索してきました。
多岐にわたるこうした活動の背景には、より多くの情報や意見を取り入れ集合的な知を形成することで最適な解を導き出し、社会のさまざまな課題に応えることができるのではないか、という藤村氏の一貫した理念を見ることができます。

大宮駅東口駅前の小さな公共施設「OM TERRACE」は、この考え方を実践した一例で、6回の公開ミーティングを経て2017年に完成しました。街路を引き込むような屋上のテラスは、若い世代を含む多くの人を呼び込み、今後さまざまなイベントでの利活用が見込まれ、地域の活性化が期待されています。

本展覧会では、「OM TERRACE」をはじめ各プロジェクトで実際に使用した300余りの模型群や、数千にもおよぶ画像をAI(人工知能)に学習させデザインした椅子、施工風景を含むタイムラプス映像など、かたちが生み出されるプロセスを通じて、氏の理念と実践を紹介します。
藤村氏が「ちのかたち」と名づけた開かれたプロセスの先に、次の時代の建築の息吹を感じとっていただけることと思います。

 

●会期:2018年7月31日(火)〜9月30日(日)11:00〜18:00

休館日は月曜・夏期休暇 8月11日(土)〜8月15日(水)
●会場:TOTOギャラリー・間(東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F)

●入場料:無料

●問合せ:TOTO ギャラリー・間
Tel 03-3402-1010

●詳細URL:https://jp.toto.com/gallerma/ex180731/index.htm


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.05.27 Sunday

東京ミッドタウン・デザインハブ第73回企画展「日本のグラフィックデザイン2018」

会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design in Japan』。2018年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示します。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。

 

●会期:2018年6月20日(水)〜7月31日(火)11:00〜19:00 ※会期中無休
●会場:東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

●入場料:無料

●詳細URL:http://designhub.jp/exhibitions/3836/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.05.26 Saturday

ハーモニカ横丁にあつまる建築家 展

このたび、吉祥寺の「ハーモニカ横丁」に集まる若手建築家たちに焦点をあてた展覧会を開催することとなりました。
吉祥寺駅前ににぎわう「ハーモニカ横丁」。
その名前は、狭い路地にひしめく小さな店舗が、まるで楽器のハーモニカのように並んでいる様子に由来します。
戦後の闇市に端を発する、古き良き面影を残したその佇まいは、今も人々を魅了してやみません。
建築家は、空間を愛する職能です。
彼らが、このような魅力的な場所を放っておくはずはありません。
事実、著名な建築家たちの手によって、「ハーモニカ横丁」はますます魅力的な空間となっています。
そして、そんな魅力に惹きつけられた、個性と熱情にあふれた次世代の建築家たちの交流の場ともなっています。
今回は、そんな「ハーモニカ横丁」で交流を楽しむ若手建築家たちを主役に、「彼らはただ飲んでいるだけじゃないんです!」との想いで、その活動をご紹介する場を設けさせていただきました。
ぜひ近くのお店でのほろ酔いついでに、ワイン片手に建築展をご覧いただければと存じます。

 

●会期:2018年6月15日(金)〜6月21日(金)15:00〜21:00
●会場:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-1

●入場料:無料

●詳細URL:https://bit.ly/2IXgck9


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.05.24 Thursday

吉川静子「私の島は何処」Shizuko Yoshikawa – Where is my Island

チューリヒを拠点に活躍するアーティスト、吉川静子(1934年生まれ)の半世紀以上の活動をまとめた作品集『shizuko yoshikawa』出版記念展覧会です。

 

●会期:2018年5月17日(木)〜5月27日(日)11:00〜19:00
●会場:アクシスギャラリー(東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 4F)

●入場料:無料

●問合せ:Tel. 03-5575-8655

●詳細URL:http://www.axisinc.co.jp/media/exhibitiondetail/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.05.15 Tuesday

World Interiors Week 2018 in JAPAN

「World Interiors Week in JAPAN」(略称:WIW) はIFI(国際インテリアアーキテクト/デザイナー団体連合)が全世界共通のテーマでインテリアデザインの果たす役割について考える日として、毎年5月最終土曜日に設定している”WORLD INTERIORS DAY” を受けて、2016年より初めて国内規模で展開するウィークイベントです。インテリアデザインが社会、文化、私たちの将来の暮らしと環境に果たす役割について、皆様と共に積 極的に理解を深める運動です。日本では5月の終週土曜日を含めた1週間に開催します。

 

●会期:2018年5月25日(金)〜5月31日(木)
●会場:東京ミッドタウン インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

問合せ公益社団法人日本インテリアデザイナー協会(JID)
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー7階
Tel 03-5322-6560 F ax03-5322-6559 E-mail
head@jid.or.jp

●詳細URL:http://wiwjapan.org/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.05.14 Monday

住まいのEXPO 2018

2日限りの住まいのイベント!住まいに関する全ての情報がココにある!
住まいとつながる日。
比較+融合+発見=つながる 住まいの情報がココに集結!住まいの情報展示会、北九州動員数NO.1

 

●会期:2018年6月9日(土)〜 2018年6月10日(日)
9日(土)10:00〜17:00/10日(日)10:00〜16:00
●会場:西日本総合展示場(福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目8-1)

●入場料:無料

●参加方法:下記ホームページより招待状をお申し込みください。

●詳細URL:http://www.denhiti.co.jp/sumainoexpo2018/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.05.12 Saturday

窓学10周年記念 窓学展「窓から見える世界」巡回展 @大阪市立大学

研究者・建築家とともに窓をアカデミックに調査・研究する「窓学」。様々な蓄積を経て今あえてゆるやかに定義するならば、“窓”とは「私たちの日常に寄り添い、暮らしに楽しみをもたらすもの」といえるでしょう。
本展はこうした“窓”をめぐる知性や感性を、世界共通の文化として俯瞰し、その魅力に新たなまなざしを向ける展覧会です。

 

●会期:2018年5月12日(土)〜6月10日(日)12:00〜19:00
●会場:大阪市立大学 高原記念館学友ホール〈杉本キャンパス〉(大阪市住吉区杉本3-3-138)

●入場料:無料

●問合せ:大阪市立大学大学院 工学研究科 都市系専攻 建築デザイン(宮本/倉方)研究室
Email:
archidesign08@yahoo.co.jp

●詳細URL:http://madogaku.madoken.jp/exhibition/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.04.29 Sunday

ASAHIKAWA DESIGN WEEK 2018

メーカーが個性を競う旭川家具エキシビションは、メイン会場のブースと各社ショールーム&工場ともに、「みせ方」を工夫。昨年の「国際家具デザインコンペティション旭川2017」からの製品化など、新作も数多く登場します。世界的デザイナー 喜多俊之氏のデザイントーク、建築家 宮脇檀氏の作品や愛用品を紹介する企画展など、見逃せないイベントもいっぱい。毎年好評の「オープンファクトリー&旭川フルコース」やウェルカムパーティもますます充実させて、皆様をお迎えします。

 

●会期:2018年6月20日(水)〜24日(日)
●会場:旭川家具センター(北海道旭川市永山2条10丁目1-35)
旭川市、東川町、東神楽町の各メーカー、工房、ショップほか

●詳細URL:http://www.asahikawa-kagu.or.jp/adw/index.html


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.04.22 Sunday

東京の銭湯とタイル ―おとめ湯をめぐって―

本展は、東京都内の銭湯とタイルの文化を考える特別展です。

4階に常設展示されている絵タイルの中には、東京のおとめ湯や桜湯等の壁面断片が含まれています。その中でおとめ湯の絵タイルは、文京建築会ユースのご尽力により資料保存がかなったものです。今回の特別展では、同会メンバーのご協力のもと、おとめ湯を起点として銭湯の魅力を探ります。また、銭湯に詳しい研究者などに声を掛けながら、写真や、関係資料などを展観し、銭湯に使われてきたタイルについて検証します。

ただのお風呂ではなく、庶民文化の変遷を映す「まちの博物館」ともいえる銭湯。少しでも多くの方に関心を持っていただければ幸いです。

 

●会期:平成30年3月17日(土)〜6月10日(日)

休館日は毎週月曜日(ただし、4月30日は開館して、5月1日が休館日となります)
●会場:多治見市モザイクタイルミュージアム 3Fギャラリー(岐阜県多治見市笠原町2082−5)
●観覧料:一般 300円、20名以上の団体 250円(常設展観覧料でご覧いただけます)、高校生以下無料

●問合せ:多治見市モザイクタイルミュージアム
TEL:0572-43-5101 FAX:0572-43-5114 
info@mosaictile-museum.jp

●詳細URL:http://www.mosaictile-museum.jp/exhibition/tokyosento/


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

2018.04.19 Thursday

聴竹居 −藤井厚二の木造モダニズム建築−

日本を代表するモダニズム建築の傑作として2017年に重要文化財に指定された「聴竹居」を取り上げます。自邸として「聴竹居」を設計した藤井厚二は、竹中工務店設計部の黎明期に在籍しその基礎をつくり、その後、京都大学で環境工学を学問として確立しながら、その実践としての「住宅」の設計に没頭しました。藤井による真に日本の気候風土にあった住宅群は、“環境の世紀”21世紀の今、我々に様々な示唆を与えてくれます。2018年は藤井厚二の生誕130年、没後80年、そして聴竹居建設90年目に当たります。その節目の年に、自邸「聴竹居」を中心に現存する幾つかの住宅作品を通じて「其の国を代表する建築は住宅建築である」と言う名言を残した藤井厚二の「日本の住宅」への想いを紹介する展覧会を開催します。
なお本展は2009年にGallery A4にて開催された「聴竹居」と藤井厚二展をベースとし、近年に発見された新たな資料を付加して、より充実した内容を準備しています。

 

●会期:2018年5月12日(土)〜 7月16日(月・祝)9:30〜16:30(入館は16:00まで)、休館日は月曜日
●会場:竹中大工道具館1Fホール(兵庫県神戸市中央区熊内町7-5-1)
●入場料:一般500円、大高生300円、中学生以下無料、65歳以上の方200円
※常設展観覧料を含む

●詳細URL:https://www.dougukan.jp/special_exhibition/chochikukyo


デザイナーズ家具のことならば

http://www.art-chair.com

 

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM